ペット火葬コラム

どんな言葉をかけたらいいの?友人のペットが亡くなったら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットが亡くなったら

「実は先日、愛犬が亡くなりました。」

 

 友人・知人から、このようなペットの訃報を知らせるメールが来たり、SNSの友人の

投稿で見かけたことのある方も、多いのではないでしょうか。

このような場合、なんと声をかけてあげたら良いのか悩む方もいらっしゃることでしょう。

 

 ペットを亡くした飼い主さんは、

うちにきてこの子は幸せだったかな?」

「最期は苦しまなかったかな?」

「もっとこうしてあげれば良かった。」

と、心の中で疑問や後悔でいっぱいの場合が多いと思います。

そんな中、飼い主さんご本人が報告をしてくださった場合には、気持ちを込めて言葉
をかけて差し上げたり、お花を贈ってあげたりするのも良いでしょう。

 

ペットが亡くなる理由として、老衰や病気、事故など、いろいろな場合があります。

中には、突然死や、やむなく安楽死を選ばれた、というケースもあるでしょう。

 

大切なペットの死を打ち明けてくれた友達へ、

心のあたたまる一言をかけてあげたいものです。

【私がかけてもらった実際の言葉】

 私は愛犬が亡くなったとき、あまりのショックで、しばらくの間、親しい友人
にも愛犬の死を打ち明けられずにいました。

ようやく、気持ちが落ち着いて、やっと人に話せる状態となりました。

愛犬が亡くなった報告をしたときに、ある友人は

「16年半!? ゴールデンでそんなに長生きしたの!? すごく大切に育ててきたんだね! 幸せだったね!」

と、悲しむ私を元気づけるために、オーバーなくらいに驚いて、励ましてくれました。

また、ほかの友人は、お花を贈ってくれたり、得意な絵を描いて、愛犬の似顔絵をプレゼントしたりしてくれました。

「ペットを見送った人の間で有名な、『虹の橋』という素敵な詩があるよ。よかったら読んでみてね。」

と、素敵な詩を教えてくれた方もいました。

私が大切に思っている愛犬を、一緒に偲んで、励ましてくれた友人たちは、

いつまでもかけがえのない存在です。

彼女たちがかけてくれた言葉に、どれほど救われたかわかりません。

 

このような経験を踏まえ、私自身は現在、ペットを見送られたたくさんのお客様と出逢う中で、

「言葉」を特に大切にし、ふくふくやまとしての活動を行っています。

ふくふくやまはインターネットショッピングのため、

お客様とお顔を合わせてお話することはほとんどありません。

だからこそ、お客様には手書きのメッセージで「言葉」をお伝えすることを大切にしています。

ペットが亡くなった状況は様々ですので、おひとりおひとりのお客様に応じて、

それぞれ別の言葉をかけさせていただいておりますが、このコラムを読んでくださった方が、

お友達や知人の方へなんと言葉をかけたら良いか悩まれているのでしたら、一つの参考にしていただいたらと思います。

友達・知人の方のことを想いながら、

あなたらしい「言葉」にかえて、飼い主さんを励ますお手伝いになればうれしく思います。

【飼い主がかけてもらって嬉しい言葉】

病気で亡くなった子の場合

「○○ちゃん、病気にかかっても□□歳まで生きられたのは、ご家族の看病の甲斐があったからだね。」

「最期までママがそばに居てくれて、幸せだったと思うよ。」

たとえば、病気で亡くなった子は、飼い主さんに看病をしてもらっていたことでしょう。

看病をしていた飼い主さんも、常にその子の体調を気にして、病院に連れて行き、薬を飲ませ・・・

と、毎日頑張っていたに違いありません。

看病をしていたご家族を労い、気持ちを汲み取った一言をかけて差し上げると、

飼い主さんも報われた気持ちになってくれることでしょう。

事故や突然死の場合

事故や突然死の場合、飼い主さんは、現実を受け止めるのに時間がかかる状況です。

自分の不注意で事故を防げなかった、という悲しい状況の場合は、自分自身を責めている飼い主さんがほとんどです。

”なんと声をかけたら良いか・・・”と、悩む場合もあることと思いますが、

悲しみの中打ち明けてくれた飼い主さんへ、あたたかい言葉をかけて差し上げましょう。

例えば

「突然のことで、私も本当に驚いています。○○ちゃんと過ごした日々は、宝物ですね。」

「感謝の気持ちで、お見送りしてあげてください。ご冥福を祈っていますね。」

など、「ペットのお悔やみの言葉」や「飼い主さんへの励まし」を含んだ言葉が良いかもしれません。

 老衰の場合

「大往生で、○○ちゃん(ペット)はあなたの家族になって幸せだったね。」

一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、飼い主さんは大きな悲しみの中にいます。

最期を看取った飼い主を労い、気持ちが報われるような明るい言葉をかけてあげるのはいかがでしょうか。

いつか、飼っていたペットが長生きしてくれたことが、飼い主さんの誇りとなれば、うれしいですね。

【言ってはいけないこと】

「新しい子を飼えば」

「ずいぶんもったね」

「(亡くなるのが)若かったな。」

などのような言葉は、飼い主さんの心に大きな傷を残してしまうこともあります。

かけがえのない、家族同様のペットが亡くなった、大きな悲しみの中です。

茶化したような言葉や、心無い言葉は絶対にいけません。

また、

「可哀想に。」

という言葉も良くありません。

「うちの子は可哀想だったの・・・?」

と、ペットが亡くなるまで献身的に看病や介護をしてきた飼い主さんにとっては、それを否定するような言葉に受け取られてしまう場合があります。

【言葉をかける以外にできることは?】

お悔やみの言葉をかけた後に、「ほかにも何か自分にできることはないだろうか。」
と思われる方もいらっしゃることでしょう。

例えば、

  • お花を贈る
  •  ロウソクや可愛いキャンドル、お線香を贈る
  • 自分の携帯で撮影した、お友達のペットのお写真があれば、現像してプレゼントする
  • お手紙を書いてあげる

友達・知人の方を思い浮かべながらペットの祭壇を彩るグッズをプレゼントするのも喜んでもらえることでしょう。

ご友人へのプレゼントをご検討している方は以下の記事もよかったらご覧になってみてください。

何を贈る?ペットが亡くなった友人への贈り物

【最後に】

 大切なペットを亡くされた方を励ますのに一番大切なことは、相手を思いやる気持ちです。

あなたの心温まる優しさにあふれた一言が、

飼い主さんが少しでも早く笑顔に過ごせる日を迎えることができる手助けとなりますように。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ペットを亡くされたご友人へ、気持ちをこめた贈り物

お悔やみの気持ちを伝えたいけれど…

なかなか会える機会がなかったり、

かける言葉が見つからないときだってあります。

ペットちゃんのための、ささやかな贈り物。

可愛いのミニお線香やミニろうそくはとっても喜ばれます。


商品詳細

コメントを残す

*