ペット遺骨の保管

ペットの火葬後、骨壺はずっと自宅に置いてもいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
骨壺

“骨壷をずっと自宅に置いておくことは、何か良くない気がしてしまって…ペットの魂が成仏してくれないのではないか。”

“そばに置いておかないと寂しい思いをさせてしまうのでは?”

“愛したペットの遺骨をすぐに手放すこともできなくて…。”

このような理由から、ペットの遺骨の自宅保管についてお悩みの方が多いようです。

骨壷の自宅安置について

まず、結論から申し上げて、骨壷をずっと自宅に置いていても全く問題はありません。

ご遺骨は、そこに魂が宿っているのではなく、その子の生きた証です。

もし、ペットの魂が成仏しないのではとご心配になる場合は、ペットちゃんの供養をしっかりとしてあげることがよろしいかと思います。

仏教においても、火葬後のご遺骨の扱い方に決まりはありません。

人の場合、ご家族の集まる四十九日の法要を目安にお墓に納骨をされることも多いようですが、手元供養といって、ご自宅にずっとご遺骨を置いておく方もいらっしゃいます。

もし、将来的に納骨や埋葬をと考えている場合には、四十九日、月命日、百日忌、一周忌、三周期、または、家族の集まれる日などを目安にされるといいかと思います。

皆で決めることが、とても大切なこと

ペットの供養に、決まった形はありません。

もちろん、ご家族のご信仰に基づき、人と同じように四十九日などの節目に納骨や埋葬をされるご家庭もありますが、「引っ越す可能性があるから」、「気持ちの落ち着くまでは」等、様々な理由でご遺骨をご自宅に置いておくという選択をされる方もたくさんいらっしゃいます。

火葬後のご遺骨の取り扱いは、とっても大切なことです。

後悔のないように、ご家族で良く相談して決められることが一番大事です。 

骨壷の保管方法について

骨壷を長期間ご自宅で保管される場合、

特に陶器の骨壷は、空気中の水分が中に入り、内部に湿気たまることがございます。

埋葬のために蓋をあけてみると大切なご遺骨にカビが生えていたということもあるようです。

長期間自宅にて保管されるという場合は、以下の様な対策を行うと良いでしょう。

・湿度の高い場所に骨壷を安置すること避ける

・骨壷の蓋の周りをテープで密閉する

・吸湿剤(シリカゲル等)を中にいれておく

詳しくは、意外と知らない?長い間遺骨の入った骨壷を保管しておくと…

で書いていますのでご興味のある方は、ご覧になってみてください。

中を開けてみるのはちょっと不安という方や、骨壷を変えたい、パウダーにしたいといった方のために、

弊社では、骨壷の移し替えや、パウダー加工のサービスも行っておりますのでお気軽にお問合わせください。

下記はペットの遺骨を自宅に置いている著者の体験談です。ご参考になれば幸いです。

ペットの遺骨を自宅において4年目に

4年前に亡くなった、先代犬。

お墓まで作りましたが、我が家では火葬後なかなか納骨できず、大きな骨袋に覆われたまま、ずっと祭壇に骨壺を置いていました。

来客の目は気になるけど・・・もう少し・・・

そんな中、先代犬が亡くなって3年後に、2代目の犬が家にやってきました。

2代目が来たからと、すぐに先代犬を納骨してしまうのも偲びなく、もう少し私たちのそばに一緒にいて欲しいというのが、家族の正直な気持ちでした。

けれど、大きな六角形の覆い袋に包まれたままの骨壷を、4年も経った今もリビングに置いておく事は、来客の方の目が気になるという気持ちもありました

そこで、我が家では、遺骨をパウダーにして体積を小さくし、一見、骨壷には見えない可愛い骨壷カバーに入れて、再び祭壇に置くことにしました。

高さ25cmほどの6寸の大きな骨袋から、18cmほどの4寸の骨壷にお引越しし、見た目もスッキリ可愛くなりました。

3年経って初めて、愛犬の骨壷を開けてみましたが、

家では比較的風通しも良い場所だったのでカビ等もなく、きれいな状態ですこし安心しました。

ただ、当時の愛犬を失ったことを思い出して3年経っても涙が出てきてしまいました。

ひとしきり涙した後、私たち家族も、サラサラのパウダーにしたことで、少し気持ちも落ち着いた様な気がしました。

我が家では、家族が納得する形を話し合い、このような形にしました。

もう少し、ここから、私達のことを見ていてね。

これが骨壷!? 可愛い骨壷カバーで手元供養も安心

「いかにも『お骨が入ってます!』という感じの骨壷だと見るたびに切ないし、ずっと家に置いておくつもりだから・・・」

と、愛するペットを可愛い骨壷に入れてあげたいという願いを持ったご家族様は多く、ふくふくやまでは可愛いお骨壷カバーをお取扱いしております。

全国の皆様にお届けできるよう、通信販売でもお届けしております。

(通販をご利用いただく際は、お手元のお骨壷のサイズを十分にご確認ください。)

仙台市太白区にあるふくふくやまアトリエでも、骨壷カバーの販売・お骨の移し替えを行っております。(要予約:☎050-5883-2371)


画像をクリックすると、販売ページに移動します。

(左上)水玉骨壷カバー (右上)耳としっぽがついたふわもこ骨壷カバー

(左下)いちご骨壷カバー (右下)埋葬用:土に還る木製骨壷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

【ペットのお骨パウダー加工】宮城県仙台市を中心に出張いたします

ふくふくやまでは、宮城県仙台市を中心に出張でのご遺骨パウダー加工を行っております。

 仙台市太白区のアトリエにお持ちいただいても結構です。

 パウダーにしたご遺骨は、専用のお名前が入った箱にお入れして、ご返骨させていただきます。

 お問い合わせ・ご依頼は

Tel 022-778-9055 


出張エリアと料金詳細

コメント

  1. H様 より:

    11年間生きたマルチーズが亡くなった時の母の落ち込みは大変なものでした。お骨は汚れないように透明のビニールで被い、防腐剤を入れてずっと実家のお座敷に置いてありました。母は八年前、父は昨年亡くなり実家を片付けています。愛犬のお骨を母の眠る先祖のお墓に入れてあげるわけにはいけないのでしょうか?
    親戚が少なく、相談するまでもないと思っていますが非常識でしょうか?
    でも母は喜んでくれると思います。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      この度のお父様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
      ご実家の整理の最中、悩まれていらしたのですね。
      ワンちゃんのお骨をどのようにご供養されるかは、可愛がられていた故人様がどのようにしたら安心してくださるかが大切かと思います。
      ただ、お墓があるお寺の宗派によって、動物と人は一緒にお墓に入れられない場合があったり、同じ敷地でも人とは別の場所なら可能など、色々な場合がございます。
      ご先祖様のお墓があるお寺のご住職様に一度ご相談いただくと、ご供養のアドバイスがいただけるかと思います。
      私どもであまりお役に立てずに恐縮ではございますが、ご家族様にとって一番良い形でワンちゃんもご供養されることができますよう、願っております。

  2. ハナのまんま より:

    11月7日…大切に育てていたハムスターのハナちゃんが、約1年8ヶ月で旅立ちました。
    ワンちゃんやネコちゃんとは違い、ハムスターは寿命が短い動物なので覚悟はしていたものの…
    家族の中で1番私に懐いていたので、未だペットロスから抜けられないでいます。
    ハナちゃんが亡くなりちゃんと供養をしてあげたかったので、火葬をしてお骨を小さな骨壺と、分骨でメモリアルペンダントに納めて自宅に連れて帰り自宅供養をしています。
    先日12月7日で1ヶ月…月命日?を迎えました。
    四十九日の12月25日まではタンスの上を祭壇にして置こうと思っていたのですが、
    気持ちの切り替えと、埃が被るのを避けたくて四十九日を待たず思い立ったが吉日で…
    今日正式なお仏壇ではありませんが、同じタンスの上にカラーボックスを置き、その1段にお骨と写真、お花とお供え物をして納めました。
    そうしたことで少し気持ちも落ち着き、今までほど賑やかではありませんが、ここでこれからもずっと家族みんなで、大切に供養してあげようと思えるようになりました。
    自分ではこれで良し。と思ってはいるのですが…
    正式な行いとして、四十九日を待たずに、供養の形を変えたことはいけないことだったのでしょうか?
    霊園やお墓に納骨をすることは、今のところ考えていません。
    もし私が間違ったことをしてしまっていたなら、どうすべきか教えていただけたらとお願いいたしますm(__)m

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      ハナのまんま様
      この度の、大切なご家族でありますハナちゃんのご逝去、心よりお悔やみ申し上げますとともに、ご冥福をお祈り致します。
      とても懐いていらしたのですね。小さな体でも、存在感はとても大きかったことと思います。
      手作りの祭壇、愛情がこもっていてとても良いのではないでしょうか。素敵だと思います。
      ご家族様が仕立ててくださった祭壇で、これからも安らかに、皆様を見守ってくれることでしょう。
      特に四十九日でないからご供養の形を変えてはいけないということはありません。
      年の瀬が迫ってせわしくなるなる前に、心落ち着かせて仏壇を揃えてあげたいという方もいらっしゃいますし、四十九日がちょうどお仕事などのご都合があるなどの理由で、お日付を前後させて法要をされる方もいらっしゃいます。
      今は「手元供養」というご供養の方法があり、お墓や納骨堂に納めずに手元でお骨を供養するという方法を取られる方がたくさんいらっしゃいます。
      お気持ちが落ち着かれるまではお手元に置かれて、何年も経ってから「自然に還してあげよう」とご供養の仕方を変えられる方もいらっしゃいます。
      生活環境の変化や、時間の経過でご供養の仕方も少しずつ変わってくる可能性もあることと思います。
      今、ハナちゃんのお骨をそばに置かれたいと思うお気持ちを大切に、ご供養なさってください。

  3. 福島 より:

    fukufukuyama様

    はじめまして。福島と申します。
    昨日、我が家の愛猫が亡くなり、火葬社を探したり、先代猫の遺骨も合わせ返骨後どうすべきかなど調べる中でこちらのページを拝見しました。
    可愛らしい骨袋やご自身の経験談、皆さんのコメントへのお悔やみのお言葉に、いま背中を撫でて頂いたような気持ちです。さきほど火葬業者さんに電話した際はその様なお言葉はなかったので…
    この気持ちを分かって下さる御社に是非お願いしたいのですが関西在住なもので、先ずはコメントにて感謝申し上げます。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      福島様
      この度の、大切なご家族である猫ちゃんの旅立ち、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
      ご傷心の中かと存じますが、弊社のホームページをご覧くださり、また、あたたかいコメントをお寄せくださり誠に恐れ入ります。
      ご遠方に在住のご家族様からこのようなお言葉をいただき、大きな励みになります。
      大切な生きた証であるお骨。今は手元供養や埋葬・散骨などのいろいろなご供養の方法があり、ご家族様によって本当に様々です。
      一番大切なのは見送られたご家族様のお気持ちですので、最善のご供養方法をとることができますよう、願っております。

  4. U様 より:

    初めまして、私はつい先月までシベリアンハスキーを飼っていました、獣医の誤診により違う治療をしてました、急に亡くなってしまいました、この日は一生忘れる事は出来ないでしょう、詳しくは長く成るので省きますが、凄く甘えん坊で寝起きを共にしてましただけに、余計に辛いてすが、先代のペット達は土葬ですが、時代の流も有り火葬にしました、気が小さかったので合同墓地に入れると苛められると、個別火葬にして全てを持ってきました、回りの方は何時までも悲しんでると成仏しないし、安心して天国に行けないよと、おっしゃってくれますが、私が亡くなった時に一緒に棺に入れてくれるように、身内に頼んで居ますが、正直悩んでいます、たまにはお骨をだして話をしたり、お骨にキスをしています、変態に思われても気持ち悪がられても、自分の相棒何で大丈夫です、いまだに泣いたり大声で相棒の名前を呼んだりしてますが、愛犬の為にはどうしたら良いのか分かりません。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      U様
      コメントいただきましてありがとうございます。
      ハスキーちゃんが旅立たれたとのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
      季節は移ろいで夏を迎えましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
      お骨の供養の仕方に関しては、何年も経ってからご家族さまの色々なご事情を機に変わられる場合もございます。
      (新居を構えたからお庭に埋葬する、家族がそれぞれ独立して家が空くからこれを機に手元供養から納骨や海洋散骨をするなど)
      今、そばに置いて離れたくないというお気持ちが大きいのであれば、手元供養をされるのが良いでしょう。
      周りの方のアドバイスのように、物理的に離れることで心理的に悲しみが言えてくることもあるかもしれませんが、一方で、手放すことで心配事が増えてしまうこともあるかもしれません。
      大切なのは、一番大切に育ててこられたU様がお決めになることです。
      時間の経過とともに、ゆっくりとお考えも変わってくるかもしれませんので、いまのお気持ちを大切にご供養の仕方をお考えになると良いのでしょう。
      大切な生きた証、悔いのないようご供養されてくださいね。

  5. Y様 より:

    ご相談したくお送りさせていただいております。
    先日、娘のかわいがっていたワンちゃんが亡くなり、動物霊園で火葬、共同墓地に埋葬していただきました。
    その際、娘が一部遺骨を持ち帰りたいと申し、了承のもと、歯と、骨の一部、喉仏の骨を持ち帰り、きれいな瓶にいれました。
    そこで、二点お聞きしたいのですが、喉仏のような1番大事な骨を持ち帰ってよかったのでしょうか?
    またビンは外からみえないようなカバーをかけた方がいいのでしょうか?
    教えていただきたく、よろしくお願い致します。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      この度はご相談いただきまして恐れ入ります。

      ご家族様の大切なワンちゃんの旅立ち、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

      分骨をされたとのこと、生きた証をお守りのようにそばに置いておくことで、ご家族様にとってもこれから心の支えになることと思います。

      分骨をする際に、分けてはいけないお骨はございません。

      歴史で遡ると、お釈迦様のお骨も弟子たちが分骨をしたと言われております。

      本山に喉仏を残す風習がある一部地域もございますが(あくまで人のご供養の際です)、ペットちゃんにとってはご家族様のお傍であるご自宅が一番安らげる場所、そのような場所に喉仏を分骨しておかれることも、ペットちゃんを想ったご供養になるのではないでしょうか。

      お骨は、「目にすると悲しくなってしまうから」「来客の目に触れないように」と透けない容器で保管される方もいらっしゃいますが、「いつでもそばに感じていたい」と、透明な瓶にお骨を納められる方もいらっしゃいます。

      ご供養は、遺されたご家族様のためのものでもございます。

      歴史や風習を重んじることも大切ではございますが、形に囚われてしまってご家族様が納得されないご供養をすることは望ましいことではありません。
      一番は、ご家族様がどうされたいか、お心の赴く方法を大切にされることが、ペットちゃんにとって本当の意味でのご供養になると、私たちは考えております。

コメントを残す

*