仙台市

仙台市若林区の訪問ペット火葬・ペット葬儀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仙台市 若林区

若林区仙台市)のペット火葬、ペット葬儀のご依頼もお受けしております。ふくふくやまは若林区内のご自宅へご訪問して立ち会いにて火葬・拾骨を行えます。火葬後の、ペット供養、納骨・散骨についてもご相談ください。

若林区(仙台市)のペット火葬

仙台市若林区にペット火葬で訪問する場合、出張費はかかりません。表記されているペット火葬料金以外は一切請求致しません。(お客様のご希望によるオプション追加の場合は除く)

全て安心の個別立合火葬です。大切なぺットのご遺骨が他のペットの骨と混ざってしまうこともありません。

丁寧な火葬、お骨上げ、お客様のお気持ちを考えた心のこもった対応を心がけております。

また、ペット供養のご相談もお気軽にご相談ください。仙台市にはふくふくやまのアトリエがあり、若林区からのお客様もお越し頂いております。

若林区 ペット火葬料金表

若林区の火葬料金プランは下記の通りです。

お別れに必要なものは全て含まれた一式セットの料金です

(火葬+骨壷+覆い袋+写真色紙+メッセージカード)

体重 1kgまで :12000円

インコ・オウム・ハムスター・フェレット・モルモット・その他小動物

体重 5kgまで :20000円

猫・うさぎ・チワワ・パピヨン・ヨーキー・マルチーズ・ポメラニアン・トイプードル等

体重 10kgまで :23000円

ミニチュアダックス・シーズー・パグ・ミニチュアシュナウザー ・スピッツ・ウィペット・大型ネコ等

(中・大型犬火葬の際のご注意点もこちらから)

*表示価格は税込です。

*宮城県全域、山形県東部、福島県北部に出張致します。(詳しい訪問エリア)

お別れに必要なものは全て火葬料金に含まれています。

お別れのメッセージカードや、思い出写真色紙、火葬後の拾骨に必要な骨壷や覆袋も全て無料で付いてきます。

ふくふくやまの無料特典←詳しく知りたい方

骨壷 全種

無料で選べる骨壺

思い出写真色紙

弊社で火葬された方に無料で差し上げています

ペット メッセージカード

お別れのメッセージカード付き

仙台市若林区でのご火葬をされたペットちゃん

ペット火葬、若林区のペット葬儀

仙台市若林区若林の猫【シエルちゃん】

この日の夜からは、仙台市若林区若林の猫・シエルちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。

20歳7ヶ月と、大往生の男の子でした。

ご家族様がお仕事が終わられる夜から、みなさまお立ち会いのもとで行われたシエルちゃんのご葬儀。涙涙のお別れとなりました。

ご近所の方に配慮され、別の場所へ移動してのご火葬となりましたが、ご家族様もお車で一緒にきてくださり、終始見守ってくださいました。

愛情いっぱいの生涯、大変長生きをしてご家族様にたくさんの笑顔と思い出をくれたことでしょうシエルちゃんは、安らかなお顔で眠りにつかれました。

仙台市若林区沖野のチワワ【アダムちゃん】

冬の晴れ間が広がるこの日の午後は、仙台市若林区沖野・チワワのアダムちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

16歳と大変長生きをして頑張ったアダムちゃん。

だんだんと目や耳が遠くなってきて、最後はご家族様の腕の中で旅立たれたそうです。

そのせいかアダムちゃんはとても幸せそうに眠るように見えました。

ご親戚もアダムちゃんのお別れにお集まりになられ、ご家族様と4人でアダムちゃんを囲んでお線香をあげられ見送られました。

ご火葬後お骨はベージュの水玉骨壷にお納めし、再び温かな優しいご家族様の腕の中へ帰って行きました。

「訪問ペット火葬、こんな便利なサービスがあるんだね」とご家族様から温かなお声をかけていただきました。

大好きな優しいご家族様に愛され見守られ、アダムちゃんは虹の橋へ旅立っていきました。

仙台市若林区五十人町のミックス犬【ベルちゃん】

この日の午前中からのご火葬では、仙台市若林区五十人町のミックス犬・ベルちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

柴犬とセッターのミックス犬のベルちゃん。

18歳と大往生の女の子でした。

人が来ると隠れてしまうような臆病な子で、セッターの血が入っているのですばしっこく逃げる子だったそうです。

生前の微笑ましいエピソードを、ご家族様が懐かしむように、お話しくださいました。

お見送りに際して、お母様が、ベルちゃんの大好物だった唐揚げを準備していてくださいました。

ベルちゃんのお口元に添え、お花で囲まれて迎えた旅立ちのとき。

穏やかに、眠るようなお顔で、ベルちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

今頃、大好きな唐揚げをお腹いっぱい食べながら、ご家族様の毎日を見守ってくれていることでしょう。

仙台市若林区荒井のジャックラッセルテリア【セナちゃん】

ちらちらと雪が舞うこの日の午後。

ふくふくやまでは、若林区荒井のジャックラッセルテリア・セナちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

以前、仙台市若林区でお見送りをさせていただいた、同じくジャックラッセルテリアのラスタちゃんのご家族様からのご紹介でした。

家族ぐるみでお付き合いのある2組のご家族様。ワンちゃんたちは、一緒に遊んで兄弟のような関係だったそうです。

お見送りの際には、旦那さんが買って来てくださった可愛い花を添えられました。

「女性にプレゼントするお花、初めてはセナちゃんだね。」

とお話をされながら、ご家族様でお見送りをされました。

お手紙やおやつを持たせて

「ありがとう、さようなら。」

とお声をかけられたおばあさま。皆様からの祈りに包まれながら、セナちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

ご火葬後のお骨は、「セナちゃんらしいね。」とブラウンの水玉骨壷にご家族様で納めてくださいました。

仙台市若林区沖野のMダックス【龍の助ちゃん】

よく晴れたこの日。正午からの旅立ちは、仙台市若林区沖野のミニチュアダックス・龍の助ちゃんでした。

クリーニング店を営むご家族様の元で、愛情いっぱい育って来た龍の助ちゃんは、14歳と長生きの男の子でした。

ふわふわの毛並みの龍の助ちゃん。

眠ったような小さなお身体との最後のお別れでは、こらえきれず龍の助ちゃんに顔を埋めて、お父様が声をあげて涙されていらっしゃいました。

「しっかりしなきゃ」

と、お母様もご自身の悲しみを押してお父様にお声をかけてあげていらっしゃいました。

涙涙のお見送りとなった龍の助ちゃん。

これからは涙よりも笑顔で、僕との思い出を思いだしてねと願いながら、虹の橋へと旅立って行ったことでしょう。

仙台市若林区新寺のロシアンブルー【ピッピちゃん】

この日の旅立ちのお手伝いは、仙台市若林区新寺のロシアンブルー・ピッピちゃんでした。

以前、猫のハリーちゃんをお見送りさせていただきましたご家族様の元への再訪でした。

ハリーちゃんの旅立ちの際に、ご自宅の奥にいた猫ちゃんが、ピッピちゃんでした。

小さな身体で、15歳まで頑張って生き、ご家族様に寄り添ってきてくれたピッピちゃん。

ハリーちゃんが旅立った後のご家族様の寂しいお心を、たくさんたくさん癒してきてくれたことでしょう。

眠ったような安らかなお顔の周りに、蘭のお花を添えてお別れをされました。

今頃虹の橋で再会したことでしょうピッピちゃんとハリーちゃんは、ご家族様がこれからも笑顔で過ごせることを願いながら、寄り添って見守っていてくれることと思います。

仙台市若林区荒井の猫【あかりちゃん】

この日の夕方からは、仙台市若林区荒井へお伺いさせてていただきました。

お見送りさせていただきました子は、猫のあかりちゃん、15歳の女の子でした。

食べることが大好きだったというあかりちゃん。

特にルッコラが好きだった、オシャレな猫ちゃんでした。

お別れの前に、最後に何度も体を撫でて、一緒に過ごした感謝の気持ちを伝えていらしたご家族様。

ご火葬後のお骨は、ネックレスとカプセルにご遺骨を分骨されてとっておかれました。

共に過ごした毎日の思い出は、これからもご家族様の心を照らし続けてくれることでしょう。

仙台市若林区上飯田のアメリカンショートヘア【ジャスミンちゃん】

穏やかな夕方でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市若林区上飯田へ、猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、アメリカンショートヘアのジャスミンちゃん、20歳と大往生の女の子でした。

以前、お見送りさせていただきましたチワワの大和ちゃんのご家族様からのご紹介でした。

ジャスミンちゃんは、20年前に、当時7歳の息子さんが、一人でも寂しくないようにと家族に迎え入れた子だったそうです。

それからの長い長い歳月、息子さんが学校を卒業するときも、成人になったときも、ずっとずっとそばで見守ってきてくれた存在でした。とても大人しくて優しい子だったそうです。

小さなジャスミンちゃんのお身体に、息子さんがブーケを添えてお別れをなさいました。

ご家族様それぞれにとって、子供のような、妹のような、特別な存在だったことでしょうジャスミンちゃん。

20年間を大切に育ててくれたご家族様への感謝の気持ちを心に、虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区沖野のトカゲ【ココナちゃん】

この日の夜からのご火葬では、仙台市若林区沖野へお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ヒョウモントカゲモドキのココナちゃん、6月に家族に迎え入れたばかりの、3グラムほどの小さなお身体の子でした。

「ご飯をなかなか食べてくれず、大きくなれなくて・・・」

と、幼い旅立ちを惜しまれました。

息子さんが丁寧にお身体の周りにお花を添えて、お別れをしていらっしゃいました。

ご遺骨が残るか心配でしたが、小さな小さな綺麗なご遺骨も残り、良かったと少し安心されたご様子でした。

虹の橋では、きっとお腹いっぱい食べながら、ご家族様の毎日を見守ってくれていることでしょう。

仙台市若林区今泉の猫【クロちゃん】

厚い雲の広がる午後でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市若林区今泉の猫・クロちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

ご家族そろってのお別れで、息子さんや娘さんたちも、涙でクロちゃんの旅立ちを見送られました。

ご自宅ではチワワちゃんも一緒に暮らしていて、1階にいるチワワちゃんに2階から降りてきたクロちゃんが鉢合わせをすると、驚いて2階に飛んで行っていたそうです。

生前の思い出話をされながら迎えた旅立ちのとき。

ご火葬前に、クロちゃんの毛を少し取らせてもらって、お子様お二人用にと、ペットの毛から作るキーチャーム「夢玉」をご依頼くださいました。

ご火葬後のクロちゃんのお骨は、お耳としっぽのついたふわもこ骨壷カバーに納めて、ご返骨させていただきました。

後日、ご家族でふくふくやまのアトリエにお越し下さり、クロちゃんの仏壇をお求めになりました。

とても礼儀正しく素直なお子様達。「クロちゃんがいなくて寂しいです。」とお話になりながらも、きちんと供養をしてあげたいと、お仏壇や仏具を選ばれました。

虹の橋へと旅立って行ったクロちゃんはこれからも、一緒に育ったお子様達や大切に育ててくれたご両親を、天国から見守り続けてくれることでしょう。

仙台市若林区日辺のキンクマハムスター【むぎちゃん】

風の冷たい、冬らしい夜でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市若林区日辺に、キンクマハムスターのむぎちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

ご家族様でお見送りにお立会いくださり、むぎちゃんのために、可愛らしいブーケをご用意くださっていました。

ブーケから、一輪ずつお花を切って、小さなお身体の周りに丁寧に飾りむぎちゃんの旅立ちを見送られたご家族様。

大好きだったひまわりの種も忘れずに、お口元に添えられ、目には涙を浮かべていらっしゃいました。

一緒に過ごした時間は、かけがえのない笑顔あふれた時間だったのでしょう。

たくさんのありがとうを込めて、天に昇っていくむぎちゃんを見送られました。

ご火葬後、小さいながらしっかりと残ったむぎちゃんのお骨を、ピンセットで丁寧にお二人でお骨上げされ、お骨壷にお納めくださいました。

むぎちゃんの生きた証は、優しいご家族様の手のひらの中へと、帰って行きました。

仙台市若林区大和町のシンガプーラ【みのちゃん】

この日の午前中からのご火葬では、仙台市若林区大和町のシンガプーラ(猫)、みのちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

17歳と長生きの男の子でした。

大きい時は7キロほども体重があったというみのちゃん。

晩年にはだいぶ痩せてしまって・・・と、長い間に渡って見守り続けて来たその姿を思いながら、おっしゃっていました。

お花やおやつを添えて、みのちゃんの旅立ちを見送られました。

ご火葬後のご遺骨はしっかりと残り、

「こんなに綺麗に残るんですね。」

と、驚かれているご様子でした。ご家族様で丁寧に、ベージュの水玉骨壷にお納めくださいました。

長い生涯、ご家族様からの愛情を一身に受けて来たことでしょうみのちゃんは、かけがえのないたくさんの笑顔溢れる思い出を残し、住み慣れたお家から虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区上飯田の猫【ベンちゃん】

小雨のぱらぱらと降る午後でした。

この日、ふくふくやまでは、仙台市若林区上飯田の茶トラ猫、ベンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

17歳と大往生の男の子でした。

「自宅で見送れるので安心です。」

とお電話にておっしゃってくださったご家族様。息を引き取られてから四日間、ゆっくりとお別れをなさって、皆の集まれるときにとご火葬のご依頼をくださいました。

晩年は、だいぶ痩せてしまったご様子のベンちゃん。好きだったニシンをお口元に添えて、匂いのついたTシャツを一緒にと身体を包んであげていらっしゃいました。

お骨上げの時には降っていた小雨も止み、皆様でお骨上げをしてくださいました。

ご家族様に見守られながら虹の橋へと旅立って言ったベンちゃんは、大好きなニシンを頬張りながら、ご家族様の毎日をこれからも見守っていてくれることでしょう。

仙台市若林区沖野のMダックス【コジロウちゃん】

この日は1日中雨の降る日でした。

ふくふくやまでは、午後からのご火葬で仙台市若林区へ、ミニチュアダックスフントのコジロウちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

12歳の男の子でした。

ご家族様五人がお立会いくださり、セレモニーでは涙のお別れとなりました。

最後に皆様でお顔を優しく撫でて、お花やお手紙・おやつを添えて、コジロウちゃんの旅立ちを見送られました。

眠るように穏やかなコジロウちゃんのお顔は、大切に育ててくれたご家族様への感謝がにじみ出ているようでした。

ご家族様それぞれにとって、かけがえの無い存在だったことでしょうコジロウちゃん。

生前の愛おしい姿を思い出すように、お骨を一つ一つ丁寧に、ご家族様交代でお骨壷にお納めくださいました。

雨雲の向こう側に広がる虹の橋へ、コジロウちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市若林区上飯田の猫【ニャンコちゃん】

秋晴れの午後、この日、ふくふくやまでは、仙台市若林区上飯田の猫・ニャンコちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。

21歳と大往生の女の子でした。

一緒に暮らしておられたのは、足の不自由なお母様で、ニャンコちゃんが息を引き取った時に動物病院にご相談され、火葬場に連れていくことが難しいため、ふくふくやまにニャンコちゃんのご火葬をご依頼くださいました。

「ご自宅でお別れできてよかったです。」

と、ご自身もお悲しみの大きい中でいらっしゃったと思いますが、労いのお言葉をくださいました。

ご火葬後、綺麗に残ったご遺骨をご覧になり、ピンクの水玉骨壷にお納めくださいました。

「お骨がそばにあれば、ニャンコがそこにいるような気がして全然さみしくはないの。」

とお話しなさいながら、ニャンコちゃんの生前の姿を偲ばれました。

時期が来たら、先代のワンちゃんが眠る仙台市葛岡のペット霊園にご遺骨をお納めしてあげるそうです。

仙台市若林区保春院前丁のミックス犬【ドンちゃん】

秋の雨が降る中、この日の翌日には台風が迫っていました。

この日お見送りをさせていただきました子は、ミックス犬のドンちゃん、18歳と大往生の男の子でした。

ペットちゃんを見送られるのはご家族様にとってはじめてのことだったそうで、はじめは仙台市の火葬場に連れて行くことを考えていらしたそうですが、お兄様が

「訪問で来てくれるところもあるよ。」

と、探して教えてくださったそうで、ふくふくやまにドンちゃんのご火葬をご依頼くださいました。

晩年はだいぶ痩せながらも、頑張ってその生涯を生き抜いてくれたドンちゃん。毎日4回のお散歩が、元気の秘訣だったそうです。

お見送りでは、3年前にお家に来たピースちゃんも、終始ドンちゃんの旅立ちを見守ってくれました。

二匹は相性がとても良かったそうです。

ドンちゃんの顔を包み込むように、長いこと抱きしめてお別れをなさっていました。

はじめは不安もあったそうですが、しっかりと綺麗に残ったご遺骨をお骨上げをして、ご火葬が無事に終わって安心されたご様子でした。

後日、ドンちゃんの被毛から製作したペット筆をお届けさせていただきました。

ドンちゃんのお名前と、命日が刻まれています。

仙台市若林区二木のミックス犬【トッティーちゃん】

だんだんと日が短くなり冬の訪れが感じられるこの日、

ふくふくやまでは仙台市若林区二木のミックス犬トッティーちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

ご家族様がそれぞれお別れをされ火葬の際にはお父様が、お別れに立ち会ってくださいました。

「家族だからね、ちゃんとしてあげないと」とおっしゃっていたご家族様。

17年間の長い歳月を共に過ごしたトッティーちゃんのご遺骨をご覧になって、涙がこみ上げてこられたご様子でした。

その後、娘さんが帰ってこられて、トッティーちゃんのお骨は木製の骨壷にお納めしてお返しさせて頂きました。

ご家族様それぞれからの感謝の思いを心にトッティーちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市若林区二木のブルドック【ゴンちゃん】

この日の午前中からのご火葬では、仙台市若林区二木へ、ブルドッグのゴンちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

11歳の男の子でした。

「実はこの子で見送りは4度目なんです。」

と、立て続けにワンちゃんを見送られていたご家族様。

ゴンちゃんは、とっても穏やかで手のかからない子だったそうです。

優しい性格ゆえ、他の子たちからいじめられて耳をかじられてしまったことあったゴンちゃん。

その穏やかな雰囲気に、ご家族様もいつも癒してもらっていたことでしょう。

病気に気づいた時には既に末期のがんと宣告され、程なくして旅立たれてしまったそうです。

家族の一員として、穏やかな時間とあたたかい笑顔をたくさんくれたゴンちゃんは、ご家族様に見守れながら、秋の空へと天高く旅立って行きました。

仙台市若林区新弓ノ町の猫【社長ちゃん】

この日は、仙台市若林区新弓ノ町へ訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、猫の社長ちゃん、女の子の猫ちゃんでした。

お仕事でお忙しそうなご様子のご家族様。

「松森まで連れていくのもなかなか難しかったので、家に来てくれて助かりました。」

とお声がけくださいました。

ご火葬後は、お骨をコンパクトにしたいと、粉骨パウダー加工をさせていただきまして、1サイズちいさなお骨壷に納めさせていただきました。

社長ちゃんのお骨の一部は、刻印カプセルに納めてお返し致しました。

仙台市若林区成田町のデグー【ぽんたちゃん】

秋を感じる夜風を穏やかに感じるこの日。

ふくふくやまでは、仙台市若林区成田町のブルーデグー・ぽんたちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

ご家族様の揃う夜のお時間帯にとご依頼をいただき、お伺いさせていただきました。

眠るように穏やかなそのお顔のそばに、メッセージカードと、いつも食べていたフードを添えて、ありがとうと涙しながら声をかけていらっしゃったご家族様。

2年間のぽんたちゃんの生涯。一緒に過ごした時間、ご家族様にたくさんの笑顔と思い出をくれた、かけがえのない息子のような存在だったことでしょう。

ご自宅が集合住宅だったため、別の場所に移動させていただいて、ご火葬後にご返骨に上がらせていただきました。

ぽんたちゃんのお骨は、ご家族様がお選びくださった青い小動物用のお骨壷にお納めして、お返しさせていただきました。

「おかえり」

と優しくお声をかけて、お骨を大切そうに手の中に迎え入れられたご家族様。

ご家族様からのたくさんの感謝の気持ちを胸に、ぽんたちゃんは秋の夜空に天高く旅立って行きました。

仙台市若林区志波町の猫【チャチャちゃん】

この日は、仙台市若林区志波町の猫、チャチャちゃんのお見送りにお伺いさせていただきました。

チャチャちゃんが息を引き取ってから、ペット火葬をしてくれるところを探されたご家族様。

タウンページで探されて、自宅まで来てくれるからと、ふくふくやまにお電話をくださったそうです。

チャチャちゃんのお身体を抱いて、涙ながらに「お願いします」と託すお母様からお預かりさせていただき、ご火葬後にご返骨に上がらせていただきました。

生きた証が納められたお骨壷を抱いて、寂しいながらも無事旅立ったチャチャちゃんを思い、安心されたご様子でいらっしゃいました。

深く心で繋がったチャチャちゃんとご家族様。たとえ元気な姿が見えなくなってしまっても、これからもご家族様の心の中で、チャチャちゃんはいつまでも生き続けていることでしょう。

仙台市若林区南小泉の猫【モカちゃん】

よく晴れた午後でした。

この日のご火葬では、仙台市若林区南小泉の猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、猫のモカちゃん・12歳の女の子でした。

モカちゃんのご葬儀には、ご家族様五人でお立ち会いくださいました。

もともとは野良猫ちゃんが産んだ子猫のモカちゃんを、ご家族様が保護されたそうです。

ご火葬したそばの建物の中で生まれたので、最後もここでと、お母様が火葬車を停める場所を案内してくださり、ご家族様に見守られながら、モカちゃんのご葬儀は執り行われました。

お花やおやつを皆様で添えてお別れをなさり、セレモニーでは小さい息子さんと娘さんも涙しながら、モカちゃんへの感謝の気持ちを伝えられました。

ご自宅の敷地に、先代に見送られた猫ちゃん達のお墓があり、49日が過ぎたらそちらに埋葬してあげるそうです。

皆様に愛された12年間の生涯を閉じ、モカちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区伊在の猫【あんずちゃん】

お彼岸だったこの日、ふくふくやまでは、仙台市若林区伊在へお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、7歳の猫のあんずちゃん。ご自宅のお庭には、綺麗な彼岸花が咲いていました。

「あんず、ありがとね。」

と、感謝の気持ちいっぱいにお別れを告げられていたご家族様。

女の子らしい性格だったというあんずちゃんは、おしとやかで優しい子だったそうです。

ご家族様にたくさんの癒しと、笑顔と思い出を与えてくれたことでしょう。

たとえ姿はなくなってしまったとしても、一緒に過ごした時間はずっとご家族様の心の中に大切な思い出としてあり続け、色褪せることはありません。

涙よりも笑顔で、あんずちゃんとの思い出を語り合える日が1日も早くご家族様に訪れますよう願いながら、仙台市若林区を後にさせていただきました。

仙台市若林区のフレンチブルドック【カツオちゃん】

この日の午前中は、小雨の降る中での旅立ちのお手伝いをさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、フレンチブルドッグのカツオちゃん、13歳の男の子でした。

サザエさんが好きなご家族様が名付けられたというカツオちゃん。

アニメでのキャラクターの通り、言うことのきかないやんちゃな子だったそうですが、

「それでも可愛かったんですよ。」

と愛おしそうにカツオちゃんのことをお話しくださいました。

涙を流しながら、ご夫婦でお別れを告げられ、お花やりんご、バナナなどのおやつを添えてくださいました。

大好物に囲まれながら、カツオちゃんは天高く虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区のチワワ【Momoちゃん】

前日の晩の雨雲が予報よりも早く過ぎ、雨上がりの朝でした。

この日、午前中のご火葬では、仙台市若林区のチワワちゃんの訪問ペット火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、チワワのMomoちゃん、10歳の女の子でした。

ご家族様からの愛情をたっぷりと注がれ育ってきたMomoちゃん。

公園でお散歩をするのが大好きな子でした。

旅立つ少し前まで、お仕事の都合でお家を空けることも多かったご家族様ですが、Momoちゃんの最期は、みんなに見送ってもらいたいと願っていたかのように、ご家族様がちょうど集まれた時まで待っていてくれました。

ご家族様おひとりおひとりのお顔を大きな瞳に焼き付けるようにして、安らかに息を引き取ったそうです。

10歳10か月。奥様のお誕生日も10が付く日。

ご家族様にとって大切な日である10にちなんでその生涯を閉じたMomoちゃん。

ご家族想いだったMomoちゃんを、見守りながら手厚く旅立ちを見送りたいと、ふくふくやまにご火葬をご依頼くださいました。

ご葬儀は、Momoちゃんがよくお散歩をしていた公園のすぐそばで執り行わせていただき、ご家族様もタクシーで一緒にご移動くださり、そばで見守ってくださいました。

リンゴやおやつなどの好物を添え、お花を手向けて旅立ちを見送られました。

火葬の間は、もうの1匹のチワワちゃんと思い出の公園で、

「よく一緒に歩いたところだね」

と思い出を偲びながら、散歩をしてお待ちくださいました。

ご家族様のたくさんの愛情に包まれながら虹の橋へと旅立っていったMomoちゃんは、これからも大切なご家族様の毎日を、優しい眼差しで見守っていてくれることでしょう。

仙台市若林区荒井南の猫【ロンちゃん】

この日の夕方からのご火葬では、以前キャバリアのクリロちゃんのご火葬にお伺いさせていただきましたご家族様からのご依頼で、猫ちゃんのご葬儀にお伺いさせていただきました。

昨年の同じ季節に旅立ったクリロちゃんの元へ、この秋に猫のロンちゃんも旅立ちました。

16歳と長生きの男の子でした。

フサフサした毛並みのロンちゃん。

気高く美しい姿に似合うバラの綺麗なブーケを添え、おやつを口元に置いて、お別れをなさいました。

ご家族皆様でロンちゃんを囲んで、感謝の言葉、労いの言葉を口々にかけてあげていらっしゃいました。

ご火葬後、ロンちゃんのお骨は木製骨壷に納めさせていただきました。

お骨壷を抱きかかえ、

「こんなに軽いんだね」

と寂しそうにおっしゃったご家族様。

ご家族様からのお言葉を胸に旅立っていったロンちゃんは、持たせてもらったおやつを抱えて、虹の橋で今頃クリロちゃんと再会して寄り添いながら、皆様の毎日を見守っていてくれていることでしょう。

仙台市若林区古城のMダックス【ムサシちゃん】

この日、夕方からのご火葬では、仙台市若林区古城へお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ミニチュアダックスフントのムサシちゃん、15歳と長生きの男の子でした。

体格の大きなムサシちゃん。

とても可愛くて、鳴くたびにおやつをあげていたらいつの間にか大きくなっていたと、ご家族様がムサシちゃんの成長の過程を懐かしく振り返るようにお話くださいました。

ムサシちゃんは、息子さんが11歳の時に家族に迎え入れた子だそうです。兄弟のように育ってきた特別な存在だったことでしょう。息子さんも頭をポンポンと撫でながら、そっとお別れしていらっしゃいました。

震災も一緒に乗り越えてきたムサシちゃん。

15年という長い生涯で、ご家族様もたくさんの思い出を笑顔をもらったことでしょう。

明るく送ってあげたいと

「バイバイ、ありがとう。」

と、火葬炉の扉が閉まる最後まで、お声をかけてくださいました。

先に旅立たれたご家族様のお祖母様は、ムサシちゃんと一日違いの命日だったそうです。

虹の橋へと旅立っていったムサシちゃんは、今頃お祖母様と再開して、仲良く寄り添いながらご家族様の毎日を見守ってくれていることでしょう。

仙台市若林区河原町のトイプードル【ローズちゃん】

梅雨明けから連日の雨が続く今年の夏。

この日も小雨が降る中のワンちゃんの旅立ちに立ち合わせていただきました。

午前中からのご火葬では、トイプードルのローズちゃんのご火葬にお伺い致しました。

7歳の女の子でした。

お伺いした前日に息を引き取ったローズちゃん。

一晩、ご家族様とお別れをされ迎えた旅立ちの日。

小さなお身体でも、大きな存在感で、ご家族様の毎日に笑顔をたくさんもたらしてくれた事でしょう。

カゴ棺には、おやつや、慣れ親しんだ匂いの着いた薄手のお洋服も納められました。

ご家族様揃ってご自宅の前まで来てくださいました。

ご自宅がマンションのため、別の場所に移動してご火葬するために出発する火葬車を、皆様で見送ってくださいました。

ご火葬後、ローズちゃんのお骨はピンクの水玉骨壷カバーに納めて、ご家族様へとご返骨させていただきました。

ご家族様からのたくさんの「ありがとう」の思いを心に、ローズちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区遠見塚のトイプードル【チャコちゃん】

お盆期間中だったこの日、ふくふくやまでは、仙台市若林区遠見塚にて、トイプードルちゃんのご葬儀にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、15歳の女の子のチャコちゃんでした。

ご家族様と共に、福島からお盆で仙台市若林区のご実家へ帰省されていた時でした。

元々はお母様がご実家から連れて来られ、福島で過ごしていたチャコちゃん。

「最期はこちらに戻って来たかったのかもしれないね。」

と、チャコちゃんとの別れを惜しまれました。

ご家族様皆様に見守られながら、セレモニーでは涙のお別れとなりました。

ご火葬後、チャコちゃんのお骨は、土に還る木製骨壷に納め、ご返骨させていただきました。

ご自宅に帰られたら、お庭に埋葬してあげるそうです。

仙台市若林区上飯田の猫【ちびしゅけちゃん】

小雨の降る1日でした。

この日は、仙台市若林区上飯田の猫・ちびしゅけちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

小柄な体格のちびしゅけちゃん。

「幼い顔をしていたけれど、17歳だったんです。」

と、ちびしゅけちゃんの生前の姿を愛おしむようにおっしゃっていました。

ご家族様が帰宅すると、お迎えはいつも窓際から覗いて、しっぽをフリフリしてくれて、お家の中にいるときは、いつもどこでも一緒にいたそうです。

3日間、ゆっくりお別れをされてから迎えた、ちびしゅけちゃんの旅立ちの日。

ご家族様に見守られながら、天高く虹の橋へと旅立って行きました。

ご火葬後、ちびしゅけちゃんのお骨はピンクの水玉骨壷に納められ、以前見送られたもう一匹の猫ちゃんの分もと、お色違いの水玉骨壷カバーをご依頼くださいました。

2匹ちゃんの生きた証は、お家の中で仲良く並んで、ご家族様の毎日をそばで見守っていてくれることでしょう。

仙台市若林区一本杉町のハリネズミ【ハリーちゃん】

不安定な天候が続く8月です。

ふくふくやまではこの日、仙台市若林区一本杉町のハリネズミ・ハリーちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

3歳半の男の子でした。

夜のお時間ならご家族様が帰って来られるとのことで、日が落ちてからのご火葬となりました。

ハリーちゃんの旅立ちには、ご家族お二人でお見送りに立ち会ってくださいました。

マイペースなおっとりとした子だったそうです。

ご火葬後、ハリーちゃんのお骨をご覧になり、

「こんなに小さなお骨なんだね。」

と、生前の姿を思い浮かべながら、在りし日を偲んでいらっしゃいました。

緑色の小動物用骨壷に納められたハリーちゃんのお骨は、ご家族様の優しい手の中へと帰って行きました。

仙台市若林区南鍛冶町の柴犬【頌栄(しょうえい)ちゃん】

この日の午後からは、仙台市若林区南鍛冶町へお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、柴犬の頌栄(しょうえい)ちゃん、14歳の男の子でした。

教会にお仕えしているご家族様と一緒に暮らしていた頌栄ちゃん。

教会で歌われる賛美歌の”頌栄”からお名前を元々は取ったそうですが、実際のところは、呼びやすい愛称で、「しょうちゃん」と皆様から呼ばれ、慕われてきたそうです。

3年前にこちらに越してきた頌栄ちゃんは、始めは慣れない場所に戸惑っていたご様子でしたが、ご家族様がそばにいて安心したのか、だんだんと新しい環境での生活に慣れてきてくれていたそうです。

日本犬らしいマイペースで落ち着いた性格で、その穏やかな存在に、ご家族様もいつも癒しをもらっていたことでしょう。

お花やおやつを添えてお別れをなさいました。

ご家族様からの祈りは、虹の橋へ旅立つ頌栄ちゃんの道のりを照らしてくれていることでしょう。

仙台市若林区若林の猫【マルちゃん】

風の涼しい夕方でした。

この日は、仙台市若林区若林の猫ちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、三毛猫のマルちゃん、17歳と大往生の女の子でした。

小さな時に、息子さんが連れてきたことで家族になったというマルちゃん。

平日のこの日、マルちゃんの旅立ちにはお父様とお母様がお立会いくださいました。

この日立ち会うことのできなかった息子さんのために、お別れのご様子やお骨を写真に収めていらっしゃいました。

いつも食べていたフードと、白い綺麗なお花でお身体を囲んであげて、セレモニーでは涙のお別れとなりました。

離れていても、心は一つ。

共に成長してきたことでしょう息子さんからの感謝の思いも、きっとマルちゃんには伝わっているはずです。

虹の橋へと旅立って行ったマルちゃんは、これからもご家族様の毎日を、優しい眼差しで見守っていてくれることでしょう。

仙台市若林区一本杉町の猫【チッコちゃん】
燦々と降り注ぐ太陽に照らされて、綺麗なお庭の花々が咲き誇っていました。
お伺いしたのは、若林区一本杉町の猫のチッコちゃん、15歳の女の子でした。

捨て猫だったチッコちゃん、連れて来た時から持病もあったようでしたが、

ご病気と付き合いながら15年間頑張って来られたチッコちゃん。

「とっても可愛がって来た子だから」と、
いつもそばにいられるお家のお庭に埋めてあげるそうです。

お話を通して、チッコちゃんが愛情を受けて育ってきたことがとても良く伝わってきました。

かけがいのない思い出をたくさん作ってくれたチッコちゃん、

ご家族様の優しい眼差しに見守られながら空高く昇っていきました。

仙台市若林区かすみ町のトイプードル【壱ちゃん】

この日の午後からは、仙台市若林区かすみ町へお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、トイプードルの壱ちゃん、12歳の男の子でした。

ご家族様に抱っこをされて、旅立ちのときを迎えた壱ちゃんは、とても安らかなお顔をしていました。

皆さんで囲んで、たくさんの愛情を込めてお別れを告げられました。

壱ちゃんのお身体の周りには、大好きだった手羽先のおやつを添えて、仲のよかったトイプーちゃんもそばでお別れに立ち会いました。

一部のご遺骨を納める信楽焼分骨入れをご依頼くださいました。

ご家族様がいつもそばに感じられる、壱ちゃんの面影ある分骨入れになりますよう願いを込めて、現在、作家が製作させていただいております。

仙台市若林区沖野のチワワ【とのちゃん】

この日の夜からのペット葬儀では、仙台市若林区沖野のチワワ・とのちゃんのお見送りをさせて頂きました。

ご家族様のお母様が飼われていたネコ・チャトラちゃんをお見送りさせていただいた際に、ご一緒に立ち会ってくださっていた娘さんの所の11歳のワンちゃんでした。

「チャトラちゃんのご火葬からそれほど時間も経ってないのにまた呼ぶことになって・・・」

と、親しんできたペットちゃんたちの旅立ちを惜しまれました。

晩年、とのちゃんは病気と闘いながら、薬も飲んで頑張ってきたそうです。

たくさんのお子さんたちも集まって、お花やフードをとのちゃんのお身体の周りに飾り、皆さまでお別れをされました。

ご火葬後のお骨上げでも涙が止まらないご様子で、お骨を1つ1つ丁寧に骨壷に納めながら、生前の愛おしい姿を思い出されているようでした。

骨壷を抱きしめてお家へ戻られていったご家族様。

今はまだ悲しみが大きいことと思いますが、いつか時間が経って少しずつでも、とのちゃんとの楽しかった思い出を語りながら、涙よりも笑顔になっていただけたらと願いながら、ご自宅を後にさせていただきました。

仙台市若林区沖野の猫【ミーちゃん】

この日のお昼過ぎからは、仙台市若林区沖野の猫ちゃんのご火葬にお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、猫のミーちゃん、18歳と大往生の女の子でした。

もともとは野良猫だったミーちゃん。

事故で顎を怪我して手術をされたこともあり、ご家族様が動物病院に通い、献身的に看病されていたそうです。

18年という長い歳月を共に過ごした日々を思いながら、泪雨の中のお別れセレモニーとなりました。

 

「ネズミを捕まえてくることもあってね」

と、誇らしげにお土産を持ってきてくれたミーちゃんの様子を思い返しながら、お父様がお話くださいました。

ご火葬後、お骨上げの際には雨も止み、ご家族様でお骨上げをしてくださいました。

曇り空の向こう側に広がる虹の橋へ、天高くミーちゃんは旅立って行きました。

仙台市若林区沖野の猫【ポンズちゃん】

この日の午前中は、仙台市若林区沖野へ、猫ちゃんのご葬儀に訪問させていただきました。

お見送りさせていただきました子は、猫のポンズちゃん、9歳の男の子でした。

市営のペット火葬場でのお見送りも考えられたそうですが、ご自宅でお骨上げまでしたいと、ふくふくやまに訪問ペット火葬をご依頼くださいました。

セレモニーでは、涙のお別れとなりました。

火葬炉の扉を閉める直前まで、優しくお声かけをなさり、ポンズちゃんとの別れを惜しまれました。

楽しい時も、大変な時もそばに寄り添ってくれていたことでしょうポンズちゃん。

たとえ姿はなくなっても、これからもご家族様の心のなかで、元気な姿で居続けてくれることでしょう。

仙台市若林区六十人町のジャンガリアンハムスター【ひめちゃん】

この日は、仙台市若林区六十人町へ、ハムスターちゃんのご火葬にお伺いいたしました。

お見送りさせていただきました子は、ジャンガリアンハムスターのひめちゃん、1歳半の女の子でした。

ひめちゃんの旅立ちに立ち会ってくださったご家族様は、青森からこの春に仙台市に越していらした大学生で、とても懐いてくれたひめちゃんに、いつも心癒されていらしたそうです。

小さなひめちゃんのお身体の周りには、お花とお手紙を綺麗に飾ってお別れをなさいました。

クリクリの目がとても可愛いひめちゃん。

ご火葬後、ペットそっくりの羊毛フェルト人形「てのりっこCUTE」をご依頼くださいました。

ふわふわの羊毛フェルト人形「てのりっこ」に面影をうつしたひめちゃんは、ご家族様のもとへと無事帰って行きました。

仙台市若林区二軒茶屋のアメリカンコッカースパニエル【ゼットちゃん】

この日の午後からは、仙台市若林区二軒茶屋へお伺い致しました。

お見送りさせていただきました子は、アメリカンコッカースパニエルのゼットちゃんでした。

当時、ご家族様が乗っていらしたお車の名前から取ったというゼットちゃんは、12歳の男の子でした。

生前は、ご家族様と一緒に車でたくさんの所に出かけたそうです。

若い頃は真っ黒の艶々の毛並みで、たくさんの人に褒められていたというゼットちゃん。

安らかに眠ったお顔は、長年ご家族様から愛され、可愛がられ、撫でられてたくさんの愛情を知った、感謝の気持ちにあふれたような誇らしげな表情でした。

お花とメッセージカード、大好きだった骨型のガムをお口元に添えて、お別れをなさいました。

ご火葬後、お骨を見て、涙が止まらないご様子のお母様

こんなに小さくなっちゃうんだねと、ご遺骨を愛おしそうに見つめながらおっしゃっていました。

ご家族様に見守られながら、ゼットちゃんは虹の橋を渡っていかれました。

仙台市若林区連坊小路のミニチュアダックス【ベルちゃん】

この日、午前中からのご火葬でお見送りさせていただきました子は、仙台市若林区連坊小路のミニチュアダックスフント・ベルちゃん、14歳の女の子でした。

一緒に住んでいるやんちゃなダックスちゃんとは性格も正反対で、とても優しい性格だったそうです。

いつも優しい眼差しで見守っていてくれたベルちゃんに、ご家族様は毎日癒され、笑顔にしてもらっていたことでしょう。

カゴ棺に納められたベルちゃんのお身体には、お花を綺麗に飾っていらっしゃいました。

ご火葬後、お骨上げなさる際にご遺骨を眺めながら、

「小柄な子だったんだね」

と、生前のベルちゃんの姿を懐かしんでいらっしゃるご様子でした。

晴れた青空に天高く旅立っていったベルちゃんは、これからもご家族様の心の中で、元気な姿で生き続けてくれることでしょう。

仙台市若林区沖野の猫【チャトラちゃん】

この日の午後からのお見送りでは、仙台市若林区沖野の猫・チャトラちゃんのご火葬をさせていただきました。

お子様がたくさんお立会いくださり、総勢8名でのお見送りとなりました。

24歳と大往生だった女の子でした。

娘さん(お子様たちのお母様)たちが幼い頃から一緒に過ごしてきたそうで、動物病院でも、こんなに長生きな子は居ないよと言われ、驚かれていたそうです。

24年間の感謝を込めて、チャトラちゃんのお身体の周りにお花とフードを皆様で添えてくださいました。

皆様に見守られて虹の橋へと旅立って行ったチャトラちゃん。

姿はなくなってしまっても、これからもご家族様の心のなかで、特別な存在として生き続けてくれることでしょう。

仙台市若林区上飯田のモルモット【プイちゃん】

この日の夕方からは、仙台市若林区上飯田のモルモット・プイちゃんの訪問ペット火葬にお伺い致しました。

お母様が赤ちゃんをおんぶしながら、お別れにお立ち会いくださいました。

プイちゃんが亡くなったのを一番初めに見つけてくれたのは、お子様だったそうです。

ガンで、前日から呼吸が荒くなっていて、大丈夫かなと様子を伺っていらしたそうですが、2歳半の生涯を終えて、そっと息を引き取りました。

少し降った小雨が晴れてからお骨上げをさせていただいたプイちゃんの小さなご遺骨。

小動物用の小さなお骨壷に納めて、ご返骨させていただきました。

雨上がり、夕暮れの光が差し込む春の空へ、プイちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市若林区高宮町のハリネズミ【ヨツタニクリタちゃん】

この日の夜からのご火葬では、仙台市若林区高宮町のハリネズミ・ヨツタニクリタちゃんの訪問ペット火葬へお伺いいたしました。

動物でもちゃんと名字をつけてあげたほうが良いかと思ってと、フルネームでお名前を付けられたというご家族様。

綺麗なお花を添えて、クリタちゃんの旅立ちを見送られました。

ご家族様が選んでくださった、グリーンの小動物用骨壷に納めて、クリタちゃんのご遺骨はご返骨させていただきました。

星空の広がる春の夜空に、クリタちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市若林区若林のチワワ【大和ちゃん】

この日は夜からのご火葬で、仙台市若林区若林のチワワ・大和ちゃんのお見送りをさせていただきました。

12歳の男の子でした。

北海道にご実家があるご家族様は、仙台に越されて今年で7年だそうです。6年前の震災も、大和ちゃんがいたから一緒に乗り越えられたと仰っていました。

北海道のご両親、特にお父様は、大和ちゃんを膝に乗せて、溺愛していたと、生前の大和ちゃんとのエピソードを教えてくださいました。

息を引き取った時には、大きな目が開いたけれど、こっちを見つめてくれているようで、それも良かったかなと、旅立ちを惜しまれつつ、感謝の気持ちに溢れたご様子で、大和ちゃんを見送られました。

後日、大和ちゃんのお名前と命日・年齢が刻印された分骨カプセルをオーダーしてくださいました。

北海道と仙台、それぞれのご家族様で分骨され、大切にされるそうです。

仙台市若林区木下のポメラニアン【ポメ子ちゃん】

この日の午後からは、仙台市若林区木下へお伺い致しました。

旅立ちを見送らせていただいた子は、ポメラニアンのポメ子ちゃん、13歳の女の子でした。

若い頃は、よくお母様のスリッパの音に反応して、元気な声を聞かせてくれていたそうです。

毛並みがふわふわの子で、触れ合うたびにたくさんのぬくもりをくれたことでしょう。

晩年は、好きだったものも食べられなくなってしまい、体重も落ちてしまったそうですが、最期までよく頑張ってくれたそうです。

ポメ子ちゃんのお身体の周りには、メッセージカード・お花・おやつを添えてお別れをなさいました。

「人のお葬式も悲しいですけど、ペットが亡くなっても同じくらい悲しいですね・・・」

と、ポメ子ちゃんとの別れを惜しんでいらっしゃいました。

よく晴れた春の青空へと、ポメ子ちゃんは天高く旅立って行きました。

仙台市若林区伊在屋敷のモルモット【マロンちゃん】

この日の午後からは、仙台市若林区伊在屋敷のモルモット・マロンちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

6歳と長生きをしたモルモットちゃんでした。

ご家族全員が集まれる日にと、ご予約を頂いて、旅立ちの日を迎えました。

娘さん3人とお父様、お母様がお立会いくださり、それぞれのマロンちゃんとの思い出や、たくさんのありがとうの気持ちを心に、お花やお手紙を添えてお見送りをされました。

3.11の震災の時は、まだ幼なかったマロンちゃん。当時はご家族様が学校や仕事で出ていて、マロンちゃんはマンションで一人で被災したそうです。

大変な中も無事に生きていてくれたことが、ご家族様の心の支えになったことでしょう。

共に歩んだ6年間、宝物のような日々の思い出をご家族様にたくさんくれたマロンちゃんは、安らかに虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区若林のダックス【リィーちゃん】

この日、夕刻に1本のお電話をいただきました。

お電話口は、そのご自宅のお父様でした。

急逝されたダックスのリィーちゃんのご火葬に、あまりお身体を置いておくのは可哀想だからすぐに来てもらえませんか、とご相談のお電話をくださいました。

その日は、夜までご葬儀のご予約があったため、その後にご自宅までお伺いいたしました。

急に旅立ってしまったそうです。覗かせているお顔はまるで眠っているようでした。

ご家族様も、突然のことに呆然とされていらっしゃるご様子でしたが、最期も愛情込めて見送ろうと、ご家族様でメッセージカードを書いて、リィーちゃんのお身体に添えて、お別れなさっていました。

夜も更けていたため、その日はリィーちゃんのお身体をお預かりして、別の場所でご火葬をさせていただき、翌朝ご家族様の出勤前にご返骨に上がりました。

ご家族様のご理解もあり、日をまたいでのご返骨となりましたが、リィーちゃんの生きた証となるお骨は、無事ご家族様の腕の中へと帰って行きました。

仙台市若林区若林の猫【もかちゃん】

この日の夕方からは、仙台市若林区若林の猫・もかちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。

9歳の女の子でした。

お伺いした前日に息を引き取ったもかちゃん。一晩かけて、ゆっくりお別れをなさったのでしょう。

もかちゃんのお身体の周りには、ご家族様がご用意くださったお花やフード、お手紙を添えて、旅立ちを見送られました。

ご返骨にお伺いいたしました際、ご家族様はとても優しいお声で「おかえり」と、もかちゃんのご遺骨を受け取られ、

「寒い中有難うございました。」

とあたたかいお声をかけてくださいました。

9年間、たっぷりの愛情を注がれて育ってきたもかちゃんは、ご家族様の想いを胸に、天高く旅立って行きました。

これからも虹の橋から、ご家族様を見守っていてくれることでしょう。

仙台市若林区畳屋丁の猫【ハリーちゃん】
この日の午前中は、仙台市若林区畳屋丁の猫・ハリーちゃんの訪問ペット火葬にお伺いいたしました。ロシアンブルーの、14歳の男の子でした。

目がとってもきれいな子でした。

ご自宅にはもう1匹猫ちゃんがいて、ハリーちゃんの方が年上猫でしたが、穏やかで優しい性格故か、若い猫ちゃんに追い掛け回されていたと、ハリーちゃんの思い出を教えてくださいました。

「今朝亡くなって・・・」とご火葬のご依頼をいただき、この日は平日でご家族様はお仕事だったため、午前中にお別れをなさり、ご火葬後、夜にご返骨に上がりました。

好きだったおもちゃを一緒にお納めし、セレモニーでは涙で、ハリーちゃんの旅立ちを見送りました。

14年の間、綺麗な瞳に映っていた優しいご家族様との思い出を胸に、ハリーちゃんは虹の橋へと旅立って行きました。

仙台市若林区五橋のハリネズミ【Nellie(ネリ)ちゃん】
この日の午前中にお見送りさせていただきましたのは、仙台市若林区五橋のハリネズミ・Nellie(ネリ)ちゃん、3歳の男の子した。

晩年は、病気と闘って頑張ってきたそうです。

ネリちゃんのお身体の周りには、大好きだったチーズやフードと、メッセージカードを添えてお別れを致しました。ご家族様からのカードには、あたたかいメッセージが綴られていました。

ご火葬後、ネリちゃんのご遺骨は、一部を分骨用のネックレスに納め、小動物用の骨壷にお納めし、ご返骨させていただきました。 穏やかな青空へと天高く、ネリちゃんは旅立って行きました。

仙台市若林区新寺のボストンテリア【こはるちゃん】
良く晴れた穏やかな青空の広がる朝となりました。 ふくふくやまでは、仙台市若林区新寺のボストンテリア・こはるちゃんのご火葬にお伺いいたしました。

お伺いした前日に息を引き取ったこはるちゃん。

ご火葬に伺った日が、ちょうど10歳のお誕生日だったそうです。 お名前の由来は、ご家族として迎え入れた季節にちなんで、「こはる」とお付けになったそうです。

群馬からやってきた子でした。 最近までは元気に過ごしていたそうですが、ここ数週間で体調を崩してしまい、そのまま息を引き取ったそうです。

こはるちゃんのお身体の周りには、ご家族様がご用意くださった可愛らしいブーケのお花と、好きだったジャーキーを一緒にお納めして、ご火葬させていただきました。 ご火葬後のご遺骨をご覧になった後、パウダー加工をさせていただき、木製の骨壷にお納めして、ご家族様へご返骨させていただきました。

ペット火葬についての疑問

火葬時間はどのくらいかかりますか

ペットちゃんの体重や状態によって火葬時間は前後します。目安として、火葬にかかる時間は、1kg以下の小動物で30分以下、猫や超小型犬なら1時間、小型~中型犬で1時間半~2時間ほどです。

その後、ご遺骨を拾骨できる温度にまで炉を冷却するため、10分~20分ほどお時間を頂きます。

火葬できるペットの種類

若林区にてペット火葬をご依頼をご検討中お客様へ。ふくふくやまでは小さな小動物から中・大型犬までご対応致します。

ハムスター・リス・セキセイインコ等の小さな小動物から、うさぎ・オウム・モルモット・フェレット・猫・小型犬・中型犬、爬虫類や両生類のペットちゃん等、多くのペットちゃんにご対応できます。小さなお体のペットちゃんでも、ご遺骨がしっかりと残るように十分に配慮して火葬を致しま すので安心してください。

若林区内のペット火葬訪問エリア

若林区への出張費は無料範囲となります。

また、掲載している火葬料金の他に費用は一切かかりません。

(お客様が別途オプションサービス等のご希望された場合を除きます。)

訪問ペット火葬はご希望の日時・時間帯にお伺い致します。

お客様のご希望日時にて、できる限りご対応させて頂きますが、先に別のご葬儀が入ってしまっているなど、ご希望の日時に添えない場合もございますので、ご容赦ください。

若林区でペット火葬されるお客様

若林区で個別立会火葬された方のご報告、良くあるご質問についてお応えします。

自宅ではないんですが、訪問してもらえますか

ご自宅以外の指定の場所にお伺いすることもできます。

また、マンション等にお住まいで近隣の方の目が気になる場合など、別の場所に移動して火葬することも可能です。

駐車スペースが見つからない場合でもご相談ください。

若林区在住です。火葬したペットのお骨はどのようにしたらいいですか?

ペットのご遺骨をどこへ、どのように納骨するかについては、様々な選択肢があります。

お庭に埋めてあげる方、寺院へ納骨、市区町村の運営する納骨堂、海や山への散骨、ご自宅で手元供養される方など、本当に様々です。

また、納骨の仕方や時期に決まりはないので、ご家族様で良く相談して心残りのないように決められることが重要かと思います。

若林区在住の方の場合、仙台市の運営する公営のペット墓地(葛岡墓地)に埋葬することもできます。

詳細は葛岡墓地にご連絡の上ご確認ください。

ペットの骨壷は家のどこに置いたらいいですか

ご自宅のどこに骨壷を置いたらいいか悩まれることもあるかと思います。

ほとんどの飼い主様はペットを火葬された後、一旦、自宅に骨壷を持ち帰られます。

結論から申し上げて、骨壷の置き場所でここはダメという場所はありません。

ご家族様の目の届く居間や和室に置かれる方、ご自身で骨壷の台をご用意されてお花を飾ってあげる方もいらっしゃいます。

ご信仰によっては、人の仏壇の中に一緒に入れるのはあまりよろしくないとされる場合もあります。

そのような際は、ペットちゃん用に仏壇や仏具をご購入されて供養してあげることもできます。

ペット仏具・仏壇、手元供養やペットの供養品をお探しなら

ペット仏具 ペット仏壇 ふくふくやま羊毛フェルト人形 てのりっこ

可愛いペットの仏具やお部屋になじむ仏壇を探している方、ふくふくやまでは、うちの子だけのオーダーメイドの仏具や、メモリアルグッズを多数取り扱っていま す。

また、ペットそっくりの羊毛フェルト人形をご位牌の代わりにお作りになる方もいらっしゃいます。

ペットちゃんのための仏具やお人形に手を合わせて、冥福を祈る。

ふくふくやまは、心落ち着くペットちゃんの供養品を心をこめてお作り致します。

可愛いペット仏具と羊毛フェルトのお店  『ふくふくやま』)

若林区からアトリエにお越し頂く場合

ふくふくやま 看板

若林区からアトリエまでどのくらいかかりますか

ふくふくやまのアトリエは太白区にあります(住所:仙台市太白区日本平52-6)。仙台南インターチェンジからは車で約3分。仙台駅からもバスが出ています。

若林区から車でお越しの際には、仙台南部道路を西に向かい、仙台南インターチェンジで降りて頂ければ早いかと思います。

ペット葬儀の打ち合わせ、ペット供養について聞きに行ってもいいですか

ふくふくやまのアトリエはお客様のご希望の日時に合わせてオープン致します。

ご来店頂く際には、お電話にて事前にご連絡ください。

詳しくはアトリエのご案内をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ペット葬儀・火葬のご依頼

電話にて、分かりやすく、丁寧にご説明いたしますので、安心してご連絡ください。

ふくふくやま ペット火葬・セレモニー受付

 電話の受話器のアイコン素材 その2022-778-9055

 

お電話がつながらない場合は、お手数ですが下記本店の電話番号にお問い合わせください。

※セレモニー中はスタッフが電話に出られない場合がございます。

ふくふくやま本店

電話の受話器のアイコン素材 その2050-5883-2371

ご用件をお伺いして折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。

ご葬儀はペットちゃんにしてあげられる最期のひとときです。感謝の気持ちを込めて優しいお見送りを…


メールフォームからのお申込み

コメント

  1. Y様 より:

    1月16日にお願いしました。愛猫ハリーが亡くなってから1ヵ月が経ち、ようやくハリーのいない生活に慣れてきました。電話してすぐに対応していただけたこと、当日夜にお骨を届けていただいたことなど、仕事を休むことが出来なかった私には、とても助かりました。最後のお見送り、すごく悲しかったけど、すごく心に沁みました。ハリーは迷わず虹の橋を渡ったと思います。ありがとうございました。

    1. fukufukuyama fukufukuyama より:

      あたたかいコメントありがとうございます。
      ご家族様からのお言葉、これからもペットちゃんのお見送りをさせていただく際の大変大きな励みになります。
      ハリーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
      ようやく春がやってきますね。どうぞお身体にはお気をつけて、笑顔で毎日をお過ごしくださいませ。

fukufukuyama にコメントする コメントをキャンセル

*