ペット火葬の基礎知識

ペットの火葬場に行かなくても大丈夫!訪問ペット火葬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットの火葬場 宮城県 山形県 福島県

本当に悲しいことですが、一昔前は、ペットの火葬場と言えば、ゴミ焼却施設であり、ペットはあくまで焼却する“モノ”という扱いでした。また、ペットはそのまま土葬する飼い主も多くいらっしゃいました。

しかし、ペットも家族として考えられている現代、かけがえのないペットが亡くなった時、ほとんどの方がペットの火葬をして弔います。

このような時代の流れとともに、ペットの火葬場も自治体の焼却施設だけでなく、専用のペットの火葬場や、民間のペット霊園など、様々な方法と場所で、心を込めたペットの見送りをすることができるようになってきています。

このような時代のニーズとともに生まれてきたのが「訪問ペット火葬」というサービスです。

訪問ペット火葬は以下に挙げる様々な飼い主様の悩みを解決してくれます。

ペットの火葬場に行く際の困った悩み

ペット火葬 悩みいざ、ペットの火葬場へ連れて行こうと考えた時に直面するいくつもの悩みがあります。

以下は、ペットの火葬場に行こうと思って感じた、実際によく聞く、飼い主様のご意見です。

ペットの火葬場へ行こうと思ったけど…

  • ペットの火葬場に行くための車が無い
  • ペットを亡くしたショックと心労のまま車を運転する自信がない
  • 身体の不自由な家族も一緒に、ペットの見送りをしたい
  • 小さな子供がいるので長時間一緒に出かけたり、家を留守にすることができない
  • 自営業のため店を休んでペットの火葬場に行くのが難しい
  • ペットの火葬場に連れて行く時に、どのようにペットを運べばいいか分からない
  • 家族の都合がいい時間にペットの火葬場が開いていない!

訪問ペット火葬なら、飼い主様が感じる以上のようなお悩みも気にする必要がなくなります。

ペットの火葬場を探すなら、訪問ペット火葬を検討しよう!

ペットの火葬場を探す際には、訪問ペット火葬も選択肢に入れて検討されると良いかもしれません。

ペットの火葬場に行く必要がなくなる?そんな訪問ペット火葬の5つの特徴をご紹介します。

特徴1.ペットの火葬場まで、車を運転しなくても大丈夫!

 ペットの火葬場 車自家用車がない場合はもちろんですが、ペットが亡くなったショックから気が動転している場合や、

気分が落ち込んで車の運転に集中できないこともあるかと思います。

亡くなったペットを、ペットの火葬場に連れて行くのは想像以上にとても大変なことです。

かと言って、タクシーにペットの遺体を乗せても良いかどうかも、気になるところですよね。

訪問ペット火葬は、ペットの火葬をするための専用の火葬炉が積んである自動車です。

専用のペット火葬車でご自宅までお伺いし、ご自宅の駐車場や敷地の一画をお借りして、その場でペット火葬を行うことができます。(お客様のご希望に合わせて、ご遺体をお引き受けした後、別の場所でご火葬し、ご返骨することも可能です。)

ご家族様が、車を出す必要はありません。

ふくふくやまのペット火葬車は軽自動車ですので、1台分の駐車スペースでペットのお見送りをすることが可能です。

火葬車は、煙や臭いもほとんど出ない設計で、ロゴや店名なども付いておりませんので、ご近所からも目立つことなくペット火葬をすることができます。

ペットの火葬場に連れて行く足が無い場合には、訪問ペット火葬はとても重宝されています。

特徴2.子供も身体の不自由な方も、皆そろってお見送りができる!

ペットの火葬場 宮城県

ご家族皆で可愛がっていたペットちゃんです。皆で見送りをしたいと考える方はとても多いです。

ご家族でペット火葬場までご移動されるのは、お身体の不自由な方がいらっしゃったり、小さなお子様がいる場合にはとても大変です。

また、ペット火葬場でお骨上げまでのお時間を待つとなると、火葬の間の1時間~2時間を、慣れないペットの火葬場の待合室で過ごすことになります。

訪問ペット火葬であれば、ご自宅が待合室となるので気兼ねなく、安心して待機していただけます。

ご年配の方はお身体を休めながら、小さなお子様はお家の中でテレビを見たり、遊んだりしながらお待ちいただけるのではないでしょうか。

また、火葬の間、スタッフは火の管理等がございますので、ご自宅に上がらせていただくことはありませんのでご安心ください。

ご家族様にはお庭や玄関先まで出てきていただき、お別れセレモニーや収骨を行います。

特徴3.まとまった時間が取れなくても大丈夫!

ペット火葬 時間ペットの火葬場まで往復するご移動の時間に加えて、ご火葬中待っている時間を含めると半日以上の時間を空けなければいけません。

長時間、家を留守にすることができない方や、自営業のため店を休んで火葬に行くのが難しい方、仕事の都合で、まとまった時間がなかなかとれない方にとって、訪問ペット火葬はとても便利にご利用頂いているようです。

ご主人様の朝の出勤前にお別れだけされて、お骨上げは奥様がされるといったケースや、自営業様の店先までお伺いし、駐車場の一画で看板犬ちゃん、看板猫ちゃんのお見送りをさせていただくこともございます。

特徴4.ペット火葬場までどうやって連れて行く?と悩む必要がありません

「ペットの火葬場に連れて行く時、何に入れてペットを運べばいいの?」

亡くなったペットを車に乗せてご移動するとなると、ペットをどのように運ぶか、多くの方が悩まれます

毛布や敷布にくるんだり、ダンボールに入れたりと、皆様試行錯誤しながら、ペットの火葬場までご遺体を運んでいらっしゃいます。

しかし、ペット火葬場によっては、くるんできた毛布やダンボールは一緒に火葬炉には納められないと、断られてしまう場合も多いようです。

また改めて毛布やダンボールからご遺体を出して火葬をしてもらったものの、その後これらはどうしよう?と困る方も多いようです。

訪問ペット火葬では、自家用車やタクシーに乗って、ペットちゃんを運ぶ必要が無いので、ご移動のためのご用意は要りません。

ペット火葬車が到着しましたら、手順等をご案内させていただきます。ご家族様には、ペットちゃんをそのまま抱きかかえてお連れいただければ結構です。

そのまま火葬炉に一緒にお納めできるカゴ棺や、おくるみもご希望でしたらご用意させていただきます。

最後まで手厚く、お見送りをさせていただきますので、ご安心してご依頼ください。

特徴5.都合の良い時間に来てくれる!

自治体のペットの火葬場は、一部例外もありますが、基本的に役所と同じような勤務形態となり、土曜・日曜が休みの場合が多くあります。

また、民間のペットの火葬場でも、営業時間が日中のみで、早朝や夜間にはあまり対応していない場合が多いです。

ご家族様が揃う、ご都合の良い日時にペットの火葬場が開いていないという場合でも、訪問ペット火葬でしたら、ご都合をお伺いし、なるべくご希望に沿う時間帯にご自宅まで伺います。ふくふくやまは、24時間電話受付です。土日はもちろん、ご家族の出勤前やご帰宅後の時間帯でも、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ペット葬儀・火葬のご依頼

電話にて、分かりやすく、丁寧にご説明いたしますので、安心してご連絡ください。

ふくふくやま ペット火葬・セレモニー受付

 電話の受話器のアイコン素材 その2022-778-9055

 

お電話がつながらない場合は、お手数ですが下記本店の電話番号にお問い合わせください。

※セレモニー中はスタッフが電話に出られない場合がございます。

ふくふくやま本店

電話の受話器のアイコン素材 その2050-5883-2371

ご用件をお伺いして折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。

ご葬儀はペットちゃんにしてあげられる最期のひとときです。感謝の気持ちを込めて優しいお見送りを…


メールフォームからのお申込み

コメントを残す

*