利府町

ペット火葬:宮城郡利府町の猫・バットちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
利府町の猫のペット火葬

ふくふくやまでは、朝のご火葬で宮城郡利府町の猫・バットちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

朝から厚い雲が空を覆い、時折勢いよく雨の降ることもあった午前中でしたが、ご葬儀は雨も降ることなく執り行うことができました。

利府町で猫の訪問ペット火葬をされたS様

宮城郡利府町の猫・バットちゃん、5歳の男の子でした。

白血病にかかっていたバットちゃん。お伺いしたその日の早朝に、息を引き取ったとのことでした。

眠るように、ご家族様の腕の中で抱きかかえられた、足の先だけ靴下を履いたように白かった黒猫のバットちゃん。

火葬車を停めさせていただきました玄関先の駐車場まで、ご家族様がお連れになり、静かな涙のお別れとなりました。

バットちゃんのご火葬中、ご自宅の中の網戸から、もう1匹の猫ちゃんが見守ってくれていました。

「バットちゃんと仲が良かった子ですか?」

とお伺いいたしましたところ、

「あの子は家の中で飼っている子で、実はバットは野良猫なんですよ。」

と、ご家族様がお話してくださいました。

バットちゃんは、生涯を野良猫として外で暮らしてはいましたが、

体調がすぐれないときには、ご家族様がちゃんと病院に連れて行ってらしたそうです。

家ネコちゃんも、野良のバットちゃんも、分け隔てなくご家族様は愛情を注いでこられました。

本当だったら、野良猫で白血病に罹患したままの状態だったら、もっと早くに体の調子が悪くなっていたかもしれません。

野良猫として生きながらも、家族の愛情も知っているバットちゃん。

ふらりと現すバットちゃんの姿に、皆様もたくさんの笑顔をもらったのでしょう。

ご家族様の想いがこもった、手厚いお見送りとなりました。

バットちゃんのお身体に手を当てながら

「ありがとう。」

と、たくさんの感謝の想いを込めて、優しくお声をかけていらっしゃいました。

ご家族様の優しさに見守られながら、バットちゃんは、安らかに旅立って行きました。

ペットの火葬後に残ったフードやトイレを保護施設で暮らす動物たちへ

虹の橋からのおすそ分けペットちゃんが亡くなられたあと、その子が食べていたフードやトイレなどの消耗品が残ってしまい、

お困りのご家族様は、意外にも多くいらっしゃいます。

「亡くなった子のもの。友達にあげるのは快く受け取ってもらえるか不安だし、かといって捨てるのももったいないし忍びない・・・」

と悩んでいらっしゃる場合には、保護施設で暮らす動物たちへ寄付しませんか?

ふくふくやまでは、ご火葬でお伺いいたしました際、ペットちゃんの残ったフードやトイレなどの消耗品や、

カドラー・キャリーバッグなどの生活用品をお預かりし、

宮城県内の動物保護施設へお届けする「虹の橋からのおすそわけ」という活動を行っております。

開封済みのものでも構いません。物資を必要としている動物保護施設へ、私達が責任をもってお届けします。

亡くなったペットが遺したもので新たな命を救って・・・

「もっと長生きしてほしくて、願いを込めて大きいフードを買ったけれど、残念ながらたくさん余ってしまった。」

「療法食を食べていたけれど、残ってしまった。お友達で同じ療法食を与えている人はいないけれど、価格も高いフードだったので捨てるのはもったいない。」

ペットちゃんが遺してくれたものは、新たな命を救う大切な応援物資になります。

ペットちゃんの食べていたフードや、使っていた生活用品で命を繋いだ子たちが、

保護施設で元気に暮らし、また新しいご家族のもとで、動物を暮らす幸せを私達に教えてくれることでしょう。

全国に拡大中!「虹の橋からのおすそわけ」

「虹の橋からのおすそわけ」は、全国でも活動を行っております。

弊社HPで、全国各地の動物保護施設で、ペットちゃんの遺品も快く受け取ってくださる施設をご紹介しております。

また、動物保護施設へ物資を送ってくださった方へ、弊社から「ミニご供養セット」を送らせていただいております。

各施設別に、受け入れられる物資の詳細を記載しておりますので、全国のご家族様にとって、

お近くの動物保護施設を助けるきっかけとなってくださればと願っております。

ペットの遺品も有効活用!市の動物保護施設「アニパル仙台」

ふくふくやまで、ペット火葬にお伺いした際にお預かりしたペットちゃんのフード等の生活用品。

お届けしております動物保護施設の1つに、仙台市の動物保護施設「アニパル仙台」

こちらでは、開封済みのフードやペットシーツも、保護動物の為に役立ててくださいます。

カドラーやキャリーバッグも受け入れしてくださるそうです。

ご火葬の時に、すぐには遺品を手放すことができなくても、後で時間が経って寄付をするというご選択になられる場合もあることと思います。

その場合は、市民の方が直接アニパル仙台に持ち込んだり、送付でも受け付けてくださるそうです。

アニパル仙台についての詳しいご紹介は「アニパル仙台市ペットフードの寄付へ」をご覧ください。

利府町‐宮城郡への訪問ペット火葬

利府町にペット火葬で訪問する場合、出張費はかかりません。HPに表記されているペット火葬料金以外は一切請求致しません。(お客様のご希望によるオプション追加の場合は除く)

利府町ペット火葬料金表

利府町の火葬料金プランは下記の通りです。

お別れに必要なものは全て含まれた一式セットの料金です

(火葬+骨壷+覆い袋+写真色紙+メッセージカード)

体重 1kgまで :12000円

インコ・オウム・ハムスター・フェレット・モルモット・その他小動物

体重 5kgまで :20000円

猫・うさぎ・チワワ・パピヨン・ヨーキー・マルチーズ・ポメラニアン・トイプードル等

体重 10kgまで :23000円

ミニチュアダックス・シーズー・パグ・ミニチュアシュナウザー ・スピッツ・ウィペット・大型ネコ等

*火葬炉の大きさの都合上、お引受けできるペットちゃんの体長は*約75cm未満に限ります。(体長は頭からしっぽの付け根までの長さです。)

*表示価格は税込です。

*宮城県全域、山形県東部、福島県北部に出張致します。(詳しい訪問エリア)

お別れに必要なものは全て火葬料金に含まれています。

お別れのメッセージカードや、火葬後の拾骨に必要な骨壷や覆袋も全て付いてきます。

ふくふくやまの無料特典←詳しく知りたい方

骨壷 全種

無料で選べる骨壺

思い出写真色紙

弊社で火葬された方に無料で差し上げています

ペット メッセージカード

お別れのメッセージカード

全て安心の個別立合火葬です。ぺットのご遺骨が他のペットの骨と混ざってしまうこともありません。

丁寧な火葬、お骨上げ、お客様のお気持ちを考えた心のこもった対応を心がけております。

また、ペット供養のご相談もお気軽にご相談ください。仙台市にはふくふくやまのアトリエがあり、ペットちゃん用の可愛い仏壇・仏具や、ペットそっくりの羊毛フェルト人形などの販売や、オーダーメイドのご相談をお受けしております。

公営のペット斎場や他社でご火葬をされたご家族様も、かわいい骨壷への移し替えや、分骨用カプセル、などをお求めにご来店くださっていますので、どうぞご遠慮無くお越しください。

ご来店の際は、駐車スペースに限りがございますので、ご確認のためにも

050-5883-2371 (ふくふくやま通販担当へ直通)へご連絡ください。

利府町からのお客様もお越し頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ペット葬儀・火葬のご依頼

電話にて、分かりやすく、丁寧にご説明いたしますので、安心してご連絡ください。

ふくふくやま ペット火葬・セレモニー受付

 電話の受話器のアイコン素材 その2022-778-9055

 

お電話がつながらない場合は、お手数ですが下記本店の電話番号にお問い合わせください。

※セレモニー中はスタッフが電話に出られない場合がございます。

ふくふくやま本店

電話の受話器のアイコン素材 その2050-5883-2371

ご用件をお伺いして折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。

ご葬儀はペットちゃんにしてあげられる最期のひとときです。感謝の気持ちを込めて優しいお見送りを…


メールフォームからのお申込み

コメントを残す

*