仙台市

仙台市太白区の訪問ペット火葬・ペット葬儀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仙台市太白区 ペット火葬

ふくふくやまでは太白区内のご自宅へご訪問して立ち会いにてペットの葬儀、ペットの火葬拾骨を行えます。

同じ太白区内から専用のペット火葬炉を積んだ車にてお伺いします。火葬後の、ペット供養、納骨・散骨についてもご相談ください。

太白区(仙台市)への訪問ペット火葬

仙台市太白区にペット火葬で訪問する場合、出張費はかかりません。HPに表記されているペット火葬料金以外は一切請求致しません。(お客様のご希望によるオプション追加の場合は除く)

太白区 ペット火葬料金表

太白区の火葬料金プランは下記の通りです。

お別れに必要なものは全て含まれた一式セットの料金です

(火葬+骨壷+覆い袋+写真色紙+メッセージカード)

体重 1kgまで :12000円

インコ・オウム・ハムスター・フェレット・モルモット・その他小動物

体重 5kgまで :20000円

猫・うさぎ・チワワ・パピヨン・ヨーキー・マルチーズ・ポメラニアン・トイプードル等

体重 10kgまで :23000円

ミニチュアダックス・シーズー・パグ・ミニチュアシュナウザー ・スピッツ・ウィペット・大型ネコ等

(中・大型犬火葬の際のご注意点もこちらから)

*表示価格は税込です。

*宮城県全域、山形県東部、福島県北部に出張致します。(詳しい訪問エリア)

お別れに必要なものは全て火葬料金に含まれています。

お別れのメッセージカードや、火葬後の拾骨に必要な骨壷や覆袋も全て付いてきます。

ふくふくやまの無料特典←詳しく知りたい方

骨壷 全種

無料で選べる骨壺

思い出写真色紙

弊社で火葬された方に無料で差し上げています

ペット メッセージカード

お別れのメッセージカード

全て安心の個別立合火葬です。ぺットのご遺骨が他のペットの骨と混ざってしまうこともありません。

丁寧な火葬、お骨上げ、お客様のお気持ちを考えた心のこもった対応を心がけております。

また、ペット供養のご相談もお気軽にご相談ください。仙台市にはふくふくやまのアトリエがあり、太白区からのお客様もお越し頂いております。

仙台市太白区でのご火葬をされたペットちゃん

ペット火葬、太白区のペット

仙台市太白区鈎取のパグ【ナルちゃん】

職場が近くにあるご家族様、職場の方々の理解もあり、ナルちゃんはいつも職場に連れて行くことができたそうです。

ワンちゃんの様に吠えることはなく、人がまるで話すかのように鳴く様子が可愛らしく、いつも職場の人に囲まれて愛されていた
看板犬ちゃん。

ご家族様の膝の上で旅立たれたナルちゃん、安心しきったそんな安らかなお顔をしていらっしゃいました。
頑張ったナルちゃんのそばにお花を囲む様に添えて静かに空へと昇っていきました。

仙台市太白区山田本町のハムスター【ルイちゃん】

息子さんが、初めて飼ったペットがルイちゃんだったそうです。

迎え入れてきて間も無く、他のハムスターちゃんとも仲良くなれるようにと、

慣れさせようとした矢先のこと、突然の別れとなってしまったそうです。

命の尊さを教えながら、ご両親と息子さんでご遺骨を丁寧に納めていただきました。

仙台市太白区鈎取のラブラドールレトリーバー【ウランちゃん】

ラブラドールレトリーバーのウランちゃん、15歳の女の子でした。

好きだったりんごやお花を周りに添えてお別れをされました。

やんちゃな子でお家からゴミ箱がなくなりましたと思い出をお話しくださいました。

ご近隣に配慮してご移動してのご火葬をさせていただき、ご家族皆さんでお骨を拾われました。

ウランちゃんと過ごしたたくさんの日々の思い出はご家族様の心の中で暖かく光続けることでしょう。

仙台市太白区鈎取のコーギー【イオンちゃん】

この日夕方からは仙台市太白区鈎取ウェルシュコーギーペンブローク・イオンちゃん14歳女の子にお伺いしました。

1歳半の時に息子さんの同級生から譲り受け、ご家族様の元へ来たイオンちゃんは寝るのもどこへ行くのも何をするのもご家族様と一緒、たくさん色んな所へ出掛けたそうです。

お見送りにはご家族様を始め、イオンちゃんの最初の飼い主の同級生のお姉さんも遠方から駆け付けられました。

終始涙のお別れとなりました。

ご家族様皆で書いてくださったメッセージカード、お花を手向けられ、

イオンちゃんに優しくお言葉をかけられ旅立ちを見送られました。

イオンちゃんは何度も大きな病気と戦い、手術をし、頑張ってこられたそうです。

愛嬌があってとっても可愛かったイオンちゃん。

ご火葬後、イオンちゃんに似たふわふわの可愛らしいふわもこカバーの骨壺にお納めし、ご返骨させていただきました。

ご家族様皆がイオンちゃんをいつも感じられるよう、刻印カプセルを希望され、そちらにお納めされる爪、お尻尾のお骨を分骨されました。

生涯を愛情いっぱいに大切に育ててくれた感謝の気持ちを心にイオンちゃんは虹の橋からご家族様を見守ってくれていることでしょう。

仙台市太白区東郡山の猫【みーちゃん】

この日の午後からは仙台市太白区東郡山アメリカンショートヘア・猫の”みーちゃん”。

15歳女の子の旅立ちのお手伝いに伺いました。

みーちゃんは娘さんがとても可愛がっていたそうです。

みーちゃんがお亡くなりになったことがなかなか受け入れられず、

悲しみから娘さんはお見送り、お骨上げとお立合いになることができませんでした。

けれど、雪で停められなかった火葬車を駐車できるようにスコップでお父様と一生懸命雪かきをしてくださった娘さんの優しい気持ちは、みーちゃんの虹の橋への旅立ちを導いてくれたことでしょう。

ご火葬後お父様は、みーちゃんの爪のお骨を愛おしそうに拾われました。

「嬉しいときは爪を立てて足にしがみついてきた」

「痛かったけど嬉しかったな・・・。」と爪とお尻尾のお骨を分骨しました。

みーちゃんのお写真をもとにお作りする信楽焼の分骨入れにお納めされるとのことです。

とても寒がりだったみーちゃんの生きた証は、亡くなったばかりのおじい様が寂しくなように、暖かくなったらおじい様のお墓の側に一緒に納骨されるそうです。

みーちゃんはこれからも虹の橋から優しいご家族様を見守ってくれていることでしょう。

仙台市太白区鹿野本町の猫【夏都ちゃん】

この日の午後は仙台市太白区鹿野の猫の夏都(ナツ)ちゃん17歳の女の子の訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

ご家族が夏都ちゃんの大好きだったおやつの栗やお魚とお庭に咲いたビオラのお花をお首の回りに「可愛いね・・・」とそっと添えられお別れをなさいました。

17年間、たくさん愛情を注いで育ててくれたご家族様への感謝の想いを心に晴れた冬の青空へと旅立って行った夏都ちゃん。

これからも虹の橋からご家族皆様を見守っていてくれていることでしょう。

仙台市太白区四郎丸の猫【フーちゃん】

年の瀬を感じ始め、すっかり日が短くなったこの日の夕方、ふくふくやまでは仙台市太白区四郎丸の猫のフーチャン17歳男の子の訪問ペット火葬にお伺いしました。

フーチャンのご火葬のご依頼を息子さんからお電話いただきましたが、息子さんはお仕事で、お見送りに立ち会う事が出来ませんでした。 お父様がフーチャンの旅立ちの準備をされ待っていてくださりました。

「火葬にも立ち会いたかった・・・」とお父様。 ご持病もあり、玄関先でフーちゃんをお預けいただきました。

涙ながらに、別れを告げられ最後までフーチャンのお身体を優しく撫でていらっしゃいました。

「いつかは埋葬してあげるから・・・」とお父様が選ばれた木製の骨壷に、フーチャンのお骨をお納めしてお返しさせていただきました。

ご家族様それぞれからの愛情への感謝を心にフーチャンは天高く冬の夜空へ旅立って行きました。

仙台市太白区金剛沢の猫【ルビーちゃん】

この日午後から仙台市太白区金剛沢へお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は猫のルビーちゃん、21歳の女の子でした。 お別れには近くに住むお孫さんもお手紙を持ってかけつけられました。

「きっかない子だった…。」とお父さんがルビーちゃんの性格を話してくださりました。

お父さんは単身赴任先の秋田からルビーちゃんの訃報にかけつけたとのこと。 ルビーちゃんが気が強かったのはきっと、遠くでお仕事をされているお父さんの代わりに優しいお母さんとたくさん遊んでくれたお孫さん達を守るためだったのでしょうね。

ルビーちゃん、長い間ありがとう。お疲れ様でした。 これからも虹の橋からずっとずっと変わらず大好きなご家族を見守ってくれることでしょう。

仙台市太白区の猫【ポンちゃん】

初春のような暖かな陽気のこの日、ふくふくやまでは猫のポンちゃん、

男の子の旅立ちのお手伝いをさせて頂きました。

ポンちゃんは東日本大震災の際に迷い猫としてご家族様の元で保護され、新しい暮らしが始まったとのことです。

その時でもう随分年を取られていたようで、

「人間でいえば今では100歳は過ぎているだろうな・・・」

とご家族様がおしえてくださりました。

とても綺麗な立ち姿のポンちゃん。

 

おやつとまたたびをお口元へ添えられ

お見送りに来れなかったご家族様の分もお気持ちを込められ旅立ちを見送られていました。

 

ご遺骨は自然に還れるようにと木製の骨壺に納められました。

7年前のあの日、怖くて不安な思いでいたことでしょうポンちゃん。

 

ご縁があって、優しいご家族様と過ごせて本当に幸せだったでしょうね。

これからも虹の橋から感謝の思いでご家族様を見守ってくれていることでしょう。

仙台市太白区土手内のミックス犬【チョコちゃん】

この日は、雪がチラチラと降っていました。

夕刻からのご火葬では、仙台市太白区土手内へ、ミックス犬のチョコちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お父様がおかえりになるのを待っての、チョコちゃんの旅立ち。

生前のお写真を拝見すると、笑顔のとっても可愛い子でした。とても人懐こい性格だったチョコちゃんに、ご家族様もいつも癒しをもらっていたことでしょう。

「大好きだよ」

と優しくお声がけをして、お別れをなされたご家族様。

家族皆様で、とても丁寧にお骨を綺麗に納めくださいました。

チョコちゃんらしいと、ブラウンの水玉骨壷カバーに納められました。

後日、ご家族様でアトリエまで足をお運びくださり、チョコちゃんのお仏壇をご用意くださいました。

家族として一緒に過ごした思い出は、たとえチョコちゃんが旅立ってしまっても、決して色褪せることはありません。

大切に育ててくれた皆様のことを、これからもチョコちゃんは、虹の橋から見守り続けてくれることでしょう。

仙台市太白区袋原のチワワ【そらちゃん】

昨年、チワワのパールちゃん、メルちゃん、ケンシロウちゃんと、ふくふくやまでお見送りをさせていただいた兄弟ワンちゃんの末っ子のそらちゃん。

兄弟たちの旅立ちから程なくして、この日、みんなの待つ虹の橋へと旅立って行きました。

とてもおっとりした性格だったそうで、兄弟たちが旅立った後のご家族様の心の支えとなってくれていた子でした。

晩年は介護もほとんどなく、長生きをして頑張ってくれたと、そらちゃんとの日々を振り返っていたご家族様。

「ただ、立て続けに兄弟犬たちを見送るのは辛いね・・・」

と、涙のお別れとなりました。

しっかりと残ったそらちゃんの生きた証であるご遺骨。

一部は分骨カプセルに分けられ、ご家族様で丁寧にお骨上げをしてくださいました。

ご家族様、ご親戚の皆様にたくさんの幸せをくれたチワワ兄弟たち。

今頃虹の橋の麓で寄り添いながら、皆様の様子を見守ってくれていることと思います。

仙台市太白区青山のヨークシャーテリア【シルフィちゃん】

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区青山へ、ワンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ヨーキーのシルフィちゃん、14歳の女の子でした。

普段は別の場所で暮らすお孫さんとお母様も、シルフィちゃんのお別れに駆けつけてくださいました。

最期まで懸命に息をしていたシルフィちゃん。

「頑張らなくていいんだよ。」

とご家族様から優しくお声をかけられて、安心したように、眠るように腕の中で旅立って行きました。

いつもご家族様の膝の上がお気に入りで、特にお父様にとっても懐いていたそうです。

お花を添えて、旅立ちを見送られたご家族様。シルフィちゃんがくれたたくさんの思い出や笑顔は、これからもご家族様に心の中で、輝き続けることでしょう。

仙台市太白区青山のハリネズミ【ガロちゃん】

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区青山へ、ハリネズミのガロちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

間も無く日暮れを迎える夕刻、ご家族様でお立会いいただいたセレモニーでは、涙のお別れとなりました。

綺麗にお花を飾り、お花やおやつを添えて、ガロちゃんの旅立ちを見送られたご家族様。

「しっかり残ったね。」

とお骨をご覧になって、無事ご家族様で見送られたことを安心されたようにおっしゃっていました。

ご家族様からのたくさんの愛情を受けて育ってきた生涯を終え、ガロちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区東大野田のチワワ【チップちゃん】

よく晴れた午前中でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区東大野田へお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、チワワのチップちゃん、12歳の男の子でした。

ご家族様三人でお見送りをしてくださり、悲しみも大変大きいご様子で、お骨上げまで一任でのご火葬となりました。

大きな瞳のチップちゃん。優しい眼差しが見つめてきたご家族様の笑顔、毎日の暮らし・・・共に過ごした時間が、人と動物との垣根を超えて、本当の家族にしてくれていたのだと思います。

チップちゃんのお身体の周りには、お花やおやつを飾ってお別れをしていらっしゃいました。

ご家族様からの祈りに包まれながら、チップちゃんは天高く、虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区西多賀のミニチュアダックス【チップちゃん】

この日の夕方からのご火葬では、仙台市太白区西多賀のミニチュアダックスフント・チップちゃんのお見送りのお手伝いをさせていただきました。

14歳と長生きの女の子でした。

とても安らかなお顔で眠るチップちゃん。

最期はお母様の腕の中で、そっと息を引き取ったそうです。

大切に育ててくださったご家族様の腕の中で、チップちゃんにとってこれほど安心できる最期の瞬間はなかったことでしょう。

カゴ棺にお身体を納めたのち、娘さんが準備してくださったお花でお顔の周りを飾って、おやつも添えてチップちゃんの旅立ちを見送られました。

ご家族様に愛されて育ってきた14年間の生涯。

「大切にしてくれてありがとう。」という思いで、チップちゃんは虹の橋へと旅立って行ったことでしょう。

仙台市太白区人来田のMダックス【ナナちゃん】
この日の午前中は仙台市太白区人来田のミニチュアダックスフント・ナナちゃん13歳の訪問火葬にお伺いさせていただきました。
ナナちゃんはお誕生日にトリミングに行き、翌日の大みそかにお亡くなりになられたとのこと。
つやつやの柔らかな毛に、ピンクの可愛らしいリボンを付け、ふわりと優しいシャンプーの香りに包まれていました。
 
お父様とお母様がナナちゃんの大好きなリンゴとミカンを添えられました。「最初は娘が飼っていたんだよ」とお父様は立ち合えなかった娘さんの分もお線香をたてられ見送られました。
 
ご家族皆の愛情に包まれナナちゃんは、天高く虹の橋へと旅立っていきました。
仙台市太白区長町南のジャンガリアンハムスター【まりんちゃん】

この日は、雪の降る中での旅立ちでした。

ふくふくやまにてお見送りさせていただきました子は、ジャンガリアンハムスターのまりんちゃんでした。

お子様お二人とお母様で、まりんちゃんの旅立ちにお立会いくださいました。

ご用意されたお花と、おやつをまりんちゃんのお身体の周りに添え、メッセージカードには共に過ごした感謝の気持ちを綴ってくださったご家族様。

体は小さくても、大きな大きな存在感だったまりんちゃんの旅立ちを、愛情いっぱいに見送ってくださいました。

ご火葬後も、ご家族様で丁寧に収骨してくださいました。

「こんなに小さいのに、ちゃんとお骨が残るんだね。」

とお話しされながら、ピンセットを使って丁寧にお骨壷に納めてくださいました。

動物と暮らす楽しみ、幸せ、大変さ、別れの寂しさ、そして心が繋がる大切な絆を教えてくれたことでしょうまりんちゃん。

可愛らしいその眼差しは、ご家族様の心の中で、いつまでも輝き続けてくれることでしょう。

仙台市太白区砂押町のうさぎ【なめこちゃん】

この日の朝からは、仙台市太白区砂押町のうさぎ・なめこちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

動物が大好きなご家族様で、玄関先にはたくさんの水槽に熱帯魚を飼われていらっしゃいました。

愛情いっぱいのご家族様から大切に育てられて来たなめこちゃん。

お兄様がきのこが好きなのでと、「なめこちゃん」と名付けられたそうです。

ご家族皆様で涙されながら、穏やかに眠るなめこちゃんのお身体にお花やおやつを添えて旅立ちを見送られました。

冬の朝空に天高く旅立っていったなめこちゃんは、これからも虹の橋から、ご家族様や共に暮らしたたくさんの動物たちを、優しい眼差しで見守り続けてくれることでしょう。

仙台市太白区長町南のチワワ【ミルクちゃん】

すっかり辺りも暗くなった夕方、この日ふくふくやまでは、仙台市太白区長町南へ、チワワのミルクちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

11歳の男の子でした。

ご自宅に伺うと、息子さんがそばでミルクちゃんを撫でながらお別れをされていらっしゃいました。

周囲にたくさんのお花とお手紙を添えられ、ミルクちゃんが旅立ちの際に寂しくないようにと愛情込めてご準備をされたご様子がうかがえました。

ご自宅がマンションだったため、他の入居者様に配慮されたいと、ミルクちゃんをお預かりしてご火葬後、ご返骨に上がらせていただくことにさせていただきました。

「くれぐれもお願いいたします。」

と涙でお別れをされたご家族様。

ご火葬後のミルクちゃんのお骨は、無事ご家族様の元へと帰って行きました。

お骨になって帰っていったミルクちゃんを抱きしめて、

「これから頑張ります。」

と、ミルクちゃんが旅立った後の生活もしっかり前を向いて歩んで行かれようと、涙で決意をお話しくださいました。

仙台市太白区秋保町の猫【ミーチェちゃん】

からりとした冬の冷たい風が頬を撫でる1日でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区秋保町の日本猫・ミーチェちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

15歳と、長生きをして頑張った男の子でした。

体の大きなミーチェちゃん。ご家族様にとって、存在感もとても大きかったことでしょう。

ご家族様のみならず、ご家族のご友人様にも愛されて育って来たミーチェちゃん。

ご友人様もお見送りに駆けつけてくださり、一緒にお別れに立ち会ってくださいました。

ご火葬中は、ご自宅の窓越しに陽炎となって天に昇っていくご様子を、終始見守ってくださっていました。

ご火葬後、しっかりと残ったミーチェちゃんの生きた証は、皆様の優しい手によって一つ一つ丁寧に、お骨壷に納められました。

生涯に関わってくれたご家族様やお友達のことを、これからもミーチェちゃんは虹の橋から見守り続けてくれることでしょう。

仙台市太白区西中田のミニチュアシュナウザー【ちぷりちゃん】

冬の星空が、キラキラと瞬きながらこの日のワンちゃんの旅立ちを見守ってくれているようなこの日。

ふくふくやまでは、仙台市太白区西中田のミニチュアシュナウザー・ちぷりちゃんのお見送りのお手伝いをさせていただきました。

あまりお身体をそのまま置くのはお辛くなるからと思われたのでしょう。そっと息を引き取ったその当日に、ご家族様からご連絡いただき、その夜にご火葬にお伺いさせていただきました。

まだぬくもりの残るお身体に触れ、娘さん達と一緒に皆様でお花を添えて、お別れを告げられていたご家族様。

「まだ生きているんじゃないの?」

と、ちぷりちゃんの旅立ちをまだまだお心が受け入れがたいご様子でおっしゃっていましたが、ご家族様同士でなだめ合いながら、慰めあいながら、ちぷりちゃんを見送られました。

輝く星の一つとなったちぷりちゃんは、これからもご家族様の毎日を照らし続けてくれることでしょう。

仙台市太白区郡山の猫【ぷりんちゃん】

晴れた冬の青空が広がっていました。

この日の午前中からのご火葬では、仙台市太白区郡山へ、猫のぷりんちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

14歳の女の子でした。

少し臆病なところもあったというぷりんちゃん。ご家族さまにはとても甘えん坊だったそうです。

一緒に過ごした14年間に咲く思い出を振り返るように、カゴ棺に綺麗に敷き詰められたたくさんのお花。

涙を瞳に浮かべながら、静かにお別れを告げられていたお母様が、感謝の気持ちを込めてご用意くださいました。

ご火葬後のぷりんちゃんのお骨は、ベージュの水玉骨壷に納めさせていただき、ご家族様の元へとご返骨させていただきました。

たくさんのお花を両手に抱えて、ぷりんちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区砂押町の猫【ちゃちゃちゃん】

この日は、仙台市太白区砂押町へ、猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、猫のちゃちゃちゃんでした。

子猫の時に譲り受けてから、家族として大切に育ててきたというちゃちゃちゃん。

女の子だけれど、男の子みたいに元気で活発だったそうです。

3年前にリンパ腫が見つかり、もう1年くらいしか持たないのではと病院で告げられてからも、嫌いだった動物病院だけれど通院を繰り返して、本当に長い間頑張ってくれました。

すっと眠るように横になって、ご家族様に見守られて息を引き取ったそうです。

労いと、共に過ごした感謝の気持ちを込めて、おやつやお花を添えて涙でお別れをされたご家族様。

ちゃちゃちゃんにもらった宝物のような人生のひと時の思い出は、これからも皆様のお心の中で輝き続けることでしょう。

仙台市太白区中田町の猫【ベンジーちゃん】

この日は、大往生の猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、仙台市太白区中田町の猫・ベンジーちゃん、18歳半の男の子でした。

ご自宅の近くで捨てられていたところを見かねて、ご自宅に連れてこられたのが出会いだったそうです。

とっても野生的な猫ちゃんで、よく畑からネズミを連れてきては食べていたんですよ、と、生前のやんちゃなご様子を懐かしむようにお話しくださったご家族様。

病気一つぜずの18年の大往生。騒がしくて大変だったけれど、飼い主としての役目を終えられて少しホッしたとおっしゃっていました。

長い年月を生き抜いたベンジーちゃんを労うように、お花を添えてお別れをなさいました。

ご火葬後のお骨は、木製骨壷にお納めして、ご家族様にお返しさせていただきました。

長年慣れ親しんだご自宅のお庭に埋めてあげるそうです。

仙台市太白区西多賀のフレンチブルドック【プルートちゃん】

穏やかに晴れた冬の夕方。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区西多賀へ、フレンチブルドックのプルートちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

5歳の女の子で、前日までは元気にしていたそうですが、突然の旅立ちとなってしまったそうです。

お別れの前に、お身体を拭いてあげていたご家族様。

お庭のラベンダーと、遊んでいたお気に入りのおもちゃを添えて、旅立ちを見送られました。

「この子に何もしてあげられなかったから・・・」

と、悲しそうにおっしゃっていましたが、5年間という生涯を家族の愛情いっぱいに育ってこられたプルートちゃんのお顔は、とても穏やかで安らかにお見受けできました。

共に過ごした宝物のような時間をくれたことでしょうプルートちゃんは、天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区西多賀のミニウサギ【クウォンちゃん】

晴天の午前中でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区西多賀のミニウサギ・クウォンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

娘さんとご両親が大切に育ててきたクウォンちゃん。

ご家族様でのお別れを終えた後、抱きかかえられて、火葬炉まで連れてきていただきました。

たくさんのお花を丁寧に飾り、好きだったバナナやリンゴを添えて、最後に一緒にと写真を撮られました。

9年間のかけがえのない思い出が心に溢れてきたのでしょう。

止まらない涙をぬぐいながら、そばでずっとご火葬を見守ってくださいました。

ご火葬後のクウォンちゃんのお骨は、ベージュの水玉骨壷に納められ、お骨の一部がご家族様で少しつづ分骨され、カプセルキーホルダーに納められました。

クウォンちゃんの大切な生きた証は、これからもご家族様お一人お一人のそばで、お守りのような存在として心の支えとなり続けてくれることでしょう。

仙台市太白区郡山のチンチラ【ふあふあちゃん】

穏やかに晴れた午後でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区郡山のチンチラ・ふあふあちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

いつもご家族様を癒してくれた、かけがえのない存在だったのでしょう。セレモニーではポロポロと涙を流しながらのお別れとなりました。

ご用意された可愛らしい花束を添えて、言葉少なく、旅立ちを見送られたご家族様。

ご自宅がアパートのため、別の場所でご火葬後、お骨あげをしていただきにご返骨にお伺い致しました。

ふあふあちゃんの大切なお骨、いつまでもそばに置かれたいお気持ちがあられたのでしょう。

「お骨はずっと自宅に置いておくと良くないと聞いたんですが、本当ですか。」

とご質問をいただきました。

大切なのは、ご家族様のお心です。見送られた皆様のお気持ちを大切にされることが、その子にとって一番の供養になると思います。

これからゆっくり、お気持ちが落ち着かれてから、ふあふあちゃんのご供養を悔いのない形でしていただけたらと願いながら、ご自宅を後にさせていただきました。

仙台市太白区長町南のミニチュアダックス【ちぃちゃん】

この日の午前中からのご火葬では、仙台市太白区長町南へ、ミニチュアダックスフント・ちぃちゃんのお見送りにお伺いさせてていただきました。

13歳の女の子でした。

「初めてのことでわからないことも多いのですが・・・」

と、お父様もご心配されているご様子でしたが、お伺いさせていただくまでの間にお見送りのご用意をされ、迎えられたちぃちゃんの旅立ちの時。

ご家族様六人で、それぞれの感謝の気持ちを伝えるように、ちぃちゃんの旅立ちを見送られました。

静かに眠るような横顔を見つめながら、セレモニーでは涙のお別れとなりました。

皆様からの祈りに包まれて、ちぃちゃんはよく晴れた青空に天高く、旅立って行きました。

仙台市太白区砂押町のラブラドールレトリーバー【ソフィアちゃん】

風のない秋の午後でした。

ふくふくやまではこの日、仙台市太白区砂押町のラブラドールレトリーバー・ソフィアちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

15歳と長生きの女の子でした。

若い頃はとてもやんちゃな子だったそうで、ご家族様がお仕事から帰ると、家の中のものが何か1つ必ず壊されていたそうです。若い頃のご様子を愛おしそうにお話しくださったご家族様。

最期はそばで看取られたそうで、とても悲しいけれど、穏やかな最期を看取ることができたから救いですとおっしゃっていました。

ソフィアちゃんをご火葬炉に寝かせる前、ご家族様に抱っこされて自宅外の階段を降りてくる様子を、心配そうに見ている一匹の猫ちゃんがいました。3ヶ月くらい前から迷い込んできた子だそうで、寝たきりのソフィアちゃんをいつも心配そうにそばで見守ってくれていた子だったそうです。

猫ちゃんも、永い眠りについたソフィアちゃんにお別れを言っていたのかもしれません。

皆様からの冥福の祈りに包まれながら、ソフィアちゃんは天高く、虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区郡山のMダックスフンド【レンちゃん】

夕暮れ時の旅立ち。

この日は、仙台市太白区郡山へ、ワンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ミニチュアダックスフント・レンちゃん、9歳の男の子でした。

古川に住む娘さんに調べてもらい、ふくふくやまにご火葬をご依頼くださいました。

ご家族様の代表で、お母様がレンちゃんの旅立ちに立ち会ってくださいました。

レンちゃんはとっても人懐っこい子だったそうで、ご近所の皆さんにもとても可愛がられていたそうです。

ご近所に住む小さな女の子もお別れに駆けつけてくださり、涙しながらおでこを撫でてあげていらっしゃいました。

ご火葬後、レンちゃんのご遺骨は土に還る木製骨壷に納めさせていただき、一部はカプセルに分骨をなさいました。

生前、たくさんの方から愛されて育ったレンちゃんは、皆様からの冥福の祈りを心に、虹の橋へと天高く昇って行きました。

仙台市太白区茂庭台のシーズー【癒依(ゆい)ちゃん】

この日は、仙台市太白区茂庭台へ、ワンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、シーズー犬の癒依(ゆい)ちゃん、もうすぐ17歳と大往生の女の子でした。

とても小柄な女の子で、ご自宅にいるもう一匹のシーズーちゃんのお姉さん的な存在だった癒依ちゃん。

おうちの中のルールや普段の暮らし方など、癒依ちゃんが色々と教えてくれていたことでしょう。

ご家族様四人で揃って、癒依ちゃんのお見送りにお立会いくださいました。

お花やメッセージカードを添えてお別れをなさいました。

ご家族皆様からのあたたかな祈りに包まれながら、癒依ちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区郡山のセキセイインコ【ピーちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区郡山のセキセイインコ・ピーちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

頬のふじ色の羽色がとても特徴的で、青い羽が美しいインコちゃんでした。

お見送りには、ご両親と娘さんがお立ち会いくださり、ピーちゃんの旅立ちをそばで見守っていてくださいました。

お手紙を添えてお別れをなさったご家族様。

ご火葬後のお骨は、娘さんが

「ピーちゃんにはブルーが良い」

と、選んでくださった水色の小動物用骨壷に納めさせていただきました。

現在、ピーちゃんのお写真から「ペットそっくりの羊毛フェルト人形 てのりっこCUTE」を製作中です。

ピーちゃんに似た姿形をしたお人形がお家に帰ることで、ご家族様がほっこりと笑顔になっていただければと願いながら、作家がひと針ひと針心を込めて製作させていただいております。

仙台市太白区八木山東のシーズー【サツキちゃん】

この日は、仙台市太白区八木山東へ、シーズー犬のサツキちゃんのお見送りへお伺いさせていただきました。

15歳半と、長生きをして頑張った女の子でした。

もともと小柄な子だったそうですが、晩年にはだんだんと痩せて、体重が半分ほどに減ってしまったそうです。

一緒に過ごした長い長い15年間の感謝の気持ちを伝えるようにお別れなされたご家族様。

ご火葬後、お骨上げの際には、サツキちゃんの産んだ子供のシーズーちゃんもそばで静かに見守ってくれていました。

「本当に小さいねぇ」

とお骨を見ておっしゃいながら、丁寧にお骨上げをしてくださいました。

サツキちゃんのお骨は、ピンクの水玉骨壷にお納めして、ご家族様の元へと帰って行きました。

仙台市太白区西中田のポメラニアン【サリーちゃん】

日差しは暖かいながらも、秋風が冷たく感じる時期となって来ました。

ふくふくやまではこの日、仙台市太白区西中田へ、ワンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ポメラニアンのサリーちゃんでした。

車に乗るのが大好きで、ご家族様と一緒に、日本全国を旅行されたそうです。

サリーちゃんが特に懐いていたというお父様は、定年されてからはいつもサリーちゃんのそばにいて、のんびりと穏やかな時を一緒に過ごされて来ました。

身体は小さくても、大きな存在感に、ご家族様はみんな、たくさんの笑顔をもらったことでしょう。

サリーちゃんのお身体の周りには、お花やおやつ、お手紙等を添えて、涙で見送られました。

ご火葬後、お骨壷に納めさせていただきましたお骨から少し分けて、分骨のカプセルにご遺骨を入れられました。

ご家族様で、形見・お守りとして持っておかれるとのことでした。

日本全国、各地に思い出がたくさんあるサリーちゃんとご家族様。一緒に走った道のりで築かれて来た家族の心の絆は、いつまでも繋がっていることでしょう。

仙台市太白区長嶺の猫【プーマちゃん】

すっかり日が暮れるのも早くなり、冬が近づいてくるのを感じられます。

この日の夜からは、仙台市太白区長嶺へ、猫のプーマちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

若くして旅立たれたプーマちゃん。心臓の病気だったそうです。

動物病院に連れて行き、ご家族様もたくさん看病をし、プーマちゃんを励ましながら、少しでも長く一緒に居られるようにと祈る思いで一緒に過ごしてこられたのでしょう。

立ち会ってくださったご家族皆様で、お花を周りに添えてお別れを告げられました。

たくさん食べてねと、フードもたくさん持たせてもらったプーマちゃん。

大切にしてくださるご家族様と出逢っていなければ、持病の進行が早く成猫にもなれなかった生涯だったかもしれません。

優しく「ありがとう」とプーマちゃんに語りかけたご家族様。手厚く育ててもらったからこそ、ここまで生き続けることができたのではと感じずにはいられない、愛情に溢れた言葉でした。

ご家族様にとって悲しみも大きいことと思いますが、プーマちゃんにもらったたくさんの笑顔と思い出に感謝の気持ちで見送っていただければと願いながら、お見送りのお手伝いをさせていただきました。

たくさんの愛情に包まれながら、プーマちゃんは夜空へと天高く旅立って行きました。

仙台市太白区茂庭の猫【ホームズちゃん】

明るい日差しが降り注ぐ、穏やかな午前中でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区茂庭へ、猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせて頂きました。

お見送りさせて頂きました子は、猫のホームズちゃん、16歳と長生きをして頑張った女の子でした。

お父様お母様、娘さんの3人で、ホームズちゃんのお見送りにお立ち会いくださいました。

綺麗なお花とメッセージカードを添えてお別れなされたご家族様。

「10月に予防接種のため動物病院に検診に行く予定だったので、

もしかしたら病気していたのかなぁ、もう少し早く行ってあげていればよかった・・・」

とお話しくださったご家族様。

大好きな家族に心配をかけないためにと、ホームズちゃんも頑張ってきたのでしょう。

それでも、16歳と大往生でした。ホームズちゃんの想いを受け止めて、後悔ではなく頑張ったねと労いの気持ちで偲んでいただければと願い、お見送りをお手伝いさせて頂きました。

仙台市太白区西多賀のコーギー【ミルクちゃん】

秋の穏やかな夜空が広がっていました。

この日の夜からのご火葬では、仙台市太白区西多賀へ、コーギーのミルクちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

14歳半と大往生の女の子でした。

食いしん坊だったというミルクちゃん。

目を離したスキに、買い物袋の中の白菜をかじって食べているというやんちゃな一面もあったそうで、いろんな仕草や行動に、いつも笑顔にしてもらっていたことでしょう。

ご家族様がお風呂に入ると、お風呂の前で待っていてくれる優しい子だったそうです。

ミルクちゃんの旅立ちには、一関に単身赴任されているお父様もかけつけられ、ご家族皆様で見送られました。

花束や果物、パンやドーナツなど、食いしん坊だったミルクちゃんに虹の橋でもたくさん食べていて欲しいと願いを込めて、ミルクちゃんのお身体の周りに添えてくださいました。

ご家族様に持たせてもらった大好物をおなかいっぱい食べながら、これからもミルクちゃんは皆様の毎日を見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区袋原のチワワ【ネオちゃん】

よく晴れた日。お昼前にお伺いさせていただきましたご火葬では、仙台市太白区袋原のチワワ・ネオちゃんの旅立ちを見送らせていただきました。

涙が止まらないご様子のお父様が、ネオちゃんの身体を抱っこして、火葬車のところまで連れて来てくださいました。

遠方から悲報を聞いて帰ってこられた娘さんも、翌日にはまた帰らなくてはいけないので、今日家族で見送りたいと、ご火葬をご依頼くださいました。

お庭に咲いた、よく嗅いでいたお花を添えて、別れを告げられたご家族様。

ご火葬後、ネオちゃんのお骨のおでこの部分を撫でてあげていらした娘さん。生前の愛おしい姿を想っているご様子でした。

最期の旅立ち、ご家族様が駆けつけて皆様で立ち会ってくださったことは、きっとネオちゃんもしっかりとわかっていることと思います。

皆様からの愛情に包まれながら、ネオちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区東中田の猫【まる子ちゃん】

この日、午後からのご火葬では、仙台市太白区東中田へお邪魔させていただきました。

お見送りさせていただきました子は、猫のまる子ちゃん、21歳と大往生の女の子でした。

21年の長い長い年月。ご家族様と共に、たくさんの思い出を作ってきたことと思います。

ご家族皆様でそろって、お別れの写真を撮られ、まる子ちゃんの旅立ちを見送られました。

たくさんのお花に囲まれて眠る姿はとても安らかでした。

好きだったバターやポテトチップスも持たせてもらって、まる子ちゃんは虹の橋へと旅立ちました。

ご火葬後、まる子ちゃんのお骨をご覧になって、

「しっかりした骨だね」

と、生前の姿を偲びながら、ご遺骨を丁寧に拾ってくださり、ベージュの水玉骨壷に納められました。

おばあちゃんになるまで、本当に大切に育ててもらってきた感謝の思いを心に、まる子ちゃんは旅立って行ったことでしょう。

仙台市太白区鹿野本町のミックス犬【ティナちゃん】

風が冷たく感じてきた秋のこの日。

ふくふくやまでは、仙台市太白区鹿野本町へ、ご長寿ワンちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ミックス犬のティナちゃん、19歳と大往生の女の子でした。

一時は20kg以上あった体重も、だいぶ痩せて10kgまで落ちてしまったそうです。

痩せながらも、天寿をしっかりと全うして頑張ってくれました。

元気な時は、毎日1時間以上散歩されていたそうです。それでも、もっと歩きたいというティナちゃんを、たくさん散歩させていたご家族様。19年、共に歩いた道は、雨の日もあれば、雪の日もあったことでしょう。

ご家族様が笑顔の時も、時には落ち込んでいる時にも、いつも変わらずそこには寄り添って歩いてくれるティナちゃんの姿があったに違いありません。

様々な思い出が溢れているかのように、涙しながら花束とメッセージカードをティナちゃんのお身体の周りに添えて、お別れなさいました。

ご家族様からのたっぷりの愛情に包まれながら、ティナちゃんは天高く、虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区長町のネザーランドドワーフ【さくちゃん】

秋晴れの午後。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区長町へ、うさぎちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ネザーランドドワーフのさくちゃん、6歳の男の子でした。

ご自宅近くの公園で待ち合わせをさせていただき、小さなお子様もご一緒に、ご家族様にもお見送りにお立会いいただきました。

さくちゃんのお身体の周りには、好きだった小松菜やフードを添えてお別れをなさいました。

ご火葬後、さくちゃんのお骨は、お子様と一緒ピンセットで丁寧にお骨壷にお納めくださいました。

ご家族様に見守られながら、さくちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区長町の猫【ブッチーちゃん】

金木犀の香りが漂う秋の夕暮れでした。

この日、ご火葬に伺いお見送りさせていただきました子は、猫のブッチーちゃん、LA生まれの猫ちゃんでした。

ご家族様と一緒に過ごした期間は2年とちょっとだったそうですが、かけがえのない家族の一員として、色濃い時間を過ごしてきました。

「眠っているみたいだね・・・」

と寂しそうに、何度も体を撫でて、手の温もりから言葉では表せないほどの感謝の気持ちを伝えられるように、お別れなさいました。

周りにお花を綺麗に飾って貰ったブッチーちゃんの表情は、とても安らかでした。

 

ご火葬後、ブッチーちゃんのご遺骨はピンクの水玉骨壷に納められ、皆様でご遺骨の一部を手元にとって置かれるようにと分骨をされていらっしゃいました。

ご家族様の愛情に包まれて旅立ったブッチーちゃんは、これからも虹の橋から、ご家族様の毎日を見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区柳生のトイプードル【ピーチちゃん】

日が沈むのがすっかり早くなったと感じるこの日。

ふくふくやまでは、仙台市太白区柳生のトイプードル・ピーチちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

晩年は、ガンと闘っていたというピーチちゃん。

ピーチちゃん自体ももちろんのこと、看病し、通院をさせ、見守ってきたご家族様の献身的な努力も計り知れません。

お別れの際には、大好きだったローストビーフのお肉や、綺麗なお花を添えて、お別れをなさったご家族様。

ご火葬後のご遺骨は、コンパクトにしてずっと手元に置いておきたいと、パウダーにされたのちピーチちゃんらしいピンクの骨壷カバーに納められました。

ピーチちゃんをいつもそばにと感じられるように、ペットのお写真から作る羊毛フェルト人形キーホルダー「てのりっこPetit」をご依頼くださいました。現在、作家がピーチちゃんのお写真を見ながら、面影を感じていただけるよう心を込めて製作しております。

晩年、ピーチちゃんが食べていたというフードや生活用品を、保護施設の子達に使ってくださいと、支援物資としてお預かりさせていただきました。

穏やかな秋の夕空へと天高く、ご家族様に見守られながら、ピーチちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区長町の猫【ミーちゃん】

この日の午前中は、ご長寿猫ちゃんのお見送りに仙台市太白区長町へとお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきましたこは、猫のミーちゃん、16歳の女の子でした。

「息子が一番可愛がっていたんです。」

と、肩を落とす息子さんを心配されているご様子のご両親が、ミーちゃんのお見送りにお立ち会いくださいました。

ご自宅がマンションだったため、一緒に別の場所へ移動されて、旅立ちを見守ってくださいました。

とっても静かな子だったというミーちゃん。ご家族みなさまにとって、癒しの存在だったそうです。

悲しさで言葉少ないご様子でしたが、息子さんも一緒にお骨上げをしてくださり、ミーちゃんの大切な生きた証を大切にお骨壷にお納めくださいました。

16年という長い長い歳月を共に過ごしたミーちゃんの存在は、これからもご家族様の心の中で、優しい眼差しで生き続けてくれることでしょう。

仙台市太白区山田のアフリカオオコノハズク【ポポロちゃん】

この日の午後からのご火葬では、仙台市太白区山田のアフリカオオコノハヅク・ポポロちゃんのお見送りのお手伝いをさせていただきました。

ご家族様がご用意くださったたくさんのお花に囲まれて旅立ちの時を迎えたポポロちゃん。

猛禽類であるコノハヅクを育てているご家庭がまだ珍しく、ご飯の準備や育て方など、時には大変なこともあったことと思いますが、家族の一員としてかけがえのない時間とたくさんの思い出をくれたことでしょう。

愛情いっぱい大切に育ててこられたご様子で、最後もご家族様でしっかりと見届けてくださいました。

ご家族様だけでの最後のお別れの時間。込み上げてきた涙が溢れきてしまったご様子で、ポポロちゃんとの時間を過ごされました。

ご火葬後、ポポロちゃんのお骨は、ピンク色のちいさな骨壷にお納めしてお返しさせていただきました。

雨が去った宮城の青空へと天高く、ポポロちゃんは羽ばたいて行きました。

仙台市太白区日本平のポメラニアン【空(くう)ちゃん】

雲が太陽を覆う午後、この日の夕方は、仙台市太白区日本平のポメラニアン・空ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

17歳と、大変長生きをして頑張った男の子でした。

ご家族様も悲しみが大変大きく、お別れを言葉に出すのがお辛いご様子でした。

真っ白でふわふわのカットされた毛の空ちゃん。

「なんだか眠っているようだね・・・」

と、17年間を共に過ごした大きな大きな存在の旅立ちを惜しまれました。

お花と、お母様の書いたメッセージカードを添えてお別れをなさったご家族様。

皆様に見守られて旅立った空ちゃんは、秋の夕空へと天高く登って行きました。

仙台市太白区山田のミックス犬【ナナちゃん】

秋らしい穏やかな陽気の朝でした。

この日の午前中のご火葬では、仙台市太白区山田へ、ワンちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

青空へと旅立っていった子は、ミックス犬のナナちゃん、17歳の女の子でした。

ご火葬の際には、お母様がお孫さんと一緒に立ち会ってくださいました。

ナナちゃんは、とても温厚で優しい性格で、一度も人を噛んだことのない穏やかな子でした。

お孫さん達が遊びにくるのが嬉しくて、楽しくてはしゃぐ一面もあったそうです。

「そばで看病されていた息子が、最期痛かったのか、何か伝えたかったのかわからないけれど、ナナに初めて噛まれたそうなんです。」

と、ナナちゃんの晩年のご様子をお話くださいました。

息子さんは、亡くなる時までそばにいて看取ってあげていたそうです。

お見送りに立ち会えなかった息子さんのぶんも、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えながら、頭を撫でてお別れをなさいました。

大好きなおやつと、綺麗なお花を添られて旅立ったナナちゃんは、17年間の感謝の思いを胸に、天高く昇って行きました。

仙台市太白区門前町のヨークシャテリア【友(ゆう)ちゃん】

曇り空の広がる午後でした。

この日は、仙台市太白区門前町のヨークシャーテリア・友ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。
16歳と長生きの女の子でした。

ご家族様がお家を空けて帰ってくると、静かに旅立たれていたそうです。

とても小さな身体で懸命に生きていたご様子で、横たわった友ちゃんは、安らかなお顔で眠っていました。

たくさんの感謝の気持ちを込めて、お花とおやつを添えてお別れをなさったご家族様。

友ちゃんのお骨は、分骨用カプセルに一部が分骨され、ピンクの水玉骨壷に納めてご返骨させていただきました。

曇り空の向こう側の虹の橋へと天高く、友ちゃんは旅立って行きました。

仙台市太白区四郎丸のチワワ【ケンシロウちゃん】

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区四郎丸のチワワ・ケンシロウちゃんの旅立ちのお手伝いをさせていただきました。

今年、お見送りさせていただきましたチワワのパールちゃん、めるちゃんのきょうだいチワワちゃんでした。

北斗の拳からとった名前というケンシロウちゃん。登場人物のケンシロウの子供の頃のように、目がクリクリしていたそうです。

「体格の大きな男の子で、たまに通りがかりの人にチワワだとは思われず、雑種なんじゃないのと間違えたりもされていたんですよ。」

と、ケンシロウちゃんの愛らしいエピソードをお話しくださったご家族様。

ご家族様で、セレモニーでは涙のお別れとなりました。

ご火葬後、一部のお骨をカプセルに分骨され、ご家族様で一つ一つ丁寧にお骨上げをなさり、お骨壷にお納めくださいました。

肩のところに白い毛の模様があったそうで、お骨上げで肩甲骨を拾いながら、「たくさん撫でたところだね・・・」と、生前の姿を思い出されていらっしゃいました。

ご家族様それぞれの世帯で、きょうだいワンちゃんを協力して育ててこられた皆様。

一緒に生まれたからには一緒に歳をとるからこそ、お別れも立て続けになってしまいお寂しいことと思いますが、皆様それぞれに愛情いっぱい育てられたきょうだい達は、今頃虹の橋できっと再会していることと思います。

ご家族様の思い出話をしながら、皆様のご様子をいつまでも見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区長嶺のMダックスフンド【空ちゃん】

雨の降る午前中でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区長嶺にお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、ミニチュアダックスフントの空ちゃん、15歳と長生きの女の子でした。

とっても人懐っこい性格で、ご近所の方からも皆様から愛されていたそうです。

ご火葬の際、ご自宅の前を通りかかったご近所の方も、空ちゃんの訃報を聞いてお線香をあげてくださいました。

ご火葬後、涙で声を詰まらせながらも、一つ一つ丁寧にお骨あげをされ、空ちゃんとの思い出を語り合ったご家族様。

ご家族様が愛情いっぱい育ててこられたからこそ、空ちゃんはたくさんの方から愛されたのでしょう。

皆様からの祈りに包まれながら、空ちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区中田のジャックラッセルテリア【メルちゃん】

この日の夜からは、仙台市太白区中田へワンちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ジャックラッセルテリアのメルちゃん、15歳と長生きの男の子でした。

晩年はだいぶ食が細くなってしまったそうですが、なんとか少しずつでも栄養を摂ってほしいと、高齢犬用の高栄養フードをたくさん準備なさって献身的に介護をなさっていたそうです。

涙でお別れを告げられ、メルちゃんの旅立ちを見送られました。

たくさん余ってしまったというフード。動物保護施設で暮らすワンちゃんの為にと、寄付としてお預かりさせていただきました。

後日、仙台市の動物保護施設「アニパル仙台」さんへとお届けさせていただきました。

元気に駆け回っていたメルちゃんはいつまでもご家族様の心で生き続け、メルちゃんがおすそ分けしてくれた支援物資が繋いでくれた命は、これからも宮城のどこかで輝いていてくれることでしょう。

仙台市太白区長町のミニチュアシュナウザー【ブリッジちゃん】

秋らしい穏やかな夕方でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区長町のワンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ミニチュアシュナウザーのブリッジちゃん、11歳の男の子でした。

お子様たちも一緒に、ご家族様でブリッジちゃんのご火葬にお立ち会いくださいました。

お花とおやつをお身体の周りに添えて、旅立ちを見送ってくださいました。

ご火葬後、ブリッジちゃんのお骨はパウダー加工をさせていただき、ご家族様にご返骨させていただきました。

一緒に過ごしたかけがえのない時間、ご家族様にたくさんの笑顔と思い出をくれたブリッジちゃんは、これからも虹の橋からご家族様の毎日を見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区鈎取本町の猫【弥七ちゃん】

ご家族様のお仕事前にと、猫ちゃんのご火葬で仙台市太白区鈎取本町へ向かわせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、男の子猫の弥七ちゃんでした。

水戸黄門の登場人物の名前から名付けたという弥七ちゃん。

いつも心を癒してくれた大切な存在だったことでしょう。

突然のお別れとなってしまったそうで、まだまだお気持ちの整理も出来ていないご様子でしたが、しっかり最期まで見送りたいとお仕事に出られる前にお別れに立ち会えるよう、ふくふくやまにご火葬をご依頼くださいました。

セレモニーでは涙を流されてお別れをされました。

ご火葬後、いつも弥七ちゃんを身近に感じられるようにと、分骨カプセルと、羊毛フェルトキーホルダーの「てのりっこPetit」をご依頼くださいました。

ご家族様の元へ少しでも早く帰れるようにと、現在作家が心を込めて制作させていただいております。

仙台市太白区大野田の猫【コロちゃん】

晴れた午前中でした。

この日は、仙台市太白区大野田へ、猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、小柄な猫のコロちゃん、13歳の子でした。

カリカリのフード以外は一切食べなかったというコロちゃん。

とっても可愛がっていたご様子で、最期は安らかなその寝顔に、たくさんのお花を飾ってお別れをなさったご家族様。

ご火葬後、「お骨上げもしっかりみんなでしてあげよう。」と、一つ一つ丁寧に皆様でお骨壺に納めてくださいました。

ご遺骨がご自宅にあるのも辛くなってしまうのでと、その後パウダーにしての海洋散骨をお引き受けさせていただきました。

最後に骨壷を皆さんで抱きしめて、コロちゃんの大切な生きた証とお別れをなさいました。

その後、アトリエにてパウダーにさせていただきましたコロちゃんのお骨は、仙台市内の海岸から、大海原へと自然に帰って行きました。

仙台市太白区ひより台の猫【ベルちゃん】

この日の午後からのご火葬では、仙台市太白区ひより台へお伺い致しました。

旅立ちを見送らせていただきました子は、猫のベルちゃん・17歳と大往生の男の子でした。

ご自宅までお伺いすると、ご家族様の代表でお父様がベルちゃんを抱いて、ご火葬炉のところまでお連れくださり、お身体の周りにお花やおやつを飾ってくださいました。

他のご家族様は別れがお辛いご様子で、玄関先にてベルちゃんにお別れを告げ、ご自宅の中から見守ってくださいました。

ご家族様それぞれにとってきっとベルちゃんは特別な存在で、辛い時も、笑顔でいっぱいの時も、いつもそっと寄り添っていてくれたことでしょう。

17年という長い歳月、ベルちゃんのお身体をしっかりと支えてくれたお骨。

ご火葬後はご家族皆様で、静かにお骨を拾ってくださいました。

ベルちゃんの生きた証は、ベージュの水玉骨壷に納められ、ご家族様の優しい腕の中へと帰っていきました。

仙台市太白区緑ケ丘のスコティッシュフォールド【ロミオちゃん】

しとしとと小雨が降る中、ふくふくやまでは、仙台市太白区緑ヶ丘の猫ちゃんを、訪問ペット火葬にてお見送りさせていただきました。

この日旅立った子は、スコティッシュフォールドのロミオちゃん、14歳の男の子でした。

お豆腐屋さんのご夫婦に育てられ、愛情いっぱいの生涯を送ってきたロミオちゃん。

旅立ちに立ち会ってくださったご家族様は、別れを惜しんで目を赤くして出てこられました。

たくさんのおやつやお花を添えて、「ありがとう」と優しく声をかけながらお別れをなさいました。

ご自宅の駐車スペースをお借りし、そこから旅立って行くロミオちゃんを、ご家族様はお仕事をしながら側で見守ってくださいました。

お骨上げの時には空も晴れ、ロミオちゃんが

「無事虹の橋に着いたから安心してね。泣かないで、笑顔でいてね。」

と言ってくれているかのような雨上がりでした。

仙台市太白区中田のキャバリア【Mintちゃん】

曇り空の広がる午後でした。

この日は、仙台市太白区中田へと、キャバリアちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、10歳のMintちゃんでした。

ご自宅内でお別れを告げ、涙を拭きながらMintちゃんを抱えてマンションの1階まで降りてきてくださいました。

Mintちゃんのお見送りには、ご家族様お二人でお立ち会いくださり、眠るように穏やかなお顔の周りに、可愛らしいブーケと感謝の思いを綴ったお手紙を添えてくださいました。

ご自宅がマンションのため、ご近所の方に配慮させていただき、別の場所でご火葬したあと、ご返骨に上がらせていただきました。

ピンク色の水玉骨壷に納められ、ご家族様の優しい腕の中へ帰って行ったMintちゃん。

これからもご家族様の心の中には、元気いっぱいで穏やかな笑顔のMintちゃんが生き続けていることでしょう。

仙台市太白区日本平のシーズー【メリーちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区日本平のシーズー・メリーちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

16歳と長生きの女の子でした。

ご年配のお母様が飼われていたシーズーちゃんで、メリーちゃんの訃報を受け、ご親族の方がご火葬を調べて、ふくふくやまに葬儀のご依頼をくださいました。

ご自宅が住宅街だったため、別の場所に移動をさせていただき、お骨壷にお骨を納めてご返骨に上がりました。

「お骨を見せてくれる?」

とお母様がおっしゃり、お骨壺を開いてメリーちゃんのお骨をご覧になりました。

「悲しすぎて、今まで涙も出なかったけれど・・・」

とお骨をご覧になった途端に涙が溢れていらっしゃいました。

大切に大切に育ててきた子だったそうです。

お母様からのたくさんの愛情と感謝の気持ちを心に、メリーちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行ったことでしょう。

仙台市太白区郡山のチワワ【ナナちゃん】

この日、夜からのご葬儀では、仙台市太白区郡山のチワワ・ナナちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

「皆仕事をしているので、夜の時間しか都合が合わないので、来てもらえて良かったです。」

と、ご家族様もお寂しいお気持ちが大きいことでしょうに、スタッフに気遣いあたたかいお言葉をかけてくださいました。

闘病をしていて、病院に連れていったそうですが、老齢のため手術する体力もあるかどうか分からないと告げられ、最期は穏やかに迎えさせたいと、ご自宅に連れて帰ってこられたそうです。

ご家族様に見守れられる中、静かに旅立ったナナちゃん。

お見送りの際には、大好きだったおやつや、バラの花をお身体の周りに添えられ、旅立って行きました。

ご家族様に見守られる中、ナナちゃんは夏の夜空へ天高く昇って行きました。

仙台市太白区中田のチンチラ【トトちゃん】

この日の夕方からは、17歳と大往生だった猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、チンチラのトトちゃんでした。

「これさえ食べていれば長生きしますよ。」

と動物病院に勧められたフードだけを与えていたそうですが、嫌がることもなく、病気一つせず生涯を全うしてくれました。

物静かな子で、家族として迎えた当時は鳴くことさえできなかったそうです。

それでも、寄り添って一緒に過ごしたその存在感はとても大きいものだったことでしょう。

「これから寂しくなります。」

と、お骨上げの時に、お心内をお話しくださいました。

ご家族皆様で一緒に、一つ一つ丁寧にトトちゃんのお骨を収骨してくださいました。

17年という長い歳月を共に過ごした、ご家族様からの感謝の気持ちを心に、トトちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区金剛沢のアビシニアン【うめたろうちゃん】

ようやく梅雨らしい気候となり、この日は小雨の降る中でのご葬儀となりました。

お見送りさせていただきました子は、仙台市太白区金剛沢のアビシニアン(猫)・うめたろうちゃん、7歳の男の子でした。

ご家族様3人で、うめたろうちゃんの旅立ちにお立ち会いくださり、お庭のお花とメッセージカードを、お身体の横に添えてくださいました。

静かに頭を撫でながら、一緒に過ごした感謝の気持ちを伝えるようにお別れをなさったご家族様。

ご火葬後、うめたろうちゃんのお骨は、土に還る木製骨壷に納めてご返骨させていただきました。

慣れ親しんだご自宅のお庭に埋葬してあげる予定だそうです。

ご家族様をいつもそばに感じられるお庭から、これからもうめたろうちゃんは皆様の毎日を見守ってくれることでしょう。

仙台市太白区西多賀のトイプードル【マロンちゃん】

曇り空の広がる夕方でした。

この日は、仙台市太白区西多賀へお伺いし、トイプードルのマロンちゃんのお見送りをさせていただきました。

13歳の女の子でした。

前日まではピョンピョンと跳ねて、とても元気な様子だったというマロンちゃん。

突然の旅立ちで、ご家族様もショックが大変大きいご様子でした。

千葉に住む息子さんも帰省してくださり、ご家族皆様に囲まれてのお別れとなりました。

マロンちゃんと同じ時期に家族になった、いつも仲良しのチワワちゃんもお別れに立ち会いました。

これで最後だよと、抱っこしてあげて、涙がこみ上げていたご家族様。

外に出かけることがあまり好きではなかったマロンちゃんを、ご自宅から出ることなくそばで見送ってあげられて良かったとおっしゃっていました。

大好きなおうちから、大好きなご家族様に見守られて、マロンちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区富沢南のセキセイインコ【そらちゃん】

この日の夕方からのご葬儀では、仙台市太白区富沢南へお伺いいたしました。

お見送りさせていただきました子は、セキセイインコのそらちゃん、11歳と長生きの男の子でした。

前日の夜、ご家族様が帰宅されると、すでに亡くなっていたそうです。

ご家族様も大変大きなショックだったことと思いますが、11年間を一緒に過ごしてきたそらちゃんなりに、最期の姿を見せない気遣いだったのかもしれません。

 

そらちゃんのお身体の周りには、カーネーションのお花とメッセージカード、好きだったパンを添えて、旅立ちを見送られました。

ご自宅がマンションだったため、別の場所でご火葬後、ご自宅でお骨上げをさせていただきました。

ピンセットを使いながら、丁寧に一つ一つのご遺骨を、ご家族様の手で収骨してくださいました。

青い小動物用の骨壷にお納めしてご家族様のもとへと帰って行ったそらちゃんの生きた証。

夕空へと天高く羽ばたいて行ったそらちゃんの魂は、これからも虹の橋から、ご家族様を見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区萩ヶ丘の猫【ニャン太郎ちゃん】

この日の午後からのご葬儀では、仙台市太白区萩ヶ丘へお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、猫のニャン太郎ちゃんでした。

よくご自宅に遊びにきていた野良猫ちゃんだったそうで、いつのまにか毎日ごはんを貰いにくるようになったそうです。

ご自宅の前で事故に遭われてしまい、突然のお別れとなってしまいました。

名前も歳も分からないので、勝手に付けたのだけれど・・・と「ニャン太郎ちゃん」という名前を、旅立ちの際に授けられました。

家族として同じ屋根の下で暮らしていたわけではないけれど、ごはんの時間を通して笑顔や癒しを与えてくれたニャン太郎ちゃん。

優しい皆様が、心を込めて弔ってあげたいと、ふくふくやまにご火葬をご依頼くださいました。

うちに遊びに来てくれてありがとうね、と皆様からの感謝の思いを胸に、ニャン太郎ちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区西中田のコーギー【きゅう太ちゃん】

夕方からのご葬儀では、仙台市太白区西中田へお伺いいたしました。

お見送りさせていただきました子は、コーギーのきゅう太ちゃん、10歳の男の子でした。

ご家族皆様に可愛がられて育ってきたきゅう太ちゃん。

息子さんが帰ってくる時間に合わせてのご火葬となりました。

眠ったようなお顔のきゅう太ちゃん。突然のお別れに心の準備もできず、ご家族様は悲しみがとても大きいご様子でした。

息子さんに抱きかかえられて、火葬車へとお連れいただきました。

周りにはたくさんのお花や、いっぱい向こうで食べて欲しいと、好きだったトマトやパン、おやつを添えてくださいました。

お仕事で立ち会う事ができなかったお父様の分もと、お骨の一部はカプセルに分骨されました。

ご家族皆様で分骨されたきゅう太ちゃんの生きた証は、握りしめるたびに10年間共に過ごしたあたたかい思い出を、心に蘇らせてくれることでしょう。

仙台市太白区西中田のチワワ【リッキーちゃん】

よく晴れた午後でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市太白区西中田のワンちゃんのご葬儀にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、チワワのリッキーちゃん、15歳と長生きの男の子でした。

初めてのことで、どのように見送ってあげたらいいかと、ご家族様からお電話でご相談いただきました。

小さな身体でガンと闘い、とても痩せてしまったリッキーちゃん。

15年間お疲れ様、と感謝の思いを込めて、お花やメッセージカードを添えてお別れをなさいました。

ご火葬後、ご遺骨を丁寧に一つずつ、ご家族様で囲んで拾い、ブラウンの水玉骨壷にお納めくださいました。

お父様が特に可愛がっていらしたそうで、お骨の一部をカプセルに入れて、取っておかれるそうです。

仙台市太白区向山のミニチュアダックス【すてっちちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区向山のミニチュアダックスフンド・すてっちちゃんの訪問火葬にお伺い致しました。

13歳の女の子でした。

ご家族皆様揃ってセレモニーは、涙のお別れとなりました。

別の場所に移動してのご火葬だったため、ご家族様は涙を流しながらすてっちちゃんの乗った車を見送られました。

ご火葬後、ご自宅でお骨上げをさせていただきました。

「おかえり」

と優しくお声をかけながら、お骨を一つ一つ丁寧に拾ってくださいました。

ピンクの水玉骨壷に納められたすてっちちゃんの生きた証は、ご家族様の腕の中へと帰って行きました。

仙台市太白区向山のジャンガリアンハムスター【ソラちゃん】

この日の夕方からは、仙台市太白区向山のジャンガリアンハムスター・ソラちゃんのご火葬をさせていただきました。

ご家族様とソラちゃんとの出会いはペットショップ。

「セール」と書かれてペットショップにいたソラちゃんを見つけたご家族様は、「この子に貰い手がいなかったらどうなってしまうんだろうと思い、家族として迎え入れたそうで、ご家族様にとっては初めて一緒に暮らしたペットちゃんだったそうです。

動物病院からもらったお薬をちゃんと飲んでもらうためにと、アイスクリームにお薬を混ぜて、飲ませていたそうです。

「無添加のアイスの方がいいだろうと思って、ハーゲンダッツを食べていたんですよ。」

と、お骨上げをしながらソラちゃんとの思い出を教えてくださいました。

生涯をとても大切に育てられてきたソラちゃんは、優しいご家族様の手の中へと帰って行きました。

仙台市太白区柳生のセキセイインコ【ぴぃちゃん】

この日の午前中は、仙台市太白区柳生へ訪問ペット火葬にお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、セキセイインコのぴぃちゃん、4歳の女の子でした。

前日、ぴぃちゃんが息を引き取ってから涙ながらにお電話をくださったご家族様。

その晩は、一緒に添い寝をして別れを惜しまれました。

本当に小さなヒナの頃からおうちに来られたというぴぃちゃんは、とっても人懐っこく、お家の中では、自由に飛び回っていたそうです。

「お家の角のハンガーがいつもいる場所だったんですよ。」

と、どんな時も笑顔をくれたぴぃちゃんの可愛らしい姿を思いながら、お話しくださいました。

ご家族様に見守られて、ぴぃちゃんは天高く、虹の橋へと羽ばたいて行きました。

仙台市太白区茂庭台の猫【ノーラちゃん】

雨の降る一日でした。

この日のお昼過ぎからは、仙台市太白区茂庭台の猫・ノーラちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

以前も、猫ちゃんのご葬儀にお伺いしたお宅でした。

ご自宅にいる猫ちゃんたちは皆、元々野良猫だった子たちのため、年齢も大まかにしかわからないそうですが、

ノーラちゃんはだいぶ高齢の子で、体格も小柄な子でした。

お花を添えてお別れしてしてくださったご家族様。

ご自身も寂しさが大きい中だったことと思いますが、

「こうやって来ていただけて助かります。」

と労いのお言葉をかけてくださいました。

優しいご家族様が見守る中、ノーラちゃんは雨雲の向こう側に広がる虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区中田のチワワ【レオンちゃん】

この日の午後からのご火葬では、仙台市太白区中田へお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、チワワのレオンちゃん、15歳と長生きをして頑張りました。

とても優しい性格で、ほとんど吠えることが無く、いつも静かに穏やかな眼差しでご家族様を見守っていてくれた子でした。

晩年は長いこと病気をしていて、酸素室を借りてご家族様がご自宅で懸命に看病を続けていらしたそうです。

レオンちゃんが息を引き取ってから、ご家族様が太白区のアトリエまで足を運んでくださり、お骨壺や仏具を選んでくださいました。

その後、手厚く旅立ちを見送りたいと、ご火葬もふくふくやまにご依頼くださいました。

15年間を生き抜いたレオンちゃんのお身体の周りには、ご家族様の手でたくさんお花を飾り、最後にお庭のお花も少し摘んで、メッセージカードと一緒に添えてくださいました。

優しくお声をかけて、セレモニーでは涙のお別れとなりました。

お骨上げの時には帰って来られた息子さんもお骨上げにお立会いくださり、ご家族皆様でご一緒に、レオンちゃんの生きた証を大切にお骨壺にお納めくださいました。

ご両親にとっては本当の子供のように、息子さんたちにとっては兄弟のように、一緒に暮らし、育ち、想い合って来たレオンちゃん。

ご家族皆様からのたくさんの感謝の気持ちを胸に、天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区鈎取本町のフェレット【ボニーちゃん】

この日、お昼からのご火葬では、仙台市太白区鈎取本町のフェレット・ボニーちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

以前見送らせていただいた、フェレットのティーチちゃんとのお別れから日も浅く、再度のご訪問となりました。

ご家族様が綴ってくださったメッセージカードをボニーちゃんの手に持たせて、静かにお声かけされ、お別れなさいました。

ご自宅が集合住宅だったため、別の場所へ移動してからのご火葬となりました。

ご家族様は火葬車が見えなくなるまで見送ってくださいました。

虹の橋で再会していることでしょう、ボニーちゃんとティーチちゃんは、今頃寄り添いながら、ご家族様の毎日を見守っていてくれていることでしょう。

仙台市太白区砂押町のミニチュアダックス【リンちゃん】

初夏を感じさせる、とても暑い一日となりました。

ふくふくやまでは、午前中からのご火葬で、仙台市太白区砂押町のミニチュアダックスフンド・リンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

13歳の女の子でした。

息子さんとお母様が、リンちゃんの旅立ちに立ち会ってくださいました。

散歩よりも、おうちの方が好きだったというリンちゃん。他のわんちゃんよりも、人の方が大好きだったそうです。

生前のたくさんの思い出が蘇ってきたのでしょう。

「リンちゃんありがとう。」

と涙浮かべながら、優しくお声をかけて、お別れなさいました。

13年間の生涯を、愛情いっぱいに育ててもらったリンちゃんの表情はとても穏やかでした。

ご家族様に見守られながら、リンちゃんは良く晴れた青空へと天高く昇って行きました。

仙台市太白区八本松のハムスター【りんごちゃん】

この日の夜からは、ご家族様のお仕事終わりに合わせてのハムスターちゃんのご火葬で、仙台市太白区八本松へお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、ジャンガリアンハムスターのりんごちゃん、1歳の女の子でした。

以前、お見送りした、ハムスターのいちちゃんと一緒に育って来た子でした。

雨の降るなか、ご家族様は涙を浮かべていた静かにお別れを告げられました。

花束と、お手紙を添えられたりんごちゃんは、雨雲の向こう側の虹の橋へと、天高く旅立って行きました。

ご火葬後、りんごちゃんのお骨は、いちちゃんと同じ色の黄色い骨壷にお納めして、ご返骨させていただきました。

お届けさせていただいた「おもいで写真色紙」をお送りしたあと、

ご家族様からのあたたかいお声を頂き、大変大きな励みになりました。

仙台市太白区長町のフェレット【ベティちゃん】

この日の午後からのご火葬では、仙台市太白区長町のフェレット・ベティちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

お花とフードを添えて、ご家族様が火葬車のところへと連れてきてくださいました。

ご自宅に駐車スペースもないのでと、別の場所でご火葬をして、ご返骨に上がらせていただきました。

綺麗に残ったベティちゃんのご遺骨をご覧になり、

「こんなに細いんだね・・・」

と、生前の姿を思い浮かべていらっしゃるご様子でした。

丁寧に一つ一つお骨を拾って、お骨壷にお納めくださいました。

一部、分骨させていただいたベティちゃんのお骨は、お守りのような存在として、これからもご家族様のそばにいてくれることでしょう。

仙台市太白区人来田のミニチュアダックス【チョコちゃん】

一日中雨の降っていたこの日、旅立ちのお見送りをさせていただきました子は、

仙台市太白区人来田のミニチュアダックスのチョコちゃん、14歳の男の子でした。

出会いは、近くのホームセンター。

売れ残っていた子を見たお父様が一目惚れをして、連れて帰って来られたのだそうです。

わんちゃんには吠えてしまい散歩が難しい子でしたが、

人にはとっても甘えん坊でしたと、生前のチョコちゃんのご様子を懐かしみながらお教えくださいました。

お父様とはいつも一緒に寝ていたそうです。

出会ってからの14年間、たくさんの笑顔と思い出をくれた、身体は小さくても、存在感の大きなチョコちゃん。

これからもご家族様の心の中で、元気な姿でいつまでも生き続けてくれることでしょう。

仙台市太白区三神峯のミニチュアダックス【はなちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区三神峯のミニチュアダックスフント・はなちゃんのお見送りをさせていただきました。

17歳と、本当に長生きをして頑張った女の子でした。

テレビにも取り上げられたことのあるお利口な子だったそうで、お父様の肩を揉んだり、人の言葉をよく理解できる、芸達者な子だったそうです。

ご家族皆様で愛情いっぱいに育ててこられた17年。皆様揃ってお見送りに立ち会われ、涙のお別れとなりました。

はなちゃんのお口元にはおやつを添えられ、ご用意くださったブーケを持たせて、

「頑張ったね。頑張ったね。」

と温かい言葉をかけられながら、旅立ちを見送られました。

大変な時も、楽しかった時も、一緒に過ごしてきたはなちゃん。

これからもご家族様の心に、たくさんの思い出の花を咲かせてくれることでしょう。

仙台市太白区鈎取のうさぎ【フィオナちゃん】

正午からのご火葬でお見送りさせていただきました子は、仙台市太白区鈎取のうさぎ・フィオナちゃん、7歳の女の子でした。

映画・シュレックのお姫様の名前から取ったというフィオナちゃん。

「シュレックのお姫様のフィオナちゃんよりも、うちのフィオナはもっと可愛いかったんですよ。」

と、生前のフィオナちゃんの姿を思いながら、お話しくださいました。

ご火葬後、しっかりと残ったフィオナちゃんのお骨は、木製骨壷にお納めして、ご家族様にご返骨させていただきました。

よく晴れた青空へと天高く旅立っていったフィオナちゃんは、これからも虹の橋からご家族皆様のことを見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区郡山のチワワ【ドゥーちゃん】

この日の午前中は、仙台市太白区郡山のチワワ・ドゥーちゃんのお見送りをさせていただきした。

晩年の半年間は、癌と闘病しながら頑張ったそうです。

15歳と、長生きをした男の子でした。

ご家族お二人でお見送りに立ち会ってくださり、ご火葬中も火葬車の横でお話をされながら、ドゥーちゃんが天に登っていく様子を見守ってくださいました。

とても大人しい子だったというドゥーちゃん。癌が発覚するまでは病気知らずで、お仕事の都合で遠方に出かけられるご家族様と一緒に、あちこちいろんなところに一緒に出掛けたそうです。

ご火葬後、しっかりと残ったドゥーちゃんのお骨を、ご家族様が丁寧にお一つお一つ拾ってくださり、ベージュの水玉骨壺にお納めくださいました。

新緑が風に揺られるゴールデンウィークの最終日。

ご家族様に見守られながら、ドゥーちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区泉崎のセキセイインコ【ピピちゃん】

この日、午前中からのご火葬では、仙台市太白区泉崎のセキセイインコ・ピピちゃんのお見送りをさせていただきました。

9歳と大変長生きをして頑張った、男の子のインコちゃんでした。

お母様と娘さんでのお見送りにお立会いくださり、お母様にとっては子供のような、娘さんにとっては弟のような、かけがえのない存在だったそうです。

ご火葬中は、生前のピピちゃんのお写真を眺められながら、天に昇っていくピピちゃんの旅立ちを見守ってくださいました。

黄色い羽が綺麗な子で、ピピちゃんのお骨を納めるために、娘さんが黄色い小動物用の骨壷を選ばれました。

虹の橋へと旅立っていったピピちゃんは、これからもずっと、ご家族様の毎日を見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区八木山の猫【ゴマちゃん】

この日の夜からは、仙台市太白区八木山の猫・ゴマちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

18歳ととても長生きをした女の子の猫ちゃんで、二日間かけてゆっくりとご家族様とお別れをしたのちに、旅立ちの日を迎えました。

公園で捨てられていたゴマちゃんを、ご家族様のご兄弟が拾ってきたのが出会いだったそうです。

「とても気高い猫でした。」

と、生前のゴマちゃんのご様子を懐かしむように、ご家族様がお話くださいました。

お骨上げに間に合うようにとお母様も帰ってこられて、ご家族様揃ってお骨上げをしてくださいました。

こんなに綺麗に残るんですねと、骨を一つ一つご覧になりながら拾い、ベージュの水玉骨壷カバーに納めてくださいました。

春の星が広がる夜空へ、ゴマちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市太白区郡山のチワワ【コロナちゃん】

この日、午後からは仙台市太白区郡山へお伺いいたしました。

お見送りさせていただきました子は、チワワのコロナちゃん、14歳の女の子でした。

最期は病院から連れて帰ってきて、ご家族様に見守られながら息を引き取ったそうです。

カゴ棺に、綺麗にお花やメッセージカードを飾ってくださいました。

いつも食べていたご飯も、今日は特別に少し多めにと、コロナちゃんのお口元に添えてくださいました。

この日の空はよく晴れていて、遠くに飛んでいる飛行機を見つけて、

「もうあそこまで登っていった?」

と笑顔の可愛らしい娘さんが、お母様に問いかけていらっしゃいました。

ご家族皆様に見守られて旅立ったコロナちゃんは、これからも虹の橋から、ご家族様の毎日を見守っていてくれる事でしょう。

仙台市太白区柳生のハムスター【あんこちゃん】

この日の午前中は、仙台市太白区柳生のハムスター・あんこちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

1歳6ヶ月の女の子のハムスターちゃんでした。

涙ながらにご火葬のご依頼をくださり、お別れの際も悲しみの深いご様子で、言葉も少なかったご家族様。

感謝の気持ちを込めるように、黄色いバラの花を、小さなあんこちゃんのお身体に添えていらっしゃいました。

ご家族様にとって、いつも笑顔をくれた、大きな存在感の子だった事でしょう。

よく晴れた春の青空に、あんこちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市太白区中田町のミニチュアダックス【ロンちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区中田町のミニチュアダックスフント・ロンちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

14歳の男の子でした。

ご家族様が集まれる日にお別れをしたいと、皆様で予定を合わせてロンちゃんのお見送りにお立ち会いくださいました。

以前、ふくふくやまが取材され掲載していただいた河北新報をご覧になって、切り抜きをとっていてくださったそうです。

「こんな日がすぐに来るとは思っていなかったけれど・・・」

と、ロンちゃんの旅立ちを惜しむ胸のうちをお話しくださいました。

静かに昇っていくロンちゃんの陽炎をしばらく見つめて、虹の橋への旅立ちを見送られました。

仙台市太白区八木山東の猫【めいちゃん】

穏やかに晴れた春の朝でした。

この日は、仙台市太白区八木山東の猫・めいちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

19歳の女の子で、あと1ヶ月で20歳を迎えるところでした。

2月に、猫のちぃちゃんのご火葬にお伺いさせていただいたご家族様のお宅で、

「こんなに早くまたお願いすることになるなんて・・・」

と、突然のめいちゃんの旅立ちに驚きを隠せないご様子でした。

ご近隣の方もめいちゃんの悲報を知り、お手を一緒に合わせてお別れしてくださいました。

長生きはしてくれたけれど、何歳であってもやっぱりお別れは辛いと、めいちゃんを偲んでお話くださいました。

虹の橋で再会したことでしょうめいちゃんとちぃちゃん。

きっとこれからも寄り添いながら、ご家族様の毎日を見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区中田のミニチュアダックス【ジェイちゃん】

すこし風の強い日でした。

この日のお昼過ぎからは、仙台市太白区中田のミニチュアダックスフント・ジェイちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

13歳の男の子でした。

ご家族様に静かにお声かけをされ、お別れをしたジェイちゃん。

お気に入りだった小さなぬいぐるみを添えられ、虹の橋へと旅立ちました。

ご自宅がマンションのため、ご自宅からほど近い場所でご火葬をさせていただきました。

ジェイちゃんのご遺骨は、ブラウンの水玉骨壷カバーにお納めし、ご家族様の元へとご返骨させていただきました。

仙台市太白区羽黒台のMIX犬【ルビーちゃん】

よく晴れた穏やかな青空でした。

午前中のご火葬では、仙台市太白区羽黒台のミックス犬、ルビーちゃんのご火葬にお伺い致しました。

トイプードルとフレンチブルドッグのミックスの女の子でした。

野球で侍ジャパンに選ばれた中学生の息子さん。ルビーちゃんその息子さんをお兄ちゃんのように慕い、朝は必ず顔を舐めて起こしに行っていたそうです。

野菜が大好きだったルビーちゃん、お口元に、とまとを添えられ、旅立ちました。

「よく頑張ったね」

と、優しく愛情いっぱいに声をかけられたルビーちゃんは、天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区の猫【ブチちゃん】

この日、お見送りさせていただきました子は、仙台市太白区東郡山の猫・ブチちゃんでした。

20歳と大往生の猫ちゃんでした。

大野田の河川敷で拾ってきたのが出会いだったそうで、それから20年という長い間を、共に過ごされてきたそうです。

かご棺には、お花とおやつも一緒に納めてお別れをなさいました。

ご火葬中は、火葬車のそばで見守っていてくださり、ブチちゃんが天高く登っていく様子を見送ってくださいました。

悲しむお母様のために、後日娘さんが羊毛フェルトでブチちゃんにそっくりのぬいぐるみを作ってくださったそうです。

ご家族皆様に愛された生涯、たくさんの感謝の気持ちを心に、虹の橋へと旅立っていったことでしょう。

仙台市太白区萩が丘の猫【もずくちゃん】

よく晴れた午前中でした。

この日は、仙台市太白区萩ヶ丘の猫・もずくちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

ご家族様が、勤務先の会社で保護した捨て猫だったというもずくちゃん。

小さい頃から体が弱い子だったそうです。

一緒に過ごした感謝の気持ちを綴ったメッセージカードと、おやつを一緒にご火葬炉に納めて、旦那様と奥様とで涙のお別れとなりました。

もずくちゃんの6年間の生涯が、ご家族様の深い愛情に溢れていたことが、お見送りのご様子からも伝わって参りました。

しっかりと残ったもずくちゃんの生きた証は、春らしいピンクの骨壷に納められ、優しいご家族様の腕の中へと帰って行きました。

仙台市太白区四郎丸のチワワ【パールちゃん】

良く晴れたおだやかな春の日でした。

ふくふくやまでは、午後からのご火葬で、チワワのパールちゃんのお見送りをさせていただきました。

ご家族・ご親戚の方が大勢集まってのお別れとなりました。

以前、パールちゃんのきょうだいチワワ、めるちゃんのお見送りをさせていただいたご家族様のご親戚の方で、めるちゃんのご家族様も一緒に立ち合いをされました。

お母様がとても悲しみの深いご様子でしたが、しんみりしてしまいそうなところをご親戚の方が元気づけながら見送っていたご様子が伺えました。

ご火葬中にはお写真やフードを飾られ、皆様に見守られながら旅立ったパールちゃんは、きっと心強かった事でしょう。

「たくさん病気をしながらも頑張ったんですよ・・・」と、お骨上げではおひとつおひとつ丁寧にお骨を拾われ、「ここ、きっと痛かったところだね・・・」と、闘病していたときのことを想いながら、パールちゃんを偲んでいらっしゃいました。

仙台市太白区八木山の猫【マムちゃん】

この日の午後からのご火葬では、仙台市太白区八木山の猫・マムちゃんをお見送りさせていただきました。

ご家族様からは、「マムさん」と呼ばれて親しまれていたそうです。

毛がとてもフサフサしている子で、体格は大きく見えたものの、若い頃でも体重は多くても4kg程で、晩年は年をとって1.8kgまで体重が減ったそうですが、9年間の生涯を頑張って生き抜きました。

元気なころは、よく外に脱走するのが好きだったそうで、病気になってからは体調管理もあり、あまりお外に出さずにいたそうです。

マムちゃんのお身体の周りには、ご家族様がご用意くださったお花やお手紙、おやつをご一緒に納めて、お別れなさいました。

お骨上げの時、風が強く少し灰が舞ったのを見て、ご家族様は

「脱走が好きだったマムさんの遺志だね」と

マムちゃんを偲びながら、愛おしそうにおっしゃっていました。

春を感じさせる風と共に、マムちゃんは天高く、虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区太子堂のキャバリア【きなこちゃん】

風の強い午後でした。

この日は、仙台市太白区太子堂のキャバリア、きなこちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

9歳の女の子でした。

晩年は闘病をし、薬もたくさん飲んで頑張っていたそうです。

もっと生きられると思ったんだけど・・・とご家族様が声を詰まらせながら、お話しくださいました。

きなこちゃん自身も頑張っていたことと思いますが、支えるご家族様の献身的な看病の努力も図り知れません。

生涯を大切に育ててもらった深い深い愛情は、たくさん伝わっていることでしょう。

お花とおやつ・メッセージカードを添えて、最期のお別れをなさったあと、ご家族様に見守られながら、きなこちゃんは安らかに虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区東中田のロシアンブルー【シャナちゃん】

午後からのご火葬では、仙台市太白区東田中のロシアンブルー・シャナちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

19歳と、大変長生きをして頑張った女の子でした。

あと1か月で20歳になるところという、大往生でした。

お立会いくださったご家族様が、お花やメッセージカードを添えて、19年間の感謝の気持ちを込めてお別れをなさいました。

ご自宅がマンションだったため、別の場所でご火葬をさせていただいたのち、ご自宅に戻ってからお骨上げをしていただきました。

しっかりと残ったシャナちゃんのお骨。19年間しっかりと身体を支えてくれたご遺骨のひとつひとつをご覧になりながら、生前の姿を思い出されていたのでしょう。

「とってもいい子だったんですよ。」

と堪えきれず涙が溢れながらお骨上げをされました。

とても長い年月、ご家族様にたくさんの笑顔と思い出をくれたシャナちゃんの元気な姿は、これからもご家族様の心のなかで輝き続けることでしょう。

仙台市太白区南大野田のラグドール【ル・ルウちゃん】

この日は、仙台市太白区大野田のラグドール、ル・ルウちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

フランス語のような、とてもオシャレな名前のル・ルウちゃん。

お名前の由来をお伺いすると、初めておうちに来た時に「ルルウ」と鳴いたからと、ご家族様が懐かしそうにお話しくださいました。

やんちゃな性格だったというル・ルウちゃん。ご家族皆様でとても可愛がっていらしたそうで、4人そろってル・ルウちゃんの旅立ちを見送られました。

カゴ棺の中に、ご家族様で書かれたお手紙を一緒に納めて、お別れをなさいました。

お骨上げの際、ル・ルウちゃんのお骨をご覧になって、

「こんなに小さくなっちゃって」

と、小さいお骨を1つ1つ丁寧に拾いながら、生前の姿を思い浮かべるかのようにお骨あげをしてくださいました。

お気持ちが落ち着かれてから、10年前に亡くなったネコちゃんとル・ルウちゃんのお骨をパウダーにされたいとのことで、ペットちゃん達のご供養の仕方についても、ご家族様で考えられているご様子でした。

仙台市太白区八木山東の猫【ちいちゃん】

仙台市太白区八木山の猫ちゃんの訪問ペット火葬のご依頼を頂きました。

13歳の女の子だったちいちゃん、

複数の猫ちゃんがいる中で、ちいちゃんは3番目の歳の猫ちゃん

ちいちゃんが他の子よりも早く旅立ってしまうとは思いもしていなかったとおっしゃっていました。

お守りとメッセ―ジカード、沢山のお花を飾ってお別れをしていました。

静かに背中を撫でながら、お別れを告げて…。

ご夫婦でとても可愛がっていることが伝わってくる、そんな暖かいお声掛けをされていました。

ちいちゃんの悲報をききつけて、お向かいの方も手を合わせて一緒に旅立ちを見送ってくださいました。

転勤が多いご家族様、海外にも一緒に連れていったそうです。

沢山の思い出をちいちゃんと育んでこられたことと思います。

いっぱいのご家族様の愛情と楽しかった思い出に包まれて、ちいちゃんは空高く旅立っていきました。

仙台市太白区鹿野のポメラニアン【ももちゃん】

夕方からは、仙台市太白区鹿野のポメラニアン・ももちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

同日の14:30に、不慮の交通事故で息を引き取られたそうです。

お母様も手を震わせながら、ももちゃんのお身体を抱きかかえ、突然のお別れに悲しみも大きく、

「ごめんね。ごめんね。」

と声をかけられながら、お別れをなさいました。

ペットちゃんと暮らすということは、時に思いがけないことが起きてしまうことが、どうしてもあります。

それが、防げなかったやむを得ないことだったとしても、ペットちゃんを亡くされたご家族様はご自身を責めるお気持ちになってしまう時もあるかと思います。

どうか、ご自分を責めずに、ももちゃんと一緒に暮らしたことへの感謝の気持ちで見送っていただければと願いながら、お見送りのお手伝いをさせて頂きました。

ご火葬後のももちゃんのお骨をお届けに上がった時

「昨日の夜、ももの鳴き声が聞こえたんですよ。」

と、ご家族様がおっしゃっていました。

夜は、お線香を絶やさないようにされていたそうです。

やさしいまなざしで、「おかえり」と声をかられ、ももちゃんのお骨は、大好きなご家族様の腕の中へと帰って行きました。

仙台市太白区砂押南町のミニチュアダックス【クロちゃん】

この日は、仙台市太白区砂押町南のミニチュアダックス・クロちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

9歳の男の子でした。

闘病を続け、だいぶ痩せてしまったそうで、病気の治療のためにお腹にシリコンを入れていたそうです。

最期は歩けなくなってしまったそうですが、ご家族様の懸命な看病に応えるように、その生涯を一生懸命生きたクロちゃん。

クロちゃんのほかにも、外飼いのワンちゃんがそばで旅立ちを見守ってくれました。

体格では小さいクロちゃんでしたが、先住犬ということもあり、その子よりもクロちゃんの方が少し気が強かったそうです。

お骨上げの際には、娘さんも合流され、クロちゃんのご遺骨はご家族様の手で、骨壷に納められました。

晴れた冬の青空へ、クロちゃんは天高く、旅立って行きました。

仙台市太白区郡山のダックス【あいすちゃん】

この日の午前中からのご火葬では、仙台市太白区郡山のミニチュアダックスフンド・あいすちゃんのお見送りをさせていただきました。

13歳の男の子でした。

お伺いする4日前に息を引き取ったあいすちゃん。ご家族様とゆっくりとお別れをして、旅立ちの日を迎えました。

果物などの、丸いものが大好きだったそうで、りんごもまるごと食べてしまうこともあったそうです。

「たくさん食べてね。」と、願いを込めて、大好きなりんごとオレンジ、フードを一緒にご家族様がご火葬炉に納めてくださいました。

あいすちゃんと過ごした記録にと、生前のお写真を集めたアルバムを作っていらしたご家族様。

とっても可愛く穏やかな表情のあいすちゃんのお写真からは、ご家族様のもとで暮らした毎日が、笑顔に溢れた日々だったことが伝わって参りました。

ご家族様は、1年くらいはお骨はご自宅に置いて手元供養をされ、その後ゆっくり納骨についてはご検討されるそうです。

仙台市太白区中田の猫【そらちゃん】

この日は、仙台市太白区中田のアメリカンショートヘアー・そらちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

とってもお利口で、食いしん坊だったというそらちゃん。

ご自宅にはもう一匹猫ちゃんが居て、そらちゃんと性格は対照的で、マイペースなその子にそらちゃんがいつもお手本になっていたそうです。

晩年は、5か月位の間、闘病生活を送っていたそうです。

治療法がなく、ご家族様も何とか少しでも痛みや辛さが和らぐようにと、懸命に看病をなさっていたことでしょう。

安らかに眠るそらちゃんに、お花や、お庭に生えていたローズマリー、フードを添えて、ご家族様お二人で涙ながらに声をかけてお別れなさいました。

ご火葬後、そらちゃんのご遺骨をご覧になって、

「こんなに綺麗に骨が残ると思わなかったです。丁寧に火葬していただいてありがとうございました。」

と、あたたかいお声をおかけくださいました。

大好きなお庭のローズマリーの香りに包まれながら、そらちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区八木山のうさぎ【うめちゃん】

この日は、仙台市太白区八木山へ、訪問ペット火葬でお伺いいたしました。

お見送りさせていただきましたのは、ネザーランドドワーフのうめちゃん、7歳の女の子でした。

とても元気で活発な子だったそうで、ご家族様の腕にはよく、うめちゃんから引っ掻き傷を付けられて、お友達からは猫を飼っているのかと聞かれることがあったそうです。

うめちゃんの旅立ちには、幼い娘さんもお立会いくださり、お花をひとつひとつ丁寧に、うめちゃんのお身体の周りに飾ってくださいました。

ご火葬後のお骨上げでは、娘さんが

「うーちゃんどこいったの?」

とご両親に尋ね、

「これがうーちゃんのお骨なんだよ。」

と、うめちゃんが旅立たれたことを娘さんに優しく教えながら、お骨上げをされました。

ご火葬を終えるころにはすっかり日が暮れ、夜空には月が輝いていました。

ご家族様に見守られながら、うめちゃんは月へと昇って行ったことでしょう。

仙台市太白区山田本町のポメラニアン【ポン太ちゃん】

この日の午後からのご火葬では、仙台市太白区山田本町のポメラニアン・ポン太ちゃんのお見送りをさせていただきました。

ご夫婦揃って見送りをされました。

17歳と大往生で、最期は老衰で息を引き取ったそうです。

お線香をあげて、お二人で冥福を祈ったあと、迎えた旅立ちの時。

ご火葬後のご遺骨は、見たら悲しくなってしまうからと、お骨壷にお納めしてご返骨させていただきました。

17年間を一生懸命生き、たくさん愛されて育ったポン太ちゃんのお骨は、ご家族様の優しい手の中へと帰って行きました。

仙台市太白区袋原のチワワ【めるちゃん】

良く晴れた一日でした。

ふくふくやまでは、仙台市太白区袋原のチワワ・めるちゃんのお見送りをさせていただきました。

15歳の女の子でした。

おしっぽのところに腫瘍ができて、手術したのが2年前のこと。大手術にも耐えて、その後も頑張って長生きをしてくれました。

お家で産まれた子で、先に旅立ったお母さんワンちゃんにべったりの甘えん坊な子だったそうです。

5匹生まれたうちの4匹が男の子で、唯一の女の子だっためるちゃんは、食が細くて体も小さかったけれど、存在感は大きく、ご家族皆様から大変愛されて育ってきました。

ご家族様5人でお立会いくださってのめるちゃんのお見送り。皆様セレモニーでは涙をされて、お別れを惜しんでいらっしゃいました。

ご火葬の日が、ちょうどめるちゃんのお誕生日だったそうです。

「大好きなお母さんのところに、お誕生日に帰って行ったんだね。」

と、めるちゃんの旅立ちを見送られました。

仙台市太白区人来田のヨークシャーテリア【ミニィちゃん】
この日、午前中からのご火葬では、仙台市太白区人来田のヨークシャーテリア・ミニィちゃんのお見送りをさせていただきました。14歳の女の子でした。

仙台市太白区にあるふくふくやまのアトリエからほど近いミニィちゃんのご自宅。

ご家族様がペット火葬を依頼する会社を調べていた中でふくふくやまを見つけてくださり、ミニィちゃんのご火葬をご依頼くださいました。

小柄な女の子だったミニィちゃん。

お身体の周りにたくさんの綺麗なお花を飾ってお別れになりました。

ご火葬後、お骨上げの際にミニィちゃんのご遺骨をご覧になり、

「すごく小さいね。こんなに細い脚で走り回っていたんだね。」

と、生前のミニィちゃんの姿を思い出されながら、お話されていらっしゃいました。

ご遺骨は、ブラウンの水玉骨壷に納められ、ご家族様の腕の中へと帰って行きました。

これからも虹の橋から、ご家族皆様をやさしい瞳で見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区鈎取本町のフェレット【ティーチちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区鈎取本町のマーシャルフェレット・ティーチちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

4歳の男の子でした。

ご家族様の手で、優しく静かに火葬台に寝かせて、ティーチちゃんと最後のお別れをなさいました。

ご自宅がアパートだったため、近隣の方に配慮して別の場所でのご火葬をとご依頼をいただきましたので、少し離れた別の場所でのご火葬となりました。

ティーチちゃんのお身体が乗った火葬車が去る所を、車の姿が見えなくなるまで見送ってくださったご家族様。

沢山の思い出があったことと思います。

ご火葬後、お骨壷に納められたティーチちゃんの小さなご遺骨は、ご家族様の優しい手の中へと、帰って行きました。

仙台市太白区大野田のハムスター【ハニーちゃん】

この日は夜からのご火葬で、仙台市太白区大野田のハムスター・ハニーちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

お父様が帰る時間に合わせて、夜の8時からご火葬でした。

幼い娘さん・息子さんも揃い、涙のお別れとなりました。

涙を流すお子様達に、最期の仕事だからちゃんと見送ってあげないとと、お母さまが言い聞かせ、皆様でお別れをなさいました。

ハニーちゃんの小さな身体の周りには、お子様が書かれたメッセージカードと可愛いお花を飾られ、旅立ちを見送りました。

小さな命からもらったたくさんの笑顔や優しさは、これからもお子様達の心の中に、いつまでもあり続けることでしょう。

仙台市太白区人来田の猫【白次郎ちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区人来田の猫・白次郎ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

白次郎ちゃんは、ご自宅で飼っていた猫ではなく、よく遊びに来ていた顔見知りの猫ちゃんだったそうで、ご自宅の敷地内で最期を迎えていたそうです。

お母様は「しろちゃん」と愛称で呼んでは、時折遊びに来ると声をかけられていたとのことで、最期を我が家で迎えたなら、ちゃんと見送ってあげようと、ふくふくやまにペット火葬をご依頼くださいました。

地域猫のような存在で、特に決まった飼い主は居なかったようだという白次郎ちゃん。

それでも、関わってきたたくさんの方が、それぞれにとって家族のような存在だったことと思います。

ご自宅では、他にも家ネコちゃんをたくさん飼っていて、これまでも見送ってきた子たちはお庭にお骨を埋葬してきたので、しばらくしたら白次郎ちゃんもそこに埋葬されるそうです。

仙台市太白区大野田のインコ【ミーちゃん】

この日の午後は、とても羽色の綺麗なインコちゃんの旅立ちでした。

仙台市太白区大野田の、ミーちゃんのペット火葬をさせていただきました。

息を引き取ってから3日間、ゆっくりお別れをなさったのちに迎えた、旅立ちの日でした。

一緒に過ごした時間は短かったそうですが、一緒に過ごした時間は、みーちゃんと皆様を本当の家族にしてくれていたんだと感じる、心のこもったお見送りでした。

ミーちゃんのご遺骨は、羽色と同じ黄色い小動物用の骨壷にお納めし、ご返骨させていただきました。

綺麗な羽を羽ばたかせ、虹の橋へと旅立って行ったみーちゃん。

家族の愛を知った喜びを胸に、天高く昇って行ったことでしょう。

仙台市太白区上野山のミニチュアダックス【潮音(しおん)ちゃん】

午後からは、晴れ間の広がる一日となりました。

娘さんの、妹のような存在として小さなころから一緒に育ってきたという潮音ちゃん。

娘さんの名前に似せて、「潮音」という可愛いお名前を付けられたそうです。

ご家族様は潮音ちゃんの旅立ちの様子をお写真や動画で撮って、その日学校で立ち会えなかった娘さんにもお見せするそうです。

潮音ちゃんのお身体の周りには、お花を飾ってお別れなさいました。

お父様も、最後のお別れの際に堪えていた涙があふれてきてしまっているご様子で、優しく名前を呼びながら、一緒に過ごした感謝の気持ちを伝えていらっしゃるようでした。

ご家族様おひとりおひとりにとって、特別で、かけがえのない存在だったことでしょう潮音ちゃん。

皆様の心にあたたかく笑顔溢れる思い出を残して、天高く、虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区長町のハムスター【ぷりんちゃん】

この日の午後からは、仙台市太白区長町のハムスター・ぷりんちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

午前中に入試があったという娘さんも、お見送りに立ち会えるようにと午後からのご依頼でした。

ぷりんちゃんは、ご家族様にとって初めて飼われたペットちゃんだったそうです。

見送ったのも初めてのことで、とても悲しいですねと、ぷりんちゃんとの別れを惜しまれていらっしゃいました。

ご家族皆様で、とても可愛がっていらしたそうです。

ぷりんちゃんのご火葬には、娘さんお2人とお母様が立ち会われました。

ご家族様からのたくさんの愛情を胸に、ぷりんちゃんは冬の青空へ天高く旅立って行きました。

ご火葬後のお骨上げでは、ぷりんちゃんのご遺骨を1つ1つ拾い、

「まだまだ悲しいけれど、身体があったときよりもお骨になって、少し気持ちの区切りが付きました。」

と、初めてのペットちゃんとの別れを少しずつ、心で受け入れられているご様子でした。

大切に育ててくれたご家族皆様を、ぷりんちゃんはこれからも虹の橋から見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区八木山東の三毛猫【のりたまちゃん】

降り積もった雪の残る朝でした。この日、ふくふくやまでは仙台市太白区八木山東の三毛猫・のりたまちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

ご家族様の出勤前、午前中がお休みで立ち会えるからということで、朝にお伺いさせていただきました。

とても可愛いお名前ののりたまちゃん。のりを振ったような毛の模様だったからと、名付けられたそうです。

晩年は、心臓が悪く闘病をされていたそうで、最期はご家族様が朝起きたら亡くなっていたそうです。恐らく眠ったまま静かに息を引き取ったのだと思いますと、のりたまちゃんを偲びながらおっしゃっていました。

突然のお別れに悲しみも大変大きいご様子で、涙のお別れとなりました。

のりたまちゃんのお身体に添えられたメッセージカードには、共に過ごした感謝の気持ちが綴られていました。

扉を閉める直前、「もう一度撫でても良いですか」とご家族様。

たくさんのありがとうの気持ちを手のひらから伝えるように、優しく触れて、お別れをなさっていました。

ご家族様の想いを胸に、のりたまちゃんは安らかに虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市太白区八本松のゴールデンハムスター【ゴメスちゃん】

この日、お伺いさせていただきましたのは、以前ハムスターのペルちゃんのご火葬でお伺いしたご自宅でした。

ゴメスちゃんが歳を取ってきて、別れた時の寂しさを想像した時に、少しでも心の支えになってくれればと家族に迎え入れたのがペルちゃんでした。

ゴメスちゃんの方が年上でしたが、頑張って長生きをして年を越し、この冬にペルちゃんが待つ虹の橋へと旅立って行きました。

ペルちゃんの旅立ちには、ご家族様お二人でお立会くださいました。

ブーケにした可愛らしいお花と、大好きだったおやつを添えてくださいました。

ご火葬の直前には、身体をポンポンと優しく撫で、目に涙を浮かべながらのお別れとなりました。

よく晴れた冬の昼下がり、ゴメスちゃんは天高く、虹の橋へと旅立って行きました。

今頃、ペルちゃんと一緒に、虹の橋からご家族様を見守っていてくれていることでしょう。

仙台市太白区中田町の猫【ぽちちゃん】

この日の夜からは、仙台市太白区中田町の猫・ぽちちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。

4月に、柴犬のテツちゃんのご火葬にお伺いさせていただいたご自宅でした。

一緒に過ごしていた猫のぽちちゃんも、年をまたいでテツちゃんがいる虹の橋へと旅立ちました。

ぽちちゃんは娘さんが付けた名前で、ネコちゃんをぽちと呼ぶことを、はじめ他のご家族様はためらっていたそうですが、娘さんが根気強く呼び続けて、家族の中に浸透していったそうです。

体格が大きく違ったこともあり、去年の4月に見送った柴犬のテツちゃんのご遺骨に比べ、ぽちちゃんのお骨がとても小さく見えたご家族様。

「こんなにちいさくなっちゃうんだね・・・」と、言葉を掛けあいながら、丁寧にお骨上げをなさっていました。

虹の橋できっと再会していることでしょうぽちちゃんとテツちゃんは、仲良くご家族様をこれからも見守っていてくれることでしょう。

仙台市太白区桜木町の猫【ニャンチュウちゃん】

この日、お見送りさせていただきましたのは、仙台市太白区桜木町の猫・ニャンチュウちゃん、16歳の男の子でした。

お母様といつも一緒に寝ていた、甘えん坊な子だったそうです。性格はとても優しい子でしたが、時折お外に行くと他の猫と喧嘩をしてケガをして帰ってくることもあったそうです。

思い返せば、ニャンチュウちゃんは自分の死期を分かっていたのかもしれない、とご家族様がお話しくださいました。

いつもお水を飲むときはお風呂場に行くのに、お風呂場に行くそぶりを見せてもお水を飲まずに去ってしまったり、ごはんも食べなかったり、時折遠くを見つめていることもあって、亡くなる少し前のニャンチュウちゃんは、いつもと様子が違ったそうです。

16年という長い歳月には、思い出がたくさん溢れていることでしょう。

ニャンチュウちゃんへのたくさんのありがとうを伝えるように、ご家族様はニャンチュウちゃんのお身体の周りに、お花やお手紙、フードを添えて、旅立ちを見送られました。

仙台市太白区向山のミックス犬【ラムちゃん】
お見送りさせていただきましたのは、仙台市太白区向山のミックス犬・ラムちゃん、16歳の女の子でした。パグとパピヨンのミックス犬ちゃんでした。

以前お伺いした宮城野区・ムクちゃんのご家族様からのご紹介でした。

ご家族様が集まれる日にと、息を引き取ってから3日後のこの日、ご火葬をされました。

ご自宅には、パグちゃんもいて、2匹はとても仲が良かったそうです。その子を抱っこしながら、皆様でラムちゃんのお別れにお立会いくださいました。

ご火葬中に、ご家族様が玄関先まで出てきてくださり、ラムちゃんの旅立ちの様子を見守ってくださいました。

「16年も一緒にいると、本当の家族だからね・・・こうやって自宅で見送ることができていいね。」と、ラムちゃんを偲んでいらっしゃいました。

ラムちゃんのご遺骨は、ピンクの水玉骨壷にお納めして、ご家族様へとご返骨させていただきました。

ご家族皆様が見守る中、ラムちゃんは冬の青空の向こう側へ、天高く旅立って行きました。

太白区八木山南のコッカープードル【ルルちゃん】
全国的に雪が降り積もり、ここ仙台もサラサラとした雪が積もった朝を迎えました。 この日の午前中にお見送りさせていただきましたのは、仙台市太白区八木山南のコッカープードル・ルルちゃん、11歳の女の子でした。

休日のこの日、ご家族皆様でルルちゃんのお見送りにお立会いくださいました。

どんな子でしたか?とお伺いすると、ご家族皆様口を揃えて「食いしん坊な子でした」とおっしゃっていました。一緒に暮らす猫ちゃんが残したフードを一目散に走って食べにいく子だったそうです。

幼い頃のルルちゃんは、5匹兄弟で産まれた中でも、1匹だけごはんを食べに行けないような遠慮がちな子だったそうです。ご自宅に引き取ってこられてからは、どんどん食欲がわいて、食べるのが大好きな子になりました。特に好きだったのはリンゴだそうです。

生前は、おじいさまとよく一緒にお散歩に行っていたそうです。ルルちゃんのお見送りには、おじいさまもお立会いくださいました。

ルルちゃんのお身体の周りには、お花やメッセージカード、大好きだったフードを添えてくださいました。

男の子みたいだったというルルちゃんですが、最後は女の子らしくとご家族様が選ばれたピンクの水玉骨壷にご遺骨をお納めし、ご返骨させていただきました。「可愛くしてもらってよかったね。」と、とても優しくお声がけされていらっしゃいました。

仙台市太白区上野山の猫【しんちゃん】
曇り空の広がる午後となりました。 ふくふくやまでは、仙台市太白区上野山のアメリカンショートヘアー、しんちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。8歳の男の子でした。 癌と宣告されてから、4か月もの間頑張ってくれたしんちゃん。年越しも一緒にできましたと、闘病しながらも最期まで懸命に生きてくれたしんちゃんへの「お疲れ様、ありがとう。」の気持ちが溢れているかのような、ご家族様のお言葉でした。 新しいご自宅の表札には、ご家族様の苗字と、しんちゃんをイメージされたことでしょう猫のシルエットが刻まれ、しんちゃんも家族の一員として、かけがえのない存在だったことが伝わって参りました。 お仕事のお昼休みに抜けてきてくださったお母様も立ち会われ、しんちゃんの旅立ちを見送られました。 お気に入りだったねずみのぬいぐるみと一緒に、しんちゃんは天高く、虹の橋へと旅立って行きました。
仙台市太白区四郎丸の猫【ゆずちゃん】
朝からしとしとと雨が降りしきる午前中となりました。 ふくふくやまでは、仙台市太白区四郎丸の日本猫、ゆずちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。15歳の男の子でした。 ご自宅では、たくさん猫を飼っていらっしゃり、若いネコちゃん達が多い中で、ゆずちゃんは一番年上のおじいちゃん猫だったそうです。 ご夫婦お二人で立ち会われた、ゆずちゃんの旅立ち。苦楽を共に過ごしてきたゆずちゃんへ、たくさんのお花を飾ってのお別れとなりました。 若いネコちゃん達も、窓からのぞきながら、火葬の様子を見守っていてくれました。 これまでも、飼っていた猫ちゃんを見送られてきたというご家族様のご自宅のお庭には、代々の猫ちゃんが眠るお墓がありました。 時間が経って少し落ち着いたら、そのお墓にゆずちゃんも埋葬してあげるとのことで、 ゆずちゃんのご遺骨は、そのまま埋葬ができる木製骨壷にお納めして、ご返骨させていただきました。
仙台市太白区長町南のうさぎ【ピースちゃん】
良く晴れた青空が広がる一日でした。 ふくふくやまでは、仙台市太白区長町南のロップイヤーうさぎ・ピースちゃんのご火葬をさせていただきました。 10歳の男の子でした。 とても長生きだったピースちゃん。 ご一緒にご火葬に立ち会ってくださった息子さんたちが幼い頃から、当たり前のように家族として一緒に過ごしてきた子だったそうです。 セレモニーでは、涙のお別れとなりました。 ご家族様それぞれが、メッセージカードにピースちゃんへの感謝の思いを綴ってくださり、フードやお花と一緒に、ピースちゃんのお身体の周りに添えてくださいました。 ピースちゃんのご遺骨は、ブラウンの水玉骨壷にお納めして、一部を分骨用のカプセルに納めさせていただきました。 ピンクとシルバー、それぞれの分骨用カプセルに、ピースちゃんの爪などのお骨を分骨され、お母様と息子さんとで持たれるそうです。 「お正月の時期でもこうして引き受けてくださって本当に助かりました。」 とあたたかいお言葉をかけてくださいました。 とても礼儀正しい、しっかりとした息子さんたちも、 「ありがとうございました!」 と、ご自身たちもまだまだお寂しい中であったことと思いますが、ご丁寧にお声をかけてくださいました。 ご両親にとっては子供のように、お子様達にとっては兄弟のように過ごしてきたピースちゃんは、 ご家族様それぞれの心の中で、これからも生き続けていくことでしょう。
太白区西中田のチワワ【ケビンちゃん】
この日は、太白区西中田のチワワ・ケビンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。
10歳の男の子でした。
11月半ばに亡くなったというケビンちゃん。
この時期は気温も低いためお身体の傷みの進行も遅く、ゆっくりとご自宅でお別れをなされていたご様子でした。
この年末を迎えられ、気持ちの整理をつけて、ご火葬をして年を越したいと、ご依頼をくださいました。
ご自宅がマンションだったため、別の場所にご移動をさせていただいてのご火葬となりましたが、
お見送りにはご家族様だけでなく、お友達とそのワンちゃんも駆けつけてくださり、
ケビンちゃんの旅立ちを見送られました。
皆様で、メッセージカードやお花をケビンちゃんのお身体の周りに飾ってくださいました。
ゆっくりとお別れをなさってから、旅立ちの時を迎えたケビンちゃんは、
ご家族様やご友人様に見守られながら、安らかに虹の橋へと旅立って行きました。

ペット火葬についての疑問

ペット火葬をするまでに何か準備しておくものはありますか?

ふくふくやまではペットちゃんのご葬儀・ご火葬にて基本的に必要なものは全てご料金の中に含まれております。

お花やおやつ等は火葬の際、ご一緒にお納めすることもできますので、宜しければご準備下さい。

また、ご収骨の際に必要な骨壷や骨壷カバーはすべて無料にてお選びすることができます。

メッセージカードもご用意がございますのでお使い頂けます。

火葬時間はどのくらいかかりますか

ペットちゃんの体重や状態によって火葬時間は前後します。目安として、火葬にかかる時間は、1kg以下の小動物で30分以下、猫や小型犬なら1時間、中・大型犬で1時間半~2時間ほどです。

その後、ご遺骨を拾骨できる温度にまで炉を冷却するため、10分~20分ほどお時間を頂きます。

火葬できるペットの種類

太白区にてペット火葬をご依頼をご検討中お客様へ。ふくふくやまでは小さな小動物から中・大型犬までご対応致します。

ハムスター・リス・セキセイインコ等の小さな小動物から、うさぎ・オウム・モルモット・フェレット・猫・小型犬・中型犬、爬虫類や両生類のペットちゃん等、多くのペットちゃんまでご対応できます。小さなお体のペットちゃんでも、ご遺骨がしっかりと残るように十分に配慮して火葬を致しま すので安心してください。

太白区内のペット火葬訪問エリア

太白区への出張費は無料範囲となります。

また、HP上で掲載している火葬料金の他に費用は一切かかりません。

(お客様が別途オプションサービス等のご希望された場合を除きます。)

訪問ペット火葬はご希望の日時・時間帯にお伺い致します。

お客様のご希望日時にて、できる限りご対応させて頂きますが、先に別のご葬儀が入ってしまっているなど、ご希望の日時に添えない場合もございますので、ご容赦ください。

太白区で個別立会火葬されたお客様

太白区で個別立会火葬された方のご報告、良くあるご質問にお答えします。

自宅の駐車場が少し狭いんですが大丈夫ですか

ペット訪問火葬で必要とするスペースは小型犬や猫ちゃん等の場合、軽自動車1台分程度が停車できるスペースがあれば大丈夫です。

ただし、駐車場に屋根が付いている場合や駐車スペースが極端に傾斜している場合は、スタッフが適した場所をご提案させていただくこともございます。

事前にお電話にてお伝え頂ければ、個別にご対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

ご火葬に適した場所が見つからない場合や、太白区のご自宅がペット不可の賃貸だったため、別の場所で火葬したいという方も個別にご対応させて頂きますのでご相談ください。

太白区在住です。ペットの納骨って皆さんどうしてますか?

火葬したペットのお骨はどのようにしたらいいですか?

ペットのご遺骨をどこへ、どのように納骨するかについては、様々な選択肢があります。

寺院へ納骨、市区町村の運営する納骨堂、お庭に埋めてあげる方、海や山への散骨、ご自宅で手元供養される方など、本当に様々です。

また、納骨の仕方や時期に決まりはないので、ご家族様で良く相談して心残りのないように決められることが重要かと思います。

太白区在住の方の場合、仙台市の運営する公営のペット墓地(葛岡墓地)に埋葬することもできます。

詳細は葛岡墓地にご連絡の上ご確認ください。

ペット仏具・仏壇、手元供養やペットの供養品をお探しなら

ペット仏具 ペット仏壇 ふくふくやま羊毛フェルト人形 てのりっこ

可愛いペットの仏具やお部屋になじむ仏壇を探している方、ふくふくやまでは、うちの子だけのオーダーメイドの仏具や、メモリアルグッズを多数取り扱っていま す。また、ペットそっくりの羊毛フェルト人形をご位牌の代わりにお作りになる方もいらっしゃいます。ペットちゃんのための仏具やお人形に手を合わせて、冥福を祈る。ふくふくやまは、心落ち着くペットちゃんの供養品を心をこめてお作り致します。(可愛いペット仏具と羊毛フェルトのお店  『ふくふくやま』)

ふくふくやま 看板

ふくふくやまのアトリエは同じ太白区にあります

ふくふくやまのアトリエは太白区にあります(住所:仙台市太白区日本平52-6)。仙台南インターチェンジからは車で約3分。仙台駅からもバスが出ています。

お近くですので、お気軽にお訪ねください。仙台インターチェンジ近く、人来田交差点からのふくふくやまへの詳しい道案内もございます。

ペット葬儀の打ち合わせ、ペット供養について聞きに行ってもいいですか

ふくふくやまのアトリエはお客様のご希望の日時に合わせてオープン致します。

ご来店頂く際には、お電話にて事前にご連絡ください。

詳しくはアトリエのご案内をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ペット葬儀・火葬のご依頼

電話にて、分かりやすく、丁寧にご説明いたしますので、安心してご連絡ください。

ふくふくやま ペット火葬・セレモニー受付

 電話の受話器のアイコン素材 その2022-778-9055

 

お電話がつながらない場合は、お手数ですが下記本店の電話番号にお問い合わせください。

※セレモニー中はスタッフが電話に出られない場合がございます。

ふくふくやま本店

電話の受話器のアイコン素材 その2050-5883-2371

ご用件をお伺いして折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。

ご葬儀はペットちゃんにしてあげられる最期のひとときです。感謝の気持ちを込めて優しいお見送りを…


メールフォームからのお申込み

コメントを残す

*