自宅安置はどのくらいなら大丈夫ですか?

太白区 長町 ペット火葬 仙台

ペット 亡くなったら 期間 できることなら、長くそばに居てあげたい。

でも、亡くなってから、腐敗が進行してしまうのも心配というお気持ちもあることと思います。

ご火葬までの間、自宅で安置される場合、どのくらいの期間を目安に火葬されるのがよいのか、長期間自宅で安置する場合にはどうしたら良いかについてご説明致します。

ペット火葬までの一般的な安置期間

ペット火葬をご依頼される方のほとんどは、亡くなられてから数日中にご火葬されています。

亡くなると、身体の腐敗は進行していきます。日数が経つほど、ニオイが出てきたり、虫が寄ってきてしまうので、

綺麗なお身体の状態でご火葬をしてあげるためにも、時間に都合がつくようであれば、早めにご火葬をされた方が良いかと思います。

特に身体が大きな子場合は、ご家庭で身体の保冷をすることが難しく、傷みの進行も早く進む傾向にあります。

ご家庭で安置される際は、保冷剤やクーラーを使ってできる限りお身体周囲の環境を冷やしてあげましょう。ペットが亡くなったら最初にする3つのことでは、詳しいご遺体の安置の仕方についてご説明しておりますのでご覧になってください。

夏場の期間

夏場のご火葬は、亡くなった当日か翌日までにご火葬されることをお薦めしております。

お身体の状態によりますが、身体の大きいワンちゃんは臭いも出てきやすいので特に注意が必要です。

また、虫も寄ってくる季節ですので、虫が入ってこない部屋、あるいは段ボール等のお身体が収まる容器をご用意して、封をして虫を防ぐ必要があります。

冬場の期間

一方、冬場室内外の気温が低いため、ご遺体の傷みの進行が遅いため、

夏場よりも多少の時間をかけてゆっくりお別れができる時期です。

身体の小さな小動物や猫ちゃんの場合、4,5日ご自宅で安置してお別れを済ませてからご火葬をご依頼くださるご家族様もいらっしゃいます。

ただ、冬場と言ってもご遺体は傷みが少しずつ進行し、ニオイが出たり、虫が寄ってきたりしますので、

ご遺体を長時間安置する場合には、十分に準備をしましょう。

長期間の安置が可能なペット用棺「天使のつばさ」

天使のつばさ3「仕事で時間の都合がつかない。」

「お別れをゆっくりする時間がほしい。」

など、ご自宅で長期間の安置を希望される場合、衛生的にご遺体を2-3週間安置できる

ペット用棺の「天使のつばさ」のご用意もございます。

ペットの火葬ができるポシェット 祭壇 ポシェット ポシェット 火葬

【セット内容】

・サテンのおくるみ(カバー)

・専用ポシェット

・サテン布団

【特長】

ペットちゃんのご遺体を最大3週間、衛生的に安置することができるペット専用棺「天使のつばさ」。

専用ポシェットは特殊なフィルム構造と、完全密着のチャックにより、ご遺体の腐敗を遅らせ、ニオイを完全に防ぎます。

ドライアイスは不要で、夏場でも長期間(2~3週間)、衛生的にご遺体を保管することができます。

サテンのおくるみ(カバー)をめくると、お花柄の枠から、お顔をのぞくことができます。

ペットちゃんのお身体をお納めするポシェットの中にはサテン生地のお布団がついていますので、

お身体を優しく寝かせることができます。ウィルス感染の心配もありません。

ふくふくやまの訪問ペット火葬では、天使のつばさごと、そのまま火葬することができます。

大きさはSサイズとMサイズがございます。

※写真の籐カゴはセットに含まれておりません。

【サイズと価格】

Sサイズ:ウサギ、猫、チワワ、ミニチュアダックスフント、シーズーなどの小型犬用/14,000円
Mサイズ:柴犬、ビーグル、コーギー等の中型犬用/18,800円

(送料・代引手数料・税込)

お申込み方法

お電話にてお申し付け頂いた場合、当日または翌日に代引きにて発送させて頂きます。

電話 022-778-9055 (24時間受付)