骨壷

意外と知らない?長い間遺骨の入った骨壷を保管しておくと…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペットを火葬した方の多くは、ご自宅へご遺骨を持ち帰られる事と思います。

 その後、月命日や四十九日までご自宅で保管し、納骨や埋葬をされる方もいらっしゃいますが、引っ越しや、手離しがたい等の理由から、自宅に長く置かれる方もいらっしゃいます。

長い間、遺骨の入った骨壷を保管しておくと、

取り出してみたら、大切なペットのご遺骨にカビが生えていたなんてことも…

骨壷保管の敵は湿気!

 ここでは、意外と知られていない、ご自宅に長く置かれる際の、保管に関する注意点をお教えします。

骨壷を自宅で保管する場合、一番注意するべきは「湿気」です。

遺骨は、800℃~1000℃の高温の火で焼かれると乾燥した状態となりますので、空気中の湿度が高いと、吸湿します。

吸湿により遺骨の表面に水分が付着すると、そこからカビが生える場合もあります。

火葬から時間が経ち、骨壷から出して埋葬したり、骨壷を移し替える際に、大切な遺骨にカビが生えていたら、とても悲しい気持ちになってしまいます。

そうならないためにも、正しい方法で大切な遺骨を保管しましょう。

保管に必要なものはこの2つだけ!

  •  シリカゲル等の吸湿剤:骨壺内の湿気を吸ってくれます。

シリカゲルは、100円ショップなどで食品保存用として販売されています。

  •  テープ:陶器と蓋の間を密閉するために使用します。

遺骨にカビを生えさせない対策

  1. 吸湿剤を入れよう! 

     陶器の骨壷は、密封性が低く、骨壷と蓋の間から湿気が入ってきてしまいます。

    湿気が骨壷内にこもり、骨壷の底にたまりやすいため、吸湿剤はなるべく骨壷の底のほうに入れましょう。

    骨壷の底にシリカゲルを入れるのが難しい場合は、蓋の裏にテープで貼るなどして、骨壺内部にシリカゲルを入れておきましょう。

  2. 蓋との境目にテープを巻こう!

     蓋と本体の境目をテープで一周巻いて、湿気が入らないように密閉しましょう。

 (この方法は、あくまで空気中の湿気を吸うことによるカビの予防法であり、遺骨がカビないことを完全に保証する訳ではありません。) 

大変だ!遺骨にカビが生えていた場合には?

  まず、遺骨は、必ずしも「真っ白」ではありません。

 茶褐色に近いオレンジのふわふわしたものや薄いグリーンのような色がついている場合があります。これらはカビではなく、脂肪が燃焼して黄色く残ったり、体内にあったミネラル成分が熱と反応して残った物の一部などである可能性です。

 残念ながらカビであった場合、ご家庭でできることは、遺骨を骨壷から取り出して広げ、日当たりの良い室内で天日干しすることです。

また、ご家庭では難しいですが、ご遺骨を再度高温で火葬することで、カビを除去できる場合もあります。

ペット火葬業者によっては対応してくれる場合もあるかもしれません。

どうしても気になる場合は、一度問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

【ご遺骨を骨壷から取り出す際の注意】

 遺骨を骨壷から取り出す際は、新しい手袋をしましょう。

素手で遺骨を触ると、手指についた脂やタンパクが栄養となり、時間が経ってそこからカビが生えてしまう場合がありますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

コメント

  1. T様 より:

    友人からの言葉に、そうそう!って納得しました。お花をくれたりした人には本当に感激、優しい人柄に大切にしたいなぁと思ってます。
    遺骨の保存の仕方もなるほど!と、早速そうしようと、思います。
    たまたま、こちらのサイトを開きましたが良かったです。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      当サイトをご覧いただきましてありがとうございます!
      大切なペットちゃんを見送られたご家族様にとって、お役に立てましたら光栄です。
      他にもいろいろな記事を掲載しておりますので、よろしければご覧になってくださいね。

  2. シュウのパパ より:

    ありがとうございます、すごく参考になりました、今、納骨堂から里帰りしていますから、お骨を確認したら、カビていなかったから安心しました。

  3. クーちゃんママ より:

    こんにちは
    以前、こちらのサイト確認していたのに、骨壺の中を確認できず。。。(見られなかった)
    シリカゲル用意しなくてはと思いつつ今日になってしまい
    娘と開けてみた所どうも。。カビが発生しているようです。

    お天気も悪く、どうした物かと思案しております。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      コメントありがとうございます。
      お骨壷を開いてご覧になってみて、カビらしきものが付着していたのですね。
      お骨も、経年によって色が変化してきたり、元々のお骨に付いていた色でオレンジや緑、黒色の部分があることがございますので、カビかどうかの判断は難しいかと思いますが、当面のカビ対策としては、晴れた日の天日干しが良いと思います。
      現在は梅雨時期ということもあるので、天日干しをするまでの対策として、直接カビに触れないように手袋やマスクをして、表面についたカビを乾いた布などで払い落としてから、
      しっかりとシリカゲルを骨壷に入れ、骨壷の蓋と本体の間の隙間を塞ぐようにグルッとテープで巻いてください。
      その後、梅雨が明けてから、天日干しをすると良いかと思います。

  4. セカンドのママ より:

    主人の親と同居することになりました。私たち夫婦には子供がいなく愛犬を可愛がっていました。17年そばにいてくれて旅立ちました。亡くなってから6年たちますがさびしくてまだ遺骨を離せません。だが、母が家に置くのはやめてほしい、犬だってたくさん仲間と過ごしたいはずとか言い、責められてるような気分になります。仕事や家事など追われてル毎日日々。癒やされる気持ちはわかってもらえないようです。どうしたらいいのでしょうか?

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      セカンドのママ様
      この度は、当ホームページをご覧いただき、コメントをありがとうございます。
      ご家族様の中で、お骨のご供養の仕方について意見が分かれているのですね。
      寂しくてもお墓に埋葬し、物理的にご遺骨と離れることによって心理的にもだんだんとお気持ちの整理がついてくるのでは?
      という、お母様の思いやりのお言葉なのかもしれません。
      ただ、大切なのはご遺骨を一番大切に思っていらっしゃるご家族様のお気持ちだと思います。
      そばに置く「手元供養」という形も1つのご供養の形です。
      お骨と離れることで、逆に心配事が増えたり不安になったりされるようでしたら、
      無理に納骨をせず、ご自宅にて供養してあげることがご家族様のお気持ちにとって一番よろしいではないかと思います。
      実は私も、愛犬が虹の橋へと旅立った時に、遺骨を茶の間に置いていたら、家族の中で「早く埋めてあげたら!」という意見も出ました。
      セカンドのママ様と同じように、私もお骨を手放す気がなかったので、埋葬の話が出るとその度に切なかったです。
      特に我が家のお骨壺は大きかったですし、いかにもお骨が入っているような六角形の骨壺袋に納められていましたので、気になる家族にとっては目に入ると何か言いたくなってしまっていたのかもしれません。
      そこで、愛犬の遺骨をパウダーにして体積を小さくし、お骨壺カバーを変えて、一見お骨が入っているようには見えないカバーに変えましたところ、埋葬の話が出ることはなくなりました。
      あくまで我が家の場合のお話でございましたが、何かお役に立てましたら嬉しいです。
      お骨壺に見えないようにする工夫や、お母様の目に入らないような場所に置かれる工夫などで、お互いにとってお気持ちの落ち着かれる着地点が見つかるといいですね。

コメントを残す

*