ペット遺骨の保管

ペットの火葬後、骨壺はずっと自宅に置いてもいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
骨壺

“骨壷をずっと自宅に置いておくことは、何か良くない気がしてしまって…ペットの魂が成仏してくれないのではないか。”

“そばに置いておかないと寂しい思いをさせてしまうのでは?”

“愛したペットの遺骨をすぐに手放すこともできなくて…。”

このような理由から、ペットの遺骨の自宅保管についてお悩みの方が多いようです。

骨壷の自宅安置について

まず、結論から申し上げて、骨壷をずっと自宅に置いていても全く問題はありません。

ご遺骨は、そこに魂が宿っているのではなく、その子の生きた証です。

もし、ペットの魂が成仏しないのではとご心配になる場合は、ペットちゃんの供養をしっかりとしてあげることがよろしいかと思います。

仏教においても、火葬後のご遺骨の扱い方に決まりはありません。

人の場合、ご家族の集まる四十九日の法要を目安にお墓に納骨をされることも多いようですが、手元供養といって、ご自宅にずっとご遺骨を置いておく方もいらっしゃいます。

もし、将来的に納骨や埋葬をと考えている場合には、四十九日、月命日、百日忌、一周忌、三周期、または、家族の集まれる日などを目安にされるといいかと思います。

皆で決めることが、とても大切なこと

ペットの供養に、決まった形はありません。

もちろん、ご家族のご信仰に基づき、人と同じように四十九日などの節目に納骨や埋葬をされるご家庭もありますが、「引っ越す可能性があるから」、「気持ちの落ち着くまでは」等、様々な理由でご遺骨をご自宅に置いておくという選択をされる方もたくさんいらっしゃいます。

火葬後のご遺骨の取り扱いは、とっても大切なことです。

後悔のないように、ご家族で良く相談して決められることが一番大事です。 

骨壷の保管方法について

骨壷を長期間ご自宅で保管される場合、

特に陶器の骨壷は、空気中の水分が中に入り、内部に湿気たまることがございます。

埋葬のために蓋をあけてみると大切なご遺骨にカビが生えていたということもあるようです。

長期間自宅にて保管されるという場合は、以下の様な対策を行うと良いでしょう。

・湿度の高い場所に骨壷を安置すること避ける

・骨壷の蓋の周りをテープで密閉する

・吸湿剤(シリカゲル等)を中にいれておく

詳しくは、意外と知らない?長い間遺骨の入った骨壷を保管しておくと…

で書いていますのでご興味のある方は、ご覧になってみてください。

中を開けてみるのはちょっと不安という方や、骨壷を変えたい、パウダーにしたいといった方のために、

弊社では、骨壷の移し替えや、パウダー加工のサービスも行っておりますのでお気軽にお問合わせください。

下記はペットの遺骨を自宅に置いている著者の体験談です。ご参考になれば幸いです。

ペットの遺骨を自宅において4年目に

4年前に亡くなった、先代犬。

お墓まで作りましたが、我が家では火葬後なかなか納骨できず、大きな骨袋に覆われたまま、ずっと祭壇に骨壺を置いていました。

来客の目は気になるけど・・・もう少し・・・

そんな中、先代犬が亡くなって3年後に、2代目の犬が家にやってきました。

2代目が来たからと、すぐに先代犬を納骨してしまうのも偲びなく、もう少し私たちのそばに一緒にいて欲しいというのが、家族の正直な気持ちでした。

けれど、大きな六角形の覆い袋に包まれたままの骨壷を、4年も経った今もリビングに置いておく事は、来客の方の目が気になるという気持ちもありました

そこで、我が家では、遺骨をパウダーにして体積を小さくし、一見、骨壷には見えない可愛い骨壷カバーに入れて、再び祭壇に置くことにしました。

高さ25cmほどの6寸の大きな骨袋から、18cmほどの4寸の骨壷にお引越しし、見た目もスッキリ可愛くなりました。

3年経って初めて、愛犬の骨壷を開けてみましたが、

家では比較的風通しも良い場所だったのでカビ等もなく、きれいな状態ですこし安心しました。

ただ、当時の愛犬を失ったことを思い出して3年経っても涙が出てきてしまいました。

ひとしきり涙した後、私たち家族も、サラサラのパウダーにしたことで、少し気持ちも落ち着いた様な気がしました。

我が家では、家族が納得する形を話し合い、このような形にしました。

もう少し、ここから、私達のことを見ていてね。

これが骨壷!? 可愛い骨壷カバーで手元供養も安心

「いかにも『お骨が入ってます!』という感じの骨壷だと見るたびに切ないし、ずっと家に置いておくつもりだから・・・」

と、愛するペットを可愛い骨壷に入れてあげたいという願いを持ったご家族様は多く、ふくふくやまでは可愛いお骨壷カバーをお取扱いしております。

全国の皆様にお届けできるよう、通信販売でもお届けしております。

(通販をご利用いただく際は、お手元のお骨壷のサイズを十分にご確認ください。)

仙台市太白区にあるふくふくやまアトリエでも、骨壷カバーの販売・お骨の移し替えを行っております。(要予約:☎050-5883-2371)


画像をクリックすると、販売ページに移動します。

(左上)水玉骨壷カバー (右上)耳としっぽがついたふわもこ骨壷カバー

(左下)いちご骨壷カバー (右下)埋葬用:土に還る木製骨壷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

【ペットのお骨パウダー加工】宮城県仙台市を中心に出張いたします

ふくふくやまでは、宮城県仙台市を中心に出張でのご遺骨パウダー加工を行っております。

 仙台市太白区のアトリエにお持ちいただいても結構です。

 パウダーにしたご遺骨は、専用のお名前が入った箱にお入れして、ご返骨させていただきます。

 お問い合わせ・ご依頼は

Tel 022-778-9055 


出張エリアと料金詳細

コメント

  1. H様 より:

    11年間生きたマルチーズが亡くなった時の母の落ち込みは大変なものでした。お骨は汚れないように透明のビニールで被い、防腐剤を入れてずっと実家のお座敷に置いてありました。母は八年前、父は昨年亡くなり実家を片付けています。愛犬のお骨を母の眠る先祖のお墓に入れてあげるわけにはいけないのでしょうか?
    親戚が少なく、相談するまでもないと思っていますが非常識でしょうか?
    でも母は喜んでくれると思います。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      この度のお父様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
      ご実家の整理の最中、悩まれていらしたのですね。
      ワンちゃんのお骨をどのようにご供養されるかは、可愛がられていた故人様がどのようにしたら安心してくださるかが大切かと思います。
      ただ、お墓があるお寺の宗派によって、動物と人は一緒にお墓に入れられない場合があったり、同じ敷地でも人とは別の場所なら可能など、色々な場合がございます。
      ご先祖様のお墓があるお寺のご住職様に一度ご相談いただくと、ご供養のアドバイスがいただけるかと思います。
      私どもであまりお役に立てずに恐縮ではございますが、ご家族様にとって一番良い形でワンちゃんもご供養されることができますよう、願っております。

コメントを残す

*