ペット供養

宮城県の鎮魂と祈り。東日本大震災で被災したペット達へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東日本大震災 ペット 宮城

東日本大震災から5年の歳月が経ちます。

宮城県においても、多くの方々が3.11の東日本大震災よって被害を受け、たくさんの負傷者、死者、行方不明者がでました。

また、多くの報道に埋もれ、あまり表にでてこないことですが、多くの動物もまた、この震災によって犠牲となりした。

仙台市においては、震災直後から多くのペットの失踪届が出されましたが、
 
ほとんどが行方不明のまま、未だに飼い主の元に戻っていないという事実があります。
 
沿岸部の動物は、津波によって犠牲になったと考えられます。
 
命は助かったものの、震災後の混乱の中で飼い主にめぐり合うことができず、
 
放浪して亡くなった動物や、繋留されたまま飢餓や寒さにより
 
多数のペット達が亡くなりました。
 
避難所にはペットを連れていくことができなかったため、ペットだけを置いていかなければならない状況
 
被災により家を失い、仮設住宅に住むこととなったけれど、ペットを飼うことができなかったため、やむなく手放すこととなった方。
 
多くのやむなき事情により、動物が飼い主と離れ離れになりました。
 
 
5年たった今、私たちにできることは、何か?
 
震災が起こった時に何を備えておくのか?
 
考えておくことはとても重要です。
 
 
犠牲となった動物たちへの哀悼の意を表し、
 
亡き動物達へ、鎮魂の祈りを捧げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

虹の橋からのおすそわけ

余ってしまったペットフードやペット用品を全国の動物保護施設に寄付する支援活動です。

ペットちゃんの遺品を寄付することで、他の動物達の命を助けることができます。

虹の橋からのおすそわけマークが目印です。

協賛頂いている動物保護施設には、このマークがHPに掲載されています。


支援活動の詳細

コメントを残す

*