ペット火葬コラム

ペット火葬の料金ってなんでこんなに違うの?その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペット火葬 料金 違い

ペットの葬儀や火葬を依頼することになった際、HPなどをみると、火葬の種類によって、料金が違うことがあります。

また、以下の3つの種類に大別されていることが多いかと思います。それぞれについてご説明致します。

合同火葬

火葬炉に複数のご遺体を入れて一緒に火葬することです。

一緒に炉にいれるため、火葬後のご遺骨は個体それぞれで分けることは出来ません。

そのため、お骨の返却はされず、火葬後は合同の墓地等へ納骨供養される場合がほとんどです。

一任個別火葬

火葬業者にお任せして、ご遺体は1体づつ火葬をすることです。ご遺体をお預かりして、火葬ができる都合の良い日時に火葬して、お骨上げも業者が行います。

お客様は火葬を業者にお任せするため、ご遺体をお預けする時と、火葬後のお骨を引き取るときのみ立ち会えます。

個別立会火葬

ご遺体を1体づつ火葬し、依頼者は火葬に立ち会うことができます。

お骨上げは飼い主様自身が行います。

ご遺骨も返却されます。

ペット火葬の種類による料金の違いは

料金に違いがある場合、個別立会火葬 > 一任個別火葬 > 合同火葬の順番に高いことが多いです。

料金が高い理由は、業者の手間や時間がかかる分だけ、料金に反映されていると言ってよいでしょう。

個別立会火葬では、お骨上げをお客様が行うため、ペット火葬業者の手間は一任個別火葬よりむしろ無いのではないかと思われる方もいらっしゃいます。

しかし、お骨は熱い状態では収骨することができないため、お客様に危険の無いように十分に冷ましたうえで、バットなどにお骨を拾いやすいように並べてご用意するための準備等を別途行う必要があります。

ふくふくやまはすべて個別立会火葬

ふくふくやまでは、すべての火葬が個別立会火葬です。上記に挙げたような火葬種類による料金の違いもつけていません。

特別な事情が無い限り、愛するペットのご遺骨は飼い主様ご自身でご収骨なさるのが、その子にとって一番の供養になるのではないかと考えています。

ペット火葬業の視点から見て、合同火葬すれば、火葬のコストや時間的にみても安くて早く済みますが、

飼い主様の立場で考えれば、ほとんどの方が最初から最後まで、しっかりとその子の葬儀・火葬を見届けてあげたいと思っていらっしゃいます。

一番丁寧で、そしてお客様に後悔のないお見送りをしてもらいたいという思いから“ふくふくやま”では基本的に、個別立会火葬としています。

お客様の中には、別れが辛すぎて、お骨上げに立ち会うことができないという方もいらっしゃいます。

そういった際は、代わりに私共がお骨上げをさせて頂く場合もございます。

また、ふくふくやまの料金は火葬・骨壷・覆袋全て含んだ安心の税込総額表示です。

後悔しないペットのお見送りをしてもらうために。ペット火葬を依頼する際には、以下の記事もぜひ読んでみてください。

ふくふくやまの火葬料金に関しては左記のリンクよりご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ペット葬儀・火葬のご依頼

電話にて、分かりやすく、丁寧にご説明いたしますので、安心してご連絡ください。

ふくふくやま ペット火葬・セレモニー受付

 電話の受話器のアイコン素材 その2022-778-9055

 

お電話がつながらない場合は、お手数ですが下記本店の電話番号にお問い合わせください。

※セレモニー中はスタッフが電話に出られない場合がございます。

ふくふくやま本店

電話の受話器のアイコン素材 その2050-5883-2371

ご用件をお伺いして折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。

ご葬儀はペットちゃんにしてあげられる最期のひとときです。感謝の気持ちを込めて優しいお見送りを…


メールフォームからのお申込み

コメントを残す

*