ペットの遺骨を分骨する

分骨してはいけないの!?ペットの分骨 ホントの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペット 分骨 仏舎利

 分骨は日本において古来から行われており、仏教においては、お釈迦様が入滅された際に仏舎利(お釈迦様のご遺骨)を弟子たちが分けて持ち帰ったことに由来します。

ペットのお骨を分骨してしまうと、あの世で五体満足なれないんじゃないかと心配なされる方もいます。

しかし、そのような心配をされなくても大丈夫です。

ペットのご遺骨はその子が生きてきた証であり、魂がそこに宿っているのではありません。

また、仏教やキリスト教等において、“分骨は良くない”という話は聞きません。

このページでは、

ペットの分骨、どの骨を分骨すればいいの?

分骨の際にしてはいけないことはあるの?

など、ペットのご遺骨を分骨される際のよくある疑問にお答えします。

どこの骨を分骨するべき?

犬には、体全体で骨が約320本、猫は約240本あると言われています。

仏教的には、などの、「再生する骨」を分骨すると良いと言われています。

ここで言う爪は、厳密に言うとトリミングなどの際にカットする爪ではなく

(その部分は火葬の際に焼けてしまいます。)その爪を支える手の先端の尖った骨のことを指している場合が多いです。

どのような容器に分骨するかによって、歯や爪1,2個で十分な場合もあれば、分骨用骨壷の容量によって

ある程度の骨量を分骨する場合もあるかと思います。

ご遺骨を分骨する際に歯や爪がなかなか見つからない場合もあります。

「この骨は分骨してはいけない」という決まりはありませんので、ペットちゃんの火葬後、残っている形の綺麗なご遺骨を分骨しても問題はありません。

実際にペット火葬後に分骨をされるお客様は多く、分骨するご遺骨の例としては、仏様が手を合わせたような形とのことから喉仏の骨((厳密には第二頸椎))などが、人では分骨の際に選ばれることがあります。

犬 第二頸椎 喉仏

犬の喉仏 (第二頸椎) イラスト

これに習いペットでも喉仏にあたるご遺骨を選ばれたり、尻尾の先の骨や、指先の骨、頭骨のかけら等、様々な部分を思い思いに分骨されています。

してはいけない!?分骨するときに気をつけよう!

ペット 骨壷 移し替え1

ご自身で分骨をする際には、必ず手袋をつけるか、お箸を使い、直接ご遺骨に触れないようにしましょう。

移しかえる際に、ご遺骨に手の脂やタンパクが付着することでそこからカビが生えてしまうことにつながりかねません。

ペットのご遺骨の分骨・移し替えの手順にて詳しく書いていますのでよろしければご参考になさって下さい。

手元供養のための分骨

亡くなったペットのご遺骨を、埋葬したり、納骨堂に納めたりする供養の方法以外に、ご遺骨の全部、もしくは一部を身近に残して供養することを、「手元供養」と言います。

手元供養のなかでも、ご遺骨の一部を分けておくことを「分骨」と言い、近年、さまざまな分骨の形が増えてきています。

さまざまな分骨の形

 ご遺骨を分骨する際の容器は、

  • 分骨用骨壷
  • 分骨用カプセル
  • その他小瓶や木製容器

 など、仏具店やメモリアルグッズの通販で取り扱っているような分骨専用に作られたものもあれば、ご家族様によっては雑貨店などで売っている小さな瓶などの容器や木製の小箱に入れられる方もいらっしゃいます。

 分骨のために用いられる容器に、特に決まりはありませんが、長期間にわたり保管するため、湿気が入らないこと、錆びないこと、持ち運ぶ場合は衝撃に強いことなど、保管状況に合わせて検討することが必要です。

そういった点では、「分骨用」として設計・販売されているものは、ご遺骨を保管するための綿や小袋がセットされていたり、封がきちんとできる物であったりする場合が多いので、良いかと思います。

コロール 分骨 骨壺

可愛い分骨用骨壺『ころーる』

火葬後、スムーズに分骨をするために

 実際に、多くのご家族様において、

「分骨をしたいけれど、火葬の際に分骨用の容器を準備していない」という場合は多いです。

 火葬を申し込んでから実際にお骨上げをするまでの間は、お心の準備等を含めて十分な時間がない場合があり、

その間に分骨用の骨壷を準備するというのは困難な場合があります。

 ペット火葬業者によっては分骨用の骨壷やカプセルを準備している場合もありますが、現在は本当にたくさんの種類があり、そこで準備されているものがご家族様のお気に召すかもわかりません。

 カタログやインターネットなどでご覧になり、気に入った分骨用の容器をオーダーした場合、届くまで日数がかかる場合もあります。

 しかし、火葬後にすぐに分骨できない場合、一度骨壷に全骨を納めて、その後再び骨壷を開いて、

その中から遺骨を拾いあげ分骨するという工程が必要となり、ご抵抗のある方も多くいらっしゃいます。

分骨 チャック コブクロ

 そのような場合に備えて、分骨をお考えで、火葬までに分骨用骨壷がご用意できない場合は、チャック付きの

小さな袋を準備しておくと良いでしょう。

 お骨上げの際に、全骨を骨壷に納める前に、一部を取っておくことができますので、その後の分骨の際に

再度骨壷を開くことなく、スムーズに分骨が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

こんな遺骨カプセルを探していました!

その子の一生を表すスワロフスキーがついた思い出カプセル(遺骨カプセル)

イニシャルか各種チャームも選んでつけることができまます。

"こんな遺骨カプセルを探していました!"

とのお声をたくさん頂いております。

スクリューキャップはゴム製のOリングがついてしっかりと閉まります。

頑丈な作りなので、安心してお骨を納めておくことができると好評です。


商品詳細

コメントを残す

*