ペット火葬コラム

号泣必至!愛犬を亡くした飼い主のかけた感動の言葉とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛犬の死

夕刻、診療終了間際の動物病院から帰ってきて、

一息つく間もなく、小刻みに呼吸する愛犬のマロン。

 

今日がこの子とのお別れの日になるんだと悟ってしまった瞬間、

“マロンが頑張っているんだから泣いちゃだめ”と心に決めていたのに、

目からは大粒の涙が溢れて止まらなくなっていました。

 

最近は毎日のように動物病院に通っていました。

ずっと一緒に居たいと思うばかりに

マロンには無理をさせ過ぎていたのかもしれません。

 

「苦しい思いさせてごめんね。」

 

横たわるマロン。

時折目を開けてはこちらを見つめていました。

 

「大丈夫、ママはずっと、そばにいるよ。」

 

と声をかけると、耳を少しだけ動かして返事をしてくれました。

 

それが愛犬との最期の会話になりました。

我が家の小さな愛犬は、“くっー”と一つ大きな深呼吸をしてから、静かに息を引き取りました。

 

亡くなってから一夜を明し、静かに眠るマロンはこう語りかけてくるようでした。

 

「ママ・・今日は病院にいかなくてもいいの・・・?」

 

「もう今日は病院に行かなくてもいいんだよ。」

 

「大丈夫、これからはすっかり元気になってお空の上でいっぱい走りまわれるよ。」

 

「ありがとう、マロン。」

愛犬を亡くした飼い主の感動の日記

これは、愛犬を亡くした飼い主が書いた、マロンちゃんの日記の一節です。

長年連れ添った愛犬の心の声は、たとえ話せなかったとしても聞こえてくるものです。

いつか迎える愛犬との別れ。もし、あなたならどんな声をかけてあげますか。

マロンちゃんは、今頃空の上でしっぽを振りながら、

飼い主さんにありがとうと言っている気がしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

コメントを残す

*